1997年の映画知らなすぎた男』を見ました!!

ビル・マーレイ主演のシュールなコメディ映画となっております!

 

採点3.3/5.0

 

テンポはとても良いですが、真剣に見るような映画ではありません笑。

 

あらすじ

 

アイオワ州のビデオ店に勤めるリッチーは弟のジェームズに自身の誕生日祝いでイギリスに招かれる。

しかし街角の公衆電話で殺しの依頼を受けた彼はイギリスとロシアの国家の陰謀に巻き込まれていく…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通関で一方的に話してドン引きされているリッチー。

イギリスでは映画の撮影のような寸劇への参加が流行っている。

 

弟のジミーの家にたどり着くが義理の妹とメイドを間違えるリッチー。

しかし、大事な客が来るため誕生日の日だけ追い出されることになる。

寸劇に参加することになるリッチーだが、入れ違いで殺しの依頼を受けてしまう。

芝居だと思い込んで通り魔もなんどもやり直すリッチーから財布を奪ってダッシュで逃げる。

 

目的の家にたどり着くと、殺しの標的のセクシーな美女ローレライから国防省の大金の存在を聞く。防相のギルバートを演技だと思って脅すリッチー。

ローレライはその後殺し屋に殺されかけるが、リッチーが助けに来て撃退するもののこのことがきっかけで本格的に命を狙われることになる。

 

殺し屋のボリスが命を狙うことになる。

リッチーはローレライと共にジミーの家に戻り身を隠すことになるが、大事な商談が台無しになりかけた追い出される。

 

秘密の手紙を取りに行く2人。そこで、殺し屋のロシアの諜報員、スペンサーの死体を発見する。

気づかないリッチーにドン引きするローレライ

無線で上司にローレライを始末したと告げるリッチー。ロシアの諜報局は大使殺害の計画を知っていると思い込んでリッチーを殺すようにさし向ける。

 

手紙を入手し、配管工の振りをした殺し屋達からしれっと逃れて、ローレライと共に逃亡する。

後ろから追ってきた殺し屋たちにつけられるが、ローレライとリッチーは打ち解け始める。

 

ロシアとイギリスは裏切り者同士で冷戦を復活させようと工作しており、リッチーの存在が邪魔になった。

 

警察にカーチェイスの末事情聴取されるリッチーだが、無線機で諜報員であることを証明して難を逃れる。

手紙と交換で3億出すとロシア側から取引を持ちかけられる。

 

なんだかんだで成功してきたリッチーを信頼したローレライはリッチーといい雰囲気になり、軽くキスをする。

 

取引場所のホテルでボリスたち殺し屋に拘束されてしまうリッチー。

ジミーに警察から連絡が来てリッチーが殺人の容疑がかかっていることを告げる。しかしジミーは演技だと思い込んで電話を切ってしまう。

しかしその後速報でリッチーの容疑を知ることになる。

 

ローレライも捕まり、自白剤を打たれるリッチーだが本当のことを言うと口が固いやつとされる。

リッチーはひょんなことから拘束を解いてローレライも救出する。

ローレライはリッチーに惚れておりキスをする。

しかし、リッチーを本物のスパイで陰謀を止めてくれると信じていたローレライはリッチーに背を向ける。

 

ジミーの家には特殊部隊が乗り込んでくる。

ビルの外壁で捕まりそうになるが、ジミーが助けに来る。

ジミーは捕まってしまうがリッチーは脱出に成功する。

 

リッチーは舞台の控え室に紛れ込んでボリスを巻くことに成功する。ジミーは関係ないのに拷問を受けている。

ロシアのコサックダンスにめちゃくちゃ適当に出るリッチー。

リッチーはひょんなことから舞台を爆破する爆弾を奪い、ボリスにリッチーを始末するよう連絡が入るがローレライもそれを聞いている。

 

諜報員のトップ達に公演中にジミーを連れてくるように要求するリッチー。

リッチーは持っていた時限爆弾をたまたまボリスのボーガンに突き刺して爆発を止める。

3億も手にしてジミーもふらふらになりながら不機嫌そうに来る。

 

ボリスに狙われるリッチーだが、ボリスはリッチーに感服しており、見逃される。

ローレライの金が半分奪われたと気づいたリッチーだがローレライはリッチーとキスをする。

その頃金を奪った裏切り者2人はヘリで爆弾人形を起動させてしまい爆発する。

 

後日2人はバカンスしており、そこでも命を狙われているがそれはテストで殺し屋に勧誘される。

役者のオファーだと勘違いしたまま受け入れるリッチー。

 

所感

 

割とくだらん…

 

マーレイさんの顔芸が本当に白々しくて面白いんですけど、展開としてはめちゃくちゃくだらない内容です笑

 

コメディなのでストーリーは重要視してないんですけど、テンポはかなり良い分最後ぐらいボリスと真正面からやりあって欲しかったな。

 

ちなみにローレライはそもそも諜報員なのかただの愛人なのかよくわからんかったですな。全体的にトントン拍子で話が進むんですけど、警察に追われてたのは解決したのかな?笑笑。

おすすめの記事