1988年のイタリア映画ニュー・シネマ・パラダイス』を見ました!!

ニュー・シネマ・パラダイス (字幕版)

ニュー・シネマ・パラダイス (字幕版)

 

この映画は映画好きであれば、誰もが好きになるであろう名作で、僕も昔見たんですがすごく感動させていただきました!!

 

採点3.9/5.0

 

めちゃくちゃ泣けます。特に後半部分はハンカチ用意しましょう笑。

 

あらすじ

 

映画監督のサルヴァトーレはかつて少年時代に仲のよかった映写技師であるアルフレッドの訃報を受けて故郷のシチリアに帰郷する。

そこで彼は青春時代に魅力された映画や当時の恋を思い出していく…

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭サルバトーレに母から電話がかかっているがいないようだ。彼は30年帰っていないらしく帰宅後サルバトーレは恋人からアルフレッドが亡くなったことを聞かされる。

 

子供時代サルバトーレは教会の儀式の最中に寝ている。

ルフレッドは映画の射影技師をしており、サルバトーレは楽しそうに映画を見ている。サルバトーレは射影技師に興味を示すがアルフレッドは彼を受け入れない。

 

映画を愛するサルバトーレはフィルムを見て映画のセリフを覚えている。

映画を見に行くと嬉しそうな表情をして教会で見ている。

お使いをサボって映画を見に行ったことがバレると母に叱られ、そこにアルフレッドが助けに来る。映画に使った金を落としものだと嘘をついてサルバトーレを助けたのだった。

 

ある日サルバトーレは足を痛めたフリをしてアルフレッドの自転車に乗せてもらう。

そしてサルバトーレの父が戦争で亡くなったことを察したアルフレッドに母はサルバトーレを映画館に入れないように言う。

 

映写室にこっそり入ってきたサルバトーレはアルフレッドに話しかけ、アルフレッドは映写のやり方を教えたくないと語る。

映写技師の辛さを語って楽しみもあると語るアルフレッド。

 

ルフレッドはある日小学校卒業試験のテストを受ける。

カンニングしているアルフレッドを嘲るサルバトーレ。

そしてサルバトーレにカンペをもらってサルバトーレは後日から映写を習う。

 

ある日戦死者の写真から父が戦死したことが正式に判明し、悲しみにくれる母。

しかしサルバトーレは映画に夢中なようだ。

 

ある夜2人は町の建物に射影して村のみんなから大きく感謝される。

しかしその時フィルムが燃え始めて火事になってしまう。アルフレッドは火を消そうとするが燃え盛ってしまい、サルバトーレは助けに行く。

 

ルフレッドは射影室で倒れており、サルバトーレはアルフレッドを引っ張ってなんとか建物を脱出する。

教会は燃え尽きてしまい新たな映画館が建設され、ニューシネマ・パラダイスと命名される。

 

サルバトーレは不在のアルフレッドの代わりに映写技師として活動する。

そこに復帰したアルフレッドが訪れる。彼は失明してサルバトーレと話す。

そしてサルバトーレに映写技師とは違う別の仕事になるように告げる。

 

サルバトーレは成長して青年になっている。そしてある日村の美しい少女エレナに恋をする。

ルフレッドも興味を示して、ある日教会でサルバトーレはエレナと話す。

愛を告白するサルバトーレだが振られてしまう。それでも仕事が終わると毎晩愛に行くと告げる。

 

仕事が終わると毎日エレナの家の前で立つサルバトーレ。

そしてある日エレナは映写室に来てサルバトーレとハグしてキスをする。

ある日デートしているとエレナの父と遭遇する。エレナの父は金持ちだった。

 

2人は会えなくなり、エレナは遠くの大学に進学することになるが2人は愛を誓う。

2人はエレナの帰宅時に度々再開して会うことになる。

 

やがて徴兵されたサルバトーレ。エレナへの手紙も届かなくなり、村に帰ると風景は一変している。

寝たきりになったアルフレッドを海に連れ出すサルバトーレ。エレナが行方不明だと語るとアルフレッドに村を出るように言われる。

 

ルフレッドはここを出て長年変えるなと告げ、人生は映画とは違いもっと困難なものだと告げる。

 

サルバトーレは旅立ちの時を迎えてアルフレッドは自分たちを忘れて手紙も出さないように告げて見送る。

 

そして大人になったサルバトーレは村に帰ってくる。母はサルバトーレのために30年間部屋を空けて待っていた。

 

ルフレッドの葬式。彼はサルバトーレの話ばかりしていた。そしてサルバトーレは映画館が閉館になったことを知る。

サルバトーレは映画館の中に入って映写室で昔撮ったエレナの映像を見ている。

 

そして翌日サルバトーレの立会いのもとニューシネマパラダイスは壊される。

そしてローマに戻ったサルバトーレはアルフレッドから形見として渡された1人昔の映画館で上映禁止の部分となったキスシーンやポルノシーンを見て思い出にふけ涙する。

 

所感

 

本当にいい話…

 

初めて見たときは確か中学の時で、ディレクターズカット版だったのでエレナとの再会もありました。大人となったエレナはサルバトーレの幼馴染と結婚して彼女とそっくりの娘を産んでいます。

 

そして2人は再会して愛を確かめ合いますがエレナは自分と結婚していれば映画監督としてサルバトーレが成功することはなかったとして結ばれることはありませんでした。

 

ルフレッドの放った人生は映画のように甘いものではない。この言葉は強く胸に残っています。映画史に残る名言ですね!

おすすめの記事