2001年の映画キューティ・ブロンド』を見ました!!

リース・ウィザースプーン主演のコメディ映画で当時大きな反響を呼んだ作品ですね!!

 

採点4.2/5.0

 

間違いなくリース・ウィザースプーンの代表作で今後も愛され続ける作品ですね!!

 

あらすじ

陽気なブロンドのエルは大学でファッション専攻を志す人気者。

彼女は政治家志望の彼氏ワーナーのプロポーズを心待ちにしていたが、ブロンドの髪を理由に振られてしまう。

ワーナーを諦めきれないエルはワーナーの進学するハーバード大に猛勉強の末合格してもう一度認めてもらおうとするが…

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃめちゃブロンドヘアーで派手な出で立ちの女子高生エル。ピンク色とパーティが大好きな彼女は人気者でエクササイズにも余念がない。愛犬とともに行動するエルは友達に彼氏ワーナーとの恋愛を応援されている。

 

ワーナーからのプロポーズを待つ彼女はその夜のデートのために衣装選びをする。ファッションにすごくうるさい彼女はワーナーとのレストランデートに向かう。

 

友達達が見守る中会話する2人だが、ハーバードに行くワーナーに議員の妻にブロンドが似合わないことを理由に振られてしまう。

めっちゃ泣き出してしまうエルは怒り出して出て行ってしまう。

 

傷心のエルはワーナーに車に乗るよう言われるて靴が痛むため送ってもらう。

家の前まで来て無言で去るワーナー。

その後1週間エルは部屋に閉じこもってスイーツを食べている。暴飲暴食を続ける彼女はワーナーを振り向かせるためハーバードの法科を目指すことになる。

 

しかし親や教師に反対される。それでも猛勉強するエルは友人にもハーバードに行く宣言をする。

エルはその後派手なビデオ撮影でアピールをしまくる。模試の結果も良く教師の推薦をもらうためアピールする。見事に合格したエルは派手なスポーツカーでハーバードへ向かう。

 

派手な彼女はめちゃくちゃ注目を集める。

挙動不審なキドニーや、女性権利に真面目なイニッドと知り合うが話がずれてる彼女は浮いてしまう。

 

校内でワーナーを発見したエルはしらじらしくたまたま入学したと話すが、ワーナーは開いた口が塞がらない。

講義で全くパソコンを開けないエル。嫌味な女教授に当てられたエルは宿題をしておらず、答えられずに嫌味で地味なヴィヴィアンが退室すべきだと言って退室させられてしまう。

 

イライラするエルは外のベンチで落ち着いた男性のアドバイスを聞くが、そこにワーナーが来る。そこに来るヴィヴィアン。彼女は新しい彼女でフィアンセだった。

ショックなエルは美容院に直行してそこで働く女性ポーレットと話が合う。

そこに来る配達員の男性。ポーレットは彼に気があるようで取り乱す。

 

エルはワーナーを取り戻すため授業を頑張ってヴィヴィアンと張り合う。ワーナーとヴィヴィアンの勉強グループに入ろうとするがヴィヴィアンに拒否されてしまう。

 

周りから浮いてしまうエルは友人に電話するものの婚約の話などを聞いて気分が沈む。

エルは嫌がるヴィヴィアン達をよそに仮装パーティに行くことになる。そこでバービーの格好をして行くが仮装は嘘でめちゃくちゃ浮いてしまう。

 

エルはワーナーにキャラハン教授の4人の選抜メンバーになることを宣言する。頑張る彼女にキドニーが優しくなり始める。

授業も波に乗ってきてポーレットの愛犬を取り戻す手伝いもする。

キャラハンに選抜実習の許可を得て殺人事件の裁判にエルもヴィヴィアン、ワーナーとミスして共に参加することになる。

 

裁判の被告はエルのお気に入りのセレブのテイラーが夫の殺人容疑をかけられている時間だった。

エルはテイラーのダイエットプログラムの両者だった。

打ち合わせに大学で親切にしてくれたエメットが入ってくる。彼は事務所の精鋭だった。

 

エルはテイラーの無実を信じるが、テイラーは状況的にかなり不利だった。アリバイはあるがとある事情で言えないと言うテイラー。

エルは大ファンだと告げてテイラーに信用してもらえる。

 

エルはポーレットに男を落とす必殺技を教える。

エメットはエルの話を真剣に聞くが、キャラハン達は信じない。

エルはテイラーと話して彼女のアリバイが脂肪吸引していたというもののため言えないことを知る。

めっちゃ取り乱すエルとテイラー。テイラーは評判まで失うなら刑務所に行くと言い、エルはその秘密は守ると誓う。

 

エメットはエルと車で被害者の前夫人と会う。彼女は娘がテイラーのことをムカつくと言っていたこと、プールの監視員が目撃者であると語る。

 

帰り道図々しく女性をデートに誘うキドニーに助け舟を出すエル。キドニーはデートに行けるようになる。

その夜ヴィヴィアンが部屋に来る。ヴィヴィアンはキャラハンに逆らってまでアリバイを守るエルを尊敬しており、見直していた。

そしてヴィヴィアンはワーナーの悪口を言ってワーナーが受験が補欠だったが父のおかげで入学したことを語ってエルと仲良くなる。

 

初裁判の日プールの監視員のサルバトーレがテイラーと不倫していたことを証言する。

その日ポーレットは配達員の気になる男性の鼻をミスして頭突きで折ってしまう。

 

エルはサルバトーレが女性ブランドに詳しいことからゲイであると見抜く。

エメットが尋問でサルバトーレのテイラーとの不倫が嘘であると証明する。

 

エルはキャラハンに呼ばれてエルの予想が当たったことを褒める。キャラハンは自分の事務所の見習いに正式になって欲しいと告げるが、膝に手を触れた時ヴィヴィアンが見てしまい、エルが色仕掛けをしていると勘違いする。エルはキャラハンを拒否してキャハランは弁護士は諦めろと告げる。

 

ヴィヴィアンはエルに嫌味を言うが、エルは何のことかわからない。

エルはエメットに降りると告げて、ロスに帰ると告げて出て行ってしまう。

美容院に帰ると告げるが、嫌味な女性教授にゲス男に負けて帰るのか?と告げられて気を取り直す。

 

エルが降りたことをテイラーに告げるエメット。ヴィヴィアンは自分の勘違いを悟る。

裁判の日テイラーはキャラハンにクビを告げてエルが弁護士としてピンクのスーツで復帰する。

 

エメットも協力してエルは被害者の娘がパーマをかけたのにその日にシャワーを浴びたという証言を不審に思い、パーマをかけたら24時間は濡らさないはずだと指摘する。

娘はテイラーを撃とうとして父を撃ってしまったことを口が滑って話してしまい、テイラーの無罪が証明される。

 

その優秀さを見たワーナーはエルに自分にふさわしい女性だと告げてよりを戻そうとするが、エルはあっさり振る。

 

ハーバードの卒業式で総代表として名門弁護士事務所に就職が決まったエルがスピーチする。

ヴィヴィアンはワーナーを振ってエルの親友となり、ワーナーは就職先も決まっていない。ポーレットは配達員と結婚しており妊娠している。

エメットは自分の事務所を設立してエルと付き合っていて、今夜がプロポーズの日だった。

 

所感

 

めっちゃめちゃおもろいですやん…

 

エルのキュートさは圧巻の一言で間違いなくウィザースプーンのはまり役。ちなみにウィザースプーンは当時既に25歳で結婚しており一児の母。マジでそうは見えなかったしこの人のキューティさは40歳を迎えた今でも健在です。

 

エルはとにかく天然で破天荒なんですけど、同時にすごくまっすぐで純粋に頑張る。その点から徐々にヴィヴィアン達からも認められて最後には総代にまで選ばれています。

 

人を見た目で判断することのバカらしさがうまく伝えられている名作コメディですね!子供にも見せやすい内容なので是非見てください!!

おすすめの記事