2017年の映画『ワンダー 君は太陽』を見ました!

この映画はベストセラー小説を映画化した作品で絶賛されている作品ですね!

ジュリア・ロバーツとオーウェン・ウィルソンが夫婦役で共演しております!

採点4.6/5.0

あらすじ

生まれつき顔立ちが普通とは違う少年オギーは母のイザベルと家で勉強してきた。

10歳になったオギーは学校に通い始めるが、その見た目でどうしても周囲から浮いてしまう。

しかし彼の行動が少しずつ周りの目を変えていき…

以下ネタバレあり

オギーは10歳の男の子で宇宙服のようなヘルメットをかぶっている。

性格は明るく、宇宙飛行士に憧れている。しかしこれまで27回も手術しており、普通の男の子ではなかった。

そんなオギーのことを母のイザベラは学校に送ることを告げて父のネートと口論になっている。

オギーは普通ではないことを気にしており、その顔はいわゆる奇形児だった。

オギーは学校に行くことになり、ジャックやウィルと出会うがみんな引いている。

シャーロットたちに学校を案内してもらい、シャーロットは自慢話ばかりしている。

ジュリアンは顔のことを聞いて、オギーは生まれつきであることを告げて間違いを指摘する。

オギーは家でも嫌ならいけなくても良いと言われるが行くことを告げ、姉のヴィアも嬉しがっている。

不安な両親だがオギーはヘルメットを外して校内に進んでいく。

みんなから見られるオギーだが、やはり校内でじろじろとみんなに見られる。

ブラウン先生は自分のことを二つ話すことを提示して、ジュリアンはスター・ウォーズの好きなキャラなどを聞く。

クラスにいる内気な女の子のサマーもなんだか打ち解けられない。

ランチではジュリアンが隣に来てからかってすぐに消えてしまう。

ジュリアンはオギーの三つ編みをディスって仲間と共にいじめにかかり、三つ編みを切り落としてしまう。

オギーはディナーで暗い態度を取り、家族で心配され、聞かれると怒って部屋に行ってしまう。

イザベルは部屋に行ってオギーは泣きながら顔が醜いから誰も話しかけないと話す。

イザベルはオギーのことを醜くないと語り、ネートも入れてヴィアも嬉しそう。

ヴィアはオギーを太陽だと思っており、自分たちは惑星だと話している。

ヴィアは友達のミランダからなんだか避けられており寂しそう。

すると演劇部のジャスティンに話しかけられてヴィアも一人ぼっちであることを悟る。

オギーはいじめられたことをネートが語っており、ヴィアも浮かない顔。

ヴィアはイザベルが絵の博士号を取ることをオギーを育てるために辞めたことを語り、イザベルは今でも絵が上手い。

ヴィアは演劇部を訪れて、派手になったミランダも来ていた。

オギーは理科が得意で隣のジャックに小テストの答案を見せて助ける。

ジャックは1人でご飯を食べるオギーとご飯を食べてジュリアンは不満そう。

2人は楽しそうにご飯を食べて仲良くなり、サマーも見ている。

イザベルは友達ができたことを喜んで、ジャックは家にも遊びに来る。

ネートも一緒になってゲームをしており、ヴィアはジャスティンと仲良くなっている。

ハロウィンを手伝えないイザベルにオギーは不満をぶちまける。

ヴィアはイザベルを手伝っておばあちゃんと会っていたことを語り、学校を休むことをイザベルから提案される。

学校に行くとジャックが校長に頼まれたからオギーと共にいると話しているところを見てしまい、オギーは去る。

オギーはその後吐いてしまい、イザベルは学校に駆けつけてヴィアはかなり不満そう。

ヴィアはオギーと話してジャックが悪口を言ってたことを語る。

学校に行きたくないと語るオギーは喚き散らすが、ヴィアはミランダに避けられていることを語る。

2人はお菓子をもらいに行き、ヴィアは翌日演劇部のオーディションを受ける。

ジャックはオギーに話しかけるがオギーは取り合わない。

ジャックは母からオギーのことを話されており、初めは嫌々だったことを語る。

しかし触れ合ううちにオギーの頭の良さと面白さに気づいていた。

しかしランチにオギーのところに行くとオギーは拒否してジュリアンはジャックを誘う。

シャーロットとサマーは心配しており、サマーはオギーと一緒にランチを取る。

オギーは校長に頼まれたのか?などと話してサマーも不機嫌だが2人は友達になる。

ヴィアはミランダの代役の役に当たることになる。

ジャスティンはヴィアに愛を告白して2人はキスをする。

ヴィアは家にジャスティンを連れてきて、そこにオギーが帰ってきて紹介する。

ミランダは電話をオギーにかけてきて、ヴィアに寂しいと伝えるように頼んでくる。

ミランダはヴィアと親友だった頃2人の家でクリスマスを祝うほどだった。

そしてサマーキャンプに参加して嘘をついて人気者になっているのだった。

実際の彼女は両親が離婚しており、裕福ではない家庭だった。ヴィアといるとそのことがバレるから避けているのだった。

ミランダはオギーの家のクリスマスを羨ましそうに見ており、彼らの力を求めていた。

スキーに行ったオギーはジャックをシカトしてサマーと話している。

ジャスティンとヴィアは新年を祝っており、恋人になっている。

ジャックはなぜオギーが避けているのかサマーに聞いて、サマーは遠回しに原因を伝える。

理科の授業でジャックとオギーはペアになり、ジュリアンにディスられ喧嘩になってしまう。

ジャックは2日間停学となり校長も理解を示して奨学金は保証する。

ヴィアは家で演劇を見にくるのが不満らしく、両親と喧嘩している。

ヴィアとイザベルは喧嘩になりオギーにはまだ早いと話す。

するとオギーは自分が醜いから来て欲しくないんだと話して逃げてしまう。

その頃犬のデイジーは体調を崩してイザベルが病院に連れて行く。

ネートは夜泣き出してしまい、オギーはジャックと仲直りすることになる。

ミランダは舞台に出られなくなり、ヴィアが代わりに舞台に出ることになる。

ジャスティンと両親はヴィアの出演に驚き、オギーは嬉しそう。

ヴィアは演技を披露してイザベルは幼い頃のヴィアを思い出して感涙。

ミランダを交えてオギーの家でディナーを取り、オギーは理科の自由研究でカメラの発明をして好評を得る。

そしてオギーのいじめによる問題が露見してジュリアンは校長に両親と共に呼び出されて、母親は抵抗するがジュリアンは2日間の停学となる。

オギーとヴィアは野外学習に行って、イザベルとネートは2人の時間を楽しんでいる。

ジャックとオギーは年上のやんちゃな子たちにいびられて、他の仲間たちと協力してなんとか逃げる。

オギーはみんなから認められてまた友達が増えることになる。

ネートは帰ってきたオギーにヘルメットを隠したことを語り、怒られる。

修了式では校長がスピーチしてオギーのことについて話す。

そしてオギーは校長に呼ばわれて彼が大歓声の中証書を受け取ることになる。

所感

ワンダフルやな…

いや〜これは名作名作。飽きることなくテンポがよく見られるし、みんなが見ていてわかりやすい内容ですね。

ジュリアンみたいな子供はどこにでもいます。自分が偉いと勘違いしてる人には痛い目を見せないとダメですな。

しかしロバーツさんも綺麗でウィルソンさんもイケメン笑笑。2人とも50代に入ってるはずなんですけどね笑笑。

おすすめの記事