2016年公開の『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』をみました!!

クリス・エヴァンススカーレット・ヨハンソンに加えてロバート・ダウニー・Jr.も出演していら今作はキャプテン・アメリカシリーズの第3作目ですね!!

 

採点3.8/5.0

 

流石のマーベル作品でテンポもアクションシーンもすごくよくできています!

ただ、登場人物が多いのでシリーズを順序よく見ないとよくわからんかなりそう笑

 

あらすじ

 

アベンジャーズのリーダーとなったロジャースだが彼らが世界中で巻き起こしてきた戦いの被害が問題視されアベンジャーズの活動は制限されてしまう。

スタークはこれに好意的だがロジャースは受け入れられず2人は対立してしまう…

そんな中新たなテロが起こり…

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1991年ウィンターソルジャーの強化実験が始まり、洗脳されて貨物車両を襲って青いパックに入った何かを奪う。

 

現代わロジャースとブラック・ウィドウ、ファルコン、ワンダのエージェント達が無線で連絡しており生物兵器の施設を襲うラムロウの捕獲作戦を展開。

敵兵士達を圧倒していくが、ラムロウに生物兵器を奪われ、迫撃砲で攻撃されるがウィドウが生物兵器を取り返してロジャースはラムロウを追い詰めて自爆するラムロウをワンダが他のビルに吹き飛ばすものの民間人に被害が出てしまう。

 

スタークは新たな開発品のプレゼンをしている。巨額の奨学金の話で大盛況を得るが、ある女性に息子が死んだのはアベンジャーズとして活動していたスタークのせいだと言われてショックを受ける。

 

冒頭のアベンジャーズの民間人を巻き込んだ戦いが問題視されてしまう。するとヴィジョンが来てロジャースとワンダにスタークが来たことを知らせる。

ミーティングで国境を当然のように越えて好き勝手暴れまわることを指摘される。そこで117カ国が委員会が認めた時に限り出動できるようにされる。

 

政府の役人の息子のジモが元ヒドラカーネル大佐を襲い、1991年の任務について尋問して資料を奪う。

 

アベンジャーズはミーティングをするが、スタークはこれまでも民間人に被害を出してきたことを語り、ロジャースは納得いかない。

その時カーターの死の連絡が入り、ロンドンで葬式に出るロジャース。かつてロジャースを見張っていた姪のシャロンアベンジャーズの活動を後押しするようなスピーチをする。

 

117ヶ国が集まり、先述の協定について協議が文明国ワカンダで始まる。ウィドウは出席するが、その会議がテロリストに狙われる。ワカンダ国王を亡くして悲嘆にくれる陛下のチャカは犯人に復讐を誓う

 

ロジャースもサムにテロの話を聞き、バッキーが容疑者であることを知る。バッキーを捕らえようと動くロジャースを止めようとするウィドウ。サムとシャロンもロジャースに協力する。

 

バッキーはロジャースに会いに来る。バッキーはテロの現場にいなかったことを語るが、バッキーの捕獲作戦が始まり、ロジャースはバッキーを助ける。

しかし、ブラック・パンサーが追ってきてバッキーと戦闘になりロジャースも2人を追う。

ジェームズが現れてサムを含めた4人を捕らえる。ブラック・パンサーはチャカだった。

 

ヴィジョンはワンダを外に出さないようにスタークから指示を受けている。

バッキーは捕らえられてロジャース達はスタークに協定違反を咎められる。ロジャースはスタークに反発して2人は少し口論となる。

 

その頃ジモがバッキーを尋問しており、ヒドラの一員として洗脳する言葉を出してバッキーを洗脳する。

サムとロジャースはバッキーに倒されてしまい、スターク、シャロン、ウィドウ、陛下を振り切って逃走しようとする。

しかしロジャースが素手でヘリを止めてバッキーに首を絞められながらも共に外の海に落ちて、バッキーを救出する。

 

洗脳が解けたバッキーと話すサムとロジャース。バッキーは出来事を覚えていない。

そしてバッキーはウィンターソルジャーは自分だけではないことを告げる。

彼らは暗殺者でバッキーよりも強く、各国にすでに潜入していた。

 

スタークとウィドウは36時間でバッキー達を捕らえることになる。

スタークは少年の家にいきなり行って奨学金の承認を伝えている。

少年はスパイダーマンのパーカーだった。

 

その頃家族のために引退したクリントがヴィジョンとワンダの元に現れてアベンジャーズの手助けに来る。ヴィジョンはワンダを連れ出そうとするクリントを止めようとするがワンダは抵抗してヴィジョンを地下深くに落としてクリントと共に脱出する。

 

その頃シャロンは犯罪者となったロジャース、ば、サムに協力してロジャースとキスを交わして去る。

クリント、ワンダと合流してアントマンのラングもチームに加わる。

活動しようとする彼らを止めに入るスタークとジェームズ、ウィドウ。パーカーも乱入する。ロジャースとスタークは決裂してスタークはバッキーを引き渡すように求めるが、戦闘になり、アントマンとウィドウ、スパイダーマンとバッキー、サム、ロジャースとチャカ、ジェームズ、スタークとクリント、ワンダがそれぞれ先頭になる。

 

ワンダはスタークを車の下敷きにして、スパイダーマンはサムの小型飛行機で吹き飛ばされる。

ロジャース達は合流して逃げるが、ヴィジョンが妨害、スターク達も立ちはだかり、真っ向勝負となる。

バッキーは戦いの中でチャカに国王を殺していないことを告げる。アントマンはスタークのスーツの中で機械を壊して戦闘能力を奪う。

アントマンは巨大化してウィドウも寝返ってチャカを止め、ロジャースとバッキーはその間にシベリアにジェット機で飛ぶ。

2人を追うスタークとジェームズだがファルコンが妨害してジェームズはヴィジョンの誤射を受けて墜落し、下半身不随の重傷を負う。

 

バッキーは自分のために捕らえられた仲間たちに心を痛める。ウィドウはスタークに自分達が間違っていることを告げる。

 

スタークはジモがこれまでのテロをバッキーに濡れ衣を着せて行っていたことを看破する。

ジモはウィンターソルジャー達を発見し、スタークも長官に報告するが空港の失態を咎められる。

スタークは凶悪な犯罪者達の刑務所に入れられているクリント達に会いに来る。サムに自分が間違っていたことを告げてロジャースの居場所を教えてもらう。

スタークはシベリアに向かい、チャカも飛行機で向かう。

 

ロジャースとバッキーはスタークと合流し、スタークはロジャースが正しかったことを認める。

3人はウィンターソルジャーが眠る部屋にたどり着くが、彼らは殺されていた。

ジモは祖国ソコヴィアの復讐でロジャースを恨んでいたのだった。チャカは後方で真実に気づいてバッキーの命を狙っていたことを恥じる。

 

ジモの見せた映像でバッキーはスタークの両親を洗脳下で殺していた。スタークを止めるロジャースだが、スタークは2人に攻撃を始める。

バッキーを殺そうとするスタークを止めるロジャース。バッキーがジモを追い、ロジャースがスタークと交戦する。

バッキーはスタークに左腕を奪われる。

 

チャカは外にいたジモに話しかける。ジモは過去のアベンジャーズの戦闘で家族を失っていた。ジモは自分では彼らを殺せないが殺し合わせることはできると考えたのだった。

チャカは父を殺したジモに生きて罪を償うように告げる。

ロジャースとスタークは交戦するがスタークに押される。しかし、バッキーの協力でスーツのパワーを失わせる。

 

スタークはロジャースに盾は父が作ったものだから置いていけと告げて、ロジャースは盾を置いてその場を去る。

 

ジモは捕らえられ勝ち誇ったような笑みを浮かべている。

後日スタークは基地を訪れてリハビリしているジェームズを見守っている。

スタークの元にロジャースから手紙が届き、アベンジャーズが家族であること、捕らえられたサム達を救い出したことを告げて最後に必要な時は連絡をくれれば駆けつけることを告げる。

 

その後、チャカの手引きで犯罪者となったロジャースとバッキーはワカンダへ亡命し、バッキーは洗脳を解く手段が見つかるまで装置で眠りにつく。

 

エンディング後、スパイダーマンが家で叔母に喧嘩で顔が腫れていることを告げており、スタークにもらった装置を眺めて笑みを浮かべている。

 

所感

 

ウィドウさんはどうなったのだろうか…?

 

ウィドウさんだけワンドとかと違って捕らえられてるシーンなかったけども…

 

アベンジャーズ同士討ちということであまり見ていて明るいパートはないんですけど、とにかくヒーローが多く登場してきて見応えがありますね!

 

このシリーズはマジで順番よく見ないとこいつ誰?っていうキャラが多いかな笑クリントの復帰とかは良かったけども笑笑

 

バッキーがこれからアベンジャーズの一員になりそうな雰囲気で終わったんですけど、この後ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのヒーロー達も仲間になるし所帯が大きくなる一方ですな…どこかで歯止めかけんとわけわからんくなりそう…

おすすめの記事