2001年の映画アイ・アム・サム』を見ました!!

I am Sam アイ・アム・サム [DVD]

I am Sam アイ・アム・サム [DVD]

 

7歳の知能しか持たないシングルファーザーと幼い娘を描いた感動作でめちゃくちゃサムを応援したくなるような映画です!

 

採点4.5/5.0

 

もう素晴らしい映画です。引き込まれること請け合いですし、自分に劣等感を抱く人にこそ見て欲しい映画ですね。

 

あらすじ

 

7歳の知能しか持たないシングルファーザーのサムはスターバックスで働いている。

彼には7歳の娘ルーシーがいるが、サムの知能に追いついたルーシーをソーシャルワーカーがルーシーを施設に入れてしまう。

サムはルーシーを取り戻すため敏腕弁護士だが夫との関係に悩むリタと協力することになる…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スターバックスで働くサムはいわゆる知恵遅れの男性。7歳の知能しか持たないながらもその純粋さからみんなに愛されている。

スタバの服を着たまま病院へ向かうサムは自分との間の子を産むホームレスのレベッカの出産に立ち会いに行く。女の子が生まれてルーシーと名付けるも退院したレベッカダッシュで逃げて育児放棄してサムを残して逃げてしまう。

 

サムは1人で愛情を注いでルーシーを育てることになり、うまくいかないことが多いながらも向かいの外出恐怖症の女性アニーの手を借りる。育児のイロハを教わるサムは友人達の協力も得る。

 

徐々に成長していったルーシーはアニーにも懐いており、7歳となる。ルーシーはサムがほかの父とはちがうことを受け入れ一緒に遊んでくれるサムに懐いている。

 

ルーシーのために靴を買おうとするがお金がないサムのために友達がお金を出してくれる。

毎日のように遊ぶルーシーとサムは幸せな時間を過ごしている。

 

ルーシーは学校の初日を迎える。ルーシーの発表の途中で助け舟を出したりするサム。

父に怒られて落ち込むルーシーの同級生のコナーにハムエッグを振る舞うが、サムが知恵遅れであることを指摘されてルーシーは少し気にしている。

 

ルーシーの宿題にも対応できなくなり始めるサム。ルーシーは気を使って違う本を読んでもらったりする。

 

ある夜サムは売春婦にそそのかされかけて警察に逮捕されてしまう。警察官から同情されて釈放されるサム。学校の面談ではルーシーがやがてサムの知能を追い越すことを危惧していると告げられる。

 

ルーシーの宿題の単語も読めなくなるサム。お店の注文でも好みのものがなくわがままなクレームを入れてしまう。

 

ルーシーの誕生日の準備をしていると、福祉局の女性が来る。コナーに触れるとコナーの父親に突き飛ばされてしまい、コナーにルーシーがサムのことを本当の父親じゃないと言っていたと言われてしまう。逃げ出してしまうルーシー。

 

一部始終を見られていたサムはルーシーを福祉局に奪われて父親として的確か判断するため審理されることになる。1ヶ月後に審理されることになり、ルーシーとは週に2度2時間しか会えないことにされてしまう。

 

弁護士を探すサムは友人に優秀な女弁護士リタを雇おうとするが受付のミスでサムも会うことになっていた。めちゃくちゃイライラしながら話すリタ。弁護料が払えないサムを追い払おうとするリタだが理解できないサムは食い下がり、リタは息子のウィリーと電話で話すが多忙さからうまくいかない。部屋を荒らすリタはサムに親権に強い弁護士を紹介するとして連絡先を置いていくように告げる。

 

昇進するよう交渉するサムだがうまくいかず、リタの成功パーティに現れる。リタは昇進のため上司にサムを無料奉仕の顧客だと語る。

 

ルーシーとの面会に1時間以上遅れてくるサムだが、ルーシーはそれでも待っていた。

ルーシーは父親はサムだけだと福祉局の人間に叫ぶ。

 

翌日サムはリタに会いにくる。無料奉仕と言った手前、人目を気にしてリタは無料でイヤイヤ引き受けることになる。しかし裁判所命令のサムの精神分析はその日で他の客を逃したリタとともに急ぐことになる。

めちゃくちゃイライラしながら車を飛ばすリタを白い目で見るサム。

 

サムはリタと共に裁判の対策をする。電話で夫のトッドと喧嘩しているリタは余裕がない。サムが良い父親であると証言する友人達を集めるが、全員ノーマルではなくリタは四苦八苦する。

 

焦るリタはまともな証人を連れてくるように求めてサムはアニーに頼むことになる。しかしアニーは断り結局友人たちに頼むことになる。

 

裁判当日リタは精神分析医の子供の過去を攻めて親としてミスする瞬間を感じないのか問い詰めて見事に勝利するが、泣いてしまった分析医を見たサムは心を痛める。

 

リタはその後も裁判の相手の過去をほじくって検事と言い争いになる。

ある日面会に行ったサムはルーシーと勝手に外に出ることになる。施設に戻ったサムに会いにくるリタはサムを攻めて裁判が不利になると伝える。

リタは見逃してもらえるように頼むが、ルーシーは自分を責める。

 

ルーシーは映像で裁判に出る。ルーシーは誕生日の日養子であると語ったことを否定して、サムが昨日誘拐したことを否定し、サムが満足いく父か聞く検事に愛が全てであると告げる。

 

証人として来てくれたアニーはルーシーとサムが引き裂かれると、ルーシーの心に大きな傷が生じることが心配だと語る。しかし、検事はアニーの父親を聞くと、アニーは泣き出してしまう。

 

リタの豪邸で打ち合わせをするサム。リタは豊かながらも息子のウィリーは心を閉ざしている。電話で夫と喧嘩するリタ。

何回も同じ受け答えをサムに教えるが、一向に覚えないサム。サムはウィリーとの関係をリタに指摘して悩むリタ。

 

徐々に心を通わせるリタとサム。サムに夫のスーツを貸して着せてあげるリタ。

翌日サムはスタバのコーヒー係に昇進するが、しかし彼の処理能力では対応できずに失敗を繰り返してしまう。

 

遅れて裁判に来るサム。打ち合わせ通りにリタの質問に的確に耐えるサム。しかし検事からの矢継ぎ早の質問に友人たちが割って入り、映画のクレーマークレーマーの台詞であることを見抜かれてしまう。

検事からの攻撃的な質問に心が折れてしまい、パニックになってしまう。

 

裁判に敗れ、ルーシーと引き離されることになるがルーシーとサムは抱き合って離れようとしない。リタはサムを慰める。

リタは寝ているウィリーにキスをするなど心境の変化が見られる。

 

サムは花を持ってルーシーの里親の元に行くが、去って行ってしまう。ルーシーは里親に心を開かずサムを思っている。

審査を諦めたサムにリタはサムの家にクレームを入れに来る。リタが家に入ると、サムが作った無数の折り紙の鶴の奥にサムは閉じこもっていた。

リタはサムに共に闘おうと話し、サムとスタバに代わる新たな仕事を探そうと持ちかけるがサムはルーシーはもはや自分を必要としていないと語る。

 

サムはリタのように完璧ではない自分にはできないと語り、リタは自身も夫が浮気していること、息子に嫌われていることを涙ながらに語り息子にすぐ怒ってしまうことを心から後悔して悩んで悪い母だと自信を責めていた。リタもサムと同じように劣等感に苛まれ、完璧なれない人間の1人だった。サムとリタは抱き合いサムは泣くリタを優しく慰める。

 

里親の元に行くサムだが頻繁に行くため里親に嫌われてしまっている。サムは犬の世話をするバイトを始めており、ルーシーと会うがこないだ来なかったため怒られてしまう。

 

ちょっと気まずいリタとサムは真剣を取り戻すため、闘い始めるが福祉局は里親が養子縁組を結ぼうとしていることを告げる。

リタはサムに共同親権を取るように進めるが、サムは拒否してリタに夫と別れるように勧め、自分はルーシーを取り戻すと語る。

 

サムはルーシーの里親の近くに引っ越し、里親に疎まれるがルーシーには喜ばれる。

抱き合う2人に嫉妬している里親。ルーシーは夜部屋を抜け出してサムに会いに来る。眠ったルーシーを返しに行くサム。

 

ピザ屋さんで働くサム。犬の世話もしてルーシーは毎晩会いに来る。

ある夜ルーシーは里親に好物の夜食を用意して、サムに会うときは自分に言うように伝える。夜食をとってすぐ上に上がるルーシーに戸惑う里親。

 

裁判の前日、リタはウィリーとサムの部屋に来る。リタは夫と離婚したことを告げてサムにスーツを渡す。

リタはサムに救われていると告げて笑顔を見せる。

 

ある夜里親は寝たルーシーを連れてサムの部屋を訪れる。彼女はルーシーの親に自分はふさわしくないこと、サムしかいないことを告げて明日の裁判でそのことを証言すると告げる。

サムは彼女もルーシーに愛されていることを告げる。

 

後日ルーシーは笛を吹くサムを審判にしてサッカーをしている。

その様子を里親、友人達、リタとウィリーも見守っており、ゴールを決めたルーシーを抱き抱えてグラウンドを笑顔で走り回るサム。

 

所感

 

何回か泣きました…

 

この映画自体見るのはもう3回目なんですけど、何回見ても泣けますね。ショーン・ペンの演技は凄まじく、本当に簡単な単語を絶妙な表情、間の取り方で話す離れ業をしております。

 

個人的なハイライトはリタがサムの部屋で自分が悪い母親だと攻めて泣き出してしまうシーン。自分はこのシーンを見るといつも涙が溢れてしまいます。

どんなに完璧に見える人でも決してそんなことないし、自分の弱さを完全に認められる人ってなかなかいないですよね…自分も欠点だらけだし、時々嫌になるけどさらけ出すことはできない…そんな自分を受け入れてくれる人がいたらすごく素敵なことだと思います。

 

サムとルーシーの関係ですが、この2人には知能や言葉などは全く関係なく、サムの与える無償の愛こそがルーシーの必要とするもので、お金や母親よりもサムという存在を求めていました。そしてそれがリタにも波及していって最後のサッカーのシーンに繋がるんだなと思いましたね。

おすすめの記事