2005年の映画『ブロークバック・マウンテン』を見ました!

この映画はとても有名な恋愛映画ですね!

採点4.7/5.0

あらすじ

1963年の夏。ワイオミング州のブロークバック・マウンテンでカウボーイのイニスは羊番の仕事を始める。

彼は無口な性格であったがたまたま仕事で手を組んだジャックと仲良くなる。

やがて2人の間には男同士の友情以上の感情が芽生えて…

以下ネタバレあり

カウボーイのイニスは1963年ワイオミング州に降り立つ。

そしてカウボーイの羊飼いの仕事に来るとジャックもくるがイニスは目を合わせない。

2人は羊飼いの番を2人でやることになり、シーズンを共に過ごすことになる。

2人は自己紹介して話すがイニスはかなり無口。

2人は酒を飲んでジャックは自分のことを話す。

彼はロデオをしており、父親とは確執があった。

ジャックは雇い主のアギーレと2年目で2人は仕事を始める。

2人は羊達の放牧をして薪を作るなどして協力して過ごす。

イニスは山から降りたらアルマと結婚すると話してジャックはアギーレと縁を切って自分の牧場を持ちたいと話す。

ジャックはよく馬に乗っておりある日イニスは天候が悪くなることを予見。

ジャックはある日野営していて怪我をして帰ってきたイニスを心配。

イニスはクマに襲われており食料が散乱したと話す。

ジャックは手当てして翌日狩でイニスが腕を見せて鹿を仕留めて肉を食べる。

2人は身の上話をして、イニスは父の話をしてジャックは初めてまともに口を聞いたと感動。

ジャックはロデオで戯けて2人はなんだか楽しそう。

2人はかなり仲良くなり、酒を飲んで共に過ごすことも多くなる。

ジャックは夜寒さに震えて眠るイニスをテントの中に入れる。

そして隣で寝ることになりジャックはイニスの手を握って股間に押し付ける。

イニスは飛び上がるが見つめあってジャックは服を脱いで組みついてスボンを脱ぎ出す。

イニスもズボンを脱ぎ出して2人は同性同士で関係を持つ。

翌朝イニスは目覚めると外に出て何事もなかったかのように振る舞う。

ジャックは起きてきてイニスは馬に乗って狩りに行き、また晩飯に戻るように言われる。

イニスは惨殺された鹿を見てジャックは川で服を洗う。

イニスは帰宅してとても気まずい雰囲気となるがイニスは一度きりのことだと話す。

ジャックは俺たちだけの秘密だと話して2人ともゲイではないと話す。

しかし夜になるとイニスはまたテントに入って裸で待っていたジャックとキスをしてまた関係を持つ。

そして2人は恋人のような関係になり、はしゃいでジャレ合う様子をアギーレは双眼鏡で見てドン引き。

アギーレはジャックに叔父が肺炎で入院したと告げてその報告に来ていた。

ある日嵐となり、2人はテントの中に入る。

そして翌朝他の羊飼いと羊が混ざってしまい、分け合うことになる。

2人はアギーレからまた嵐が来るから羊を連れ戻すように言われる。

2人は山を降りることになりジャックがロープを足にかけると2人は野原でジャレ合う。

しかし本気になり殴り合いになり気まずい雰囲気で帰る。

アギーレは羊の数が少ないとクレームしてお前らは役立たずだと告げる。

イニスは来年は来るかわからないと話してアルマと結婚すると話す。

ジャックは父の仕事を冬まで手伝って徴兵されなければまた来ると話す。

そして2人はまた会おうと告げてお互いに去っていく。

ジャックは車で去りながらミラーで見つめて寂しそう。イニスは去った後に泣き出してしまい、壁を殴りつける。

イニスはアルマとの結婚式を挙げて夫婦となる。

2人は夫婦として愛を育んでジャックは父の仕事を手伝う。

アルマはやがて妊娠してジャックは来年にブロークバックマウンテンに戻る。

そしてアギーレと話すがお前の仕事はないと言われる。

ジャックは去り際にイニスが来たかと聞いて、アギーレには2人の仲を見透かされていたことを告げられる。

イニスはジェニー、アルマという双子の娘が生まれてアルマとの生活を送る。

そして夜になると自室に座り、アルマと話して街に行きたいと言われる。

アルマは牧場暮らしに疲れているがイニスは街の家賃が高いと否定。2人は関係を持つ。

ジャックはロデオとして活動しているが暴れ馬に乗れない。

そしてバーで酒を飲んでいるとカウボーイにおごるが相手にされない。

イニスはアルマ達とロデオを見に来て、輩のような男達と喧嘩になる。

ジャックは華麗に馬に乗りこなすロデオクイーンのラリーンと知り合い、恋に落ちる。

そして自分の番になるとすぐに振り落とされてしまう。

ラリーンは夜バーで酒を飲んでいてジャックも見つめている。

ラリーンの実家は金持ちでラリーンから話しかけてくる。

2人はダンスして車内で求め合って関係を持つ。

イニスはスーパーマーケットで働くアルマに会いに来て娘達を預けて牧場へ。

アルマは不満そうだがイニスは羊が生まれる世話をしにいく。

ジャックはラリーンと結婚して子供のボビーも生まれるが、ラリーンの父はジャックを見下している。

イニスはある日帰宅してジャックから手紙が来たとアルマから言われる。

ジャックは会いに来ると書いており、イニスは彼は釣り仲間だと話す。

すぐに返事を書くイニスは投函して、ジャックが来る日になり待ち構える。

しかしイニスは来る前に酒を飲んで寝てしまい、ジャックの車がついて目を覚ますと飛び出る。

2人は出会うなり激しくキスをしてその様子をアルマが目撃してしまい驚愕してしまう。

イニスは一旦部屋に帰ってきてジャックをアルマに紹介するがアルマは身支度して怪訝そう。

アルマはイニスが出る前に声をかけるがイニスは今夜は帰らないと告げる。

イニスとジャックはモーテルで関係を持って愛し合う。

ジャックはロデオをやめたと話してまた会えたことを喜び合う。

イニスはこの生活から逃げられないと話して生きていくことで精一杯だと話す。

アルマは茫然自失で朝まで考え事をしてイニスの帰宅を迎える。

イニスは数日山に行くと告げてジャックと釣りに行くと話す。

アルマはコーヒーでも飲まないかと話すがイニスは取り合わず、アルマはクビにならないかと心配する。

アルマはイニスが出て行った後に泣いてしまい、ジャックとイニスは車で出かける。

2人は山ではしゃいでジャックは2人で暮らそうと話すがイニスは現実的ではないと話す。

ジャックは2人で牧場を持ちたいと話してラリーンの父は手付金をくれると話す。

ジャックはアルマとの暮らしが人生かと話して、イニスは人に知れたら命がないと話す。

イニスは昔2人で男で牧場をしていた者がいてある日1人が用水路で死んでいたと話す。

彼は車で引きずられて殺されており、イニスはそれを父に見せられて父が殺したことを話す。

ジャックはたまに会うということに突っかかってイニスは耐えるしかないと話す。

イニスはアルマとの関係がかなり悪化してしまい、喧嘩ばかりになる。

ジャックは重工機のセールスをしており、ラリーンもそこで働いているがジャックはロデオの腕前を酷評される。

アルマはジャックからの手紙を見てかなり嫉妬している。

ジャックはイニスに会いに行くためにワイオミングに行くとラリーンに話してなんでいつも自分が行くのだと言われる。

ラリーンも辟易しておりボビーのことで関係は悪化している。

イニスは身支度をしてアルマは求人を話すが取り合わない。

ジャックとイニスは年に数回山で密会を重ねる。

イニスは生活も荒れてきており、アルマは教会に行きたがる。

2人は関係を持つがアルマは最中に生活費が足りないから避妊しないとならないと話してやめる。

2人はやがて離婚してジェニーとアルマ・ジュニアの養育費はイニスが払うことになる。

ジャックは離婚の話を聞いてイニスの家まで来てジェニーとアルマ・ジュニアに会わせる。

ジャックは喜んでくれるかと思ったと話すがイニスは今週末は娘達がいると話して逢瀬を断る。

ジャックは帰り道に車で涙を流してテキサスまで帰る。

彼は夜街に来てゲイの男に声をかけて関係を持つ。

テキサスに帰宅するとラリーンの父にいびられて噛み合わずにテレビを食べながら見るかどうかで張り合う。

ジャックはとうとう爆発してしまい、暴言を吐いて気まずくなる。

イニスはアルマの新しい夫を交えたディナーに来てロデオの話をする。

アルマは再婚すべきだと話して、イニスはもう懲りたと話す。

そしてまだジャックと会うのかと聞かれて、一度も魚を持ち帰らなかったと話す。

イニスはジャックと釣りなどしたことがなく、アルマは思いの丈を話して気づいていたと話す。

イニスは感情的になってしまい、家から出ていく。

そして道端で轢かれそうにって男と喧嘩になる。

2人はまた山に来て世の中の変わりようを嘆く。

イニスはラリーンは疑ってないのかと聞いてジャックはテキサスにこいと話す。

しかし取り合わずに喧嘩になりイニスは1人でバーで酒を飲む。

そしてキャシーに誘われてダンスを踊ることになる。

2人は座って酒を飲んで、ジャックはラリーンとパーティ。

ジャックはそのパーティで知り合いのマローンとダンスしてラリーンは不満そう。

ジャックはマローンの旦那のランドールに誘われるがそこにラリーン達が来て話は中断。

イニスはキャシーと大きくなったアルマ・ジュニアを連れてキャシーはイニスと付き合っていた。

キャシーはジュニアにイニスとの結婚を考えてると話す。

アルマには新しい子供が生まれてジュニアに厳しく、イニスと暮らしたいと話すがイニスはほとんど家に帰らないからと断る。

イニスとジャックまた山に来てイニスはキャシーのことを話す。

ジャックはラリーンとの結婚生活は破綻していることを暗示する。

そして少し前から牧場主任の妻のマローンと不倫してると明かす。

そして時々イニスが恋しくて堪らなくなると話して2人はテントで関係を持つ。

イニスは去り際に次会えるのは仕事の関係で11月だと告げてジャックは寂しそうで不機嫌。

ジャックは新しいところに行きたいと話してメキシコに行こうと誘うがイニスは取り合わない。

しかしジャックはいつも時間がないことに不満で今のままでは満足できないと話す。

イニスは養育費のために仕事を簡単にやめられないと話してこれでも休みを取ったと主張。

ジャックは実はメキシコに行っており、イニスは何があったのか本気で愛してるのに知らないと話して嫉妬する。

ジャックは2人で暮らせたと話してお前が嫌がったんだと話して俺たちにはブロークバックマウンテンしかない、20年の間で会えたのは少ない期間で辛かったと言い返す。

ジャックはいっそ別れられたらと話してイニスも泣きながらお前のせいでこうなったと話してジャックは抱きついてきて2人で泣き合う。

2人は仲直りして、イニスは後日ダイナーで食事しているとキャシーに話しかけられる。

2人は自然消滅しており、キャシーはどこにいたのだと話して今は別の男のカールといた。

キャシーはイニスがわからないと話してイニスは謝罪する。

キャシーは泣きながら去っていき、未練を残していた。

イニスは後日ある手紙を受け取る。そこにはジャックに出した手紙があり、彼は死亡していた。

ラリーンに電話をかけるとラリーンは不機嫌で道端でトラックのパンクを直していて破裂してしまい、顔面に当たって運ばれて死んだと話す。

しかしイニスにはジャックがゲイであることから殺された幻影が浮かぶ。

ジャックは遺灰をブロークバックマウンテンに撒いて欲しいと遺言を残していてイニスは思い出を語る。

イニスはジャックの両親と会い、ジャックの死を告げる。

そして遺灰を遺言通りにブロークバックマウンテンに撒くことを申し出る。

ジャックの父はジャックを嫌っていたがイニスをいつかここに連れてきてうちの牧場を立て直すと話していたと告げる。

しかしある時の春ジャックは他の男の名前を出してその男と牧場をやると話していたと教える。

その話は実現しておらず、ジャックの母からはジャックの部屋はそのままにしてあるから見てやれと言われる。

イニスはジャックの部屋に来てジャックが身につけていた青い服を見つける。

それはイニスと喧嘩したときについた血がついており、イニスはジャックの匂いを嗅ぐ。

イニスはその服を持ち出してきて母は何も言わずに紙袋に入れる。

父はジャックを家族の墓に埋葬すると話して母はまた会いにきてくれと告げる。

イニスは出ていき、後日自宅にいるとジュニアが会いに来る。

ジュニアには恋人ができておりイニスはそいつはお前を愛してるか?と問う。

ジュニアはイエスと答えて結婚式に参列してほしいと言われる。

イニスは山脈に仕事に行くと話すが、他のカウボーイを探してもらって参列することを誓う。

ジュニアが帰った後イニスは周りを確認して持ち帰ったジャックの服を見て涙を流しながら永遠に一緒にいると告げる。そのクローゼットにはブロークバックマウンテンの写真が貼られていた。

所感

普通の恋愛映画…

この映画はゲイの映画であることは間違いない。でも美しいし、素晴らしい恋愛映画だったかなと思います。

もちろん見る人を選ぶことは間違い無いけど、相手が誰でも好きな人は好きなんだからそれは否定できないよね。

周りの目をして気持ちを押し殺して心から想う人と過ごせない。この映画はその苦しさをメッセージとしているな。

おすすめの記事