2012年の映画『ピッチ・パーフェクト』を見ました!

この映画は大ヒットしてのちにシリーズ化される作品で、ミュージカルコメディ映画ですね!

採点4.0/5.0

あらすじ

音楽プロデューサーを夢見るベッカは父の勧めで行きたくない大学に進学。

ラジオ曲でのアルバイトしか楽しめない日々が続くがジェシーという青年と出会いお互いに意識する。

そしてたまたまシャワーで歌っていたところを聞かれたベッカはアカペラグループのベラーズへの入会を勧められる。

しかしそのグループは一癖も二癖もあるメンバーばかりで…

以下ネタバレあり

冒頭ニューヨークでアカペラグループのトラブルメーカーズががDon't stop the musicを歌唱して絶賛されている。

解説者たちも絶賛している。その裏でベラーズが準備しており、クロエは先輩にディスられている。

ベラーズのパフォーマンスは刺激が足りず、オーブリーは緊張のあまりに吐き出してしまう。

その後大学に来たレベッカは大学に入学している音楽好きな女の子。

ルームメイトのキリーはやたらと不機嫌で話してくれない。

レベッカの父は教授で話に来るがあまり話は弾まない。

ベラーズは勧誘してるがなかなか評判が悪くて誘えない。

レベッカはベラーズに誘わるがあまりピンとこず、放送室を訪れる。

そこにいたルークと話して、入部するジェシーが現れる。

ジェシーと話すもののあまり弾まず、レベッカは1人中庭で音楽を聴く。

レベッカは友達ができておらず、お父さんも1ヶ月後心配で来る。

レベッカは1人でシャワーを浴びながら歌っていると後ろからクロエが来て勧誘される。

2人は音を合わせてレベッカはオーディションに呼ばれる。

オーディションが始まり、シンシア、リリー、ステイシー、エイミー、最後にレベッカが来て見事に合格する。

そしてべラーズのルールはトラブルメーカーズと関係を持つことを禁止…ライバル関係。

ジェシーはトラブルメーカーズに入って敵対関係になるがジェシーは話しかけてくる。

ベラーズの練習が始まって、トラブルメーカーズと関係を持ったメンバーは首にされる。

ベラーズは女性の曲しかやらずに古い歌ばかりの伝統を守っている。

リーダーのオーブリーにレベッカは少し反抗的だがオーブリーは伝統を守る。

オーブリーはレベッカがジェシーといい感じであることを見抜いてやたらと突っかかる。

しかしチアリーダー的な役割で呼ばれても全く噛み合わないベラーズ。

べラーズはトラブルメーカーズたちも参加したストリートでのアカペラ大会に出る。

レベッカはかなり活躍したもののトラブルメーカーズが勝利。

レベッカはジェシーが自分の歌っている姿を録音していたのを聴いて2人はいい感じ。

ある日レベッカは不調のクロエに変わって選曲をすることを条件にソロを申し出るがオーブリーは取り合わない。

代わりにエイミーがソロに抜擢されることになる。

ベラーズは大会に出て歌を歌うものの昨年の大会と同じ歌を歌う。

エイミーのソロになると客もかなり乗ってきてここでは評価が高くなる。

トラブルメーカーズはright roundをパフォーマンスしてかなり盛り上がる。

ベラーズは決勝まで残ることになり、トラブルメーカーズが大会では優勝。チャンスは得ることになる。

しかしその後に起こったトラブルメーカーズの喧嘩に巻き込まれてしまう。

逮捕されたレベッカは父に迎えにこられるがロサンゼルスのDJになる夢を拒否される。

レベッカは帰るとベラーズが集結していて、オーブリーに編曲をすすめる。

ベラーズは準決勝を迎えて、その当日エイミーはトラブルメーカーズのバンパーにブリーズを投げつけられる。

エイミーはバスを運転してたがエンジンを入れ忘れてしまい、エンストしてしまう。

そこでトラブルメーカーズにバフに乗せてもらってアリーナに向かう。

準決勝ではベラーズはいつもと同じ歌を歌って辟易とされるがレベッカは勝手にアレンジを加えてオーブリーに睨まれる。

オーブリーはレベッカに突っかかり、ベラーズは内輪揉めをしてしまう。

レベッカはメンバーを首になるが、その頃決勝まで行ったチームが失格となり、ベラーズは繰上げで決勝進出が決まる!

クロエはレベッカを呼んでオーブリーはかなり嫌がる。

レベッカはジェシーに話しかけるが、気にかけてくれた時に拒絶されたことでジェシーには拒否される。

オーブリーはやたらとみんなに指示してみんな辟易としている。

レベッカは父に離婚した後自分を拒絶したと指摘され、みんなのことを拒絶するのは楽だけど孤独だと指摘される。

ベラーズは喧嘩していてリーダーの笛を取ろうとしているとレベッカが現れる。

レベッカは椅子を引いて正式に脱退しようとするがオーブリーは引き止める。

レベッカはリーダーに任命されて編曲を担当して次々と決めて結束を固める。

大学アカペラ選手権が行われて、レベッカはジェシーに話しかける。

トラブルメーカーズはパーフェクトなパフォーマンスをしてベラーズの番となる。

ベラーズはいつもとは違った服装で現れていつもと違ったダンスと曲で客を魅了する。

レベッカはジェシーに教えてもらった曲を編曲してジェシーも反応。

そして2人はステージの後にキスをして結ばれる。

そして半年後レベッカは新人のオーディションをしている。

所感

レベッカかわいい…

アナ・ケンドリックはとても綺麗ですね。顔が整ってるし、笑顔がちゃめっ気たっぷりで可愛らしいです。

しかしこの映画のアカペラはよくできてますよね。ピットブルを女性グループが歌うとは思わなかったな。

この映画はシリーズ化されるんですけどやはり1が1番良かったな。メンバーの個性が変わってるから覚えるの大変やけど。

おすすめの記事