2007年の映画『ラブソングができるまで』を見ました!

この映画はヒュー・グラントとドリュー・バリモア主演のラブストーリーで全米1位でしたね!

採点4.7/5.0

あらすじ

すっかり人気のなくなった80年代のポップスター、アレックス(ヒュー・グラント)。そんな彼のもとに、人気絶頂の歌姫からデュエット曲の作曲と収録のオファーが舞い込む。絶好のカムバック・チャンスを得るアレックスだったが、彼に作詞の経験はない。そこで、彼は作家志望のソフィー(ドリュー・バリモア)を巻き込むことに。

以下ネタバレあり

冒頭人気があった頃のアレックスがPOPで歌っている映像が流される。

しかしそんな彼らも解散してアレックスは落ちぶれ。

アレックスはあの人は今的な番組に呼ばれて、番組で元スター同士のボクシングをして勝てば歌える企画に呼ばれる。

断って帰宅するとマネージャーのクリスと話して人気もののコーラがファンで会いたがってると言われる。

そしてインターホンが鳴らされて来るとソフィーが来る。

彼女は植木の世話係の代理でよく話す。

ソフィーは感染症を気にして帰るがベラベラ話してアレックスは変人だと疑う。

コーラは大スターでアレックスは彼女のPVの撮影現場に来るとめちゃセクシー。

彼女のマネージャーのレイと話してアレックスとコーラは対面する。

コーラはアレックスを尊敬しており新曲を描いて欲しいと言われる。

アレックスはクリスに曲を書くように勧められて、翌日ソフィーがまた来る。

作詞家のグレッグも居合わせてアレックスは作った曲を披露。その中に愛の戻る道というフレーズがある。

ソフィーは閃きで呟いてその歌詞が採用されることになる。

アレックスが採用したことに気を悪くしたグレッグは帰る。

アレックスはソフィーの作詞の才能に目をつけて逃げる彼女を追いかける。

ソフィーは姉の子守りに行くがやる気になったら話してくれと言われてライブにも招待される。しかし、ソフィーは訳ありで書けないと話す。

ソフィーの姉はアレックスの大ファンでライブに出かけることになる。

アレックスは同窓会のステージで踊っており、姉のロンダは大興奮でソフィーも嬉しそう。

アレックスは大人気でステージ後ソフィーに声をかけられる。

そしてクリスにソフィーの作詞は最高だと話してソフィーはまだ断る。

翌日アレックスはソフィーや働く店に来て作詞をまた頼みに来る。

2人はピアノ屋にきて、ソフィーは作詞をすることになる。

そして夜に2人は創作活動をするために散歩することになる。

アレックスは相棒が自分たちで作った曲を勝手にソロで歌って大儲けしたとPOPの顛末を語る。

それでヤケになったアレックスもソロデビューするが全く売れず。

そして財産も全てを失って作曲することをやめたと話す。

今は巡業していると話してソフィーはその辛さを理解する。

ソフィーはこのことを詞に書いて、朝ごはんを食べに行く時もソフィーは歌詞を考えるが、いきなり道端に隠れる。

彼女は誰かに出会して隠れたようで、本屋のベストセラーを見て自分がモデルで作者のスローンという講師に恋したと話す。

しかし彼には婚約者がいて遊ばれていて修羅場になったことを話す。

そのことで別れたのだが自分のモデルで作家を誘惑した女のモデルで最後は復讐しようとした物語を描かれて深く傷ついていた。

そしてそのたびにペンを持つたびに小説のことを思い出すとトラウマを話す。

アレックスは自分なら落ち込んでまた作詞家を探して曲を書いて、何もしないとボロボロになると諭す。

2人は昼も夜も創作活動きて会話のリズムもあっている。

アレックスは夢中で曲をつけてソフィーも楽しそう。

そしてボーカルは男女のデュエットのため2人で歌うことになる。

しかしソフィーは小声でしか歌えず、テイク2は楽しそうに歌う。

2人は曲を完成させてすぐにアメリカに帰るコーラの元へ届けに行く。

コーラは話を遮って曲を聴いて、ソフィーとアレックスを抱きしめる。

そしてこの曲を待っていたと告げて彼女はアメリカへと帰る。

2人は大はしゃぎでハグしてアレックスもクリスに採用されたと話す。

2人はクリスとクリスの奥さんとディナーに行くことになり、そこにスローンがやってきてソフィーは俯く。

ソフィーは気づかれないようにトイレへと閉じこもる。

アレックスは出てくるように促して、ソフィーは帰るまでいると話す。

ソフィーは彼に言いたいことがあったと話してアレックスを中に入れてお前が書いた小説が自分を傷つけてると話す。

アレックスはそれを今言う時だと話して、ソフィーはシャワーもしてないから無理だと話す。

アレックスはクリスの妻をトイレに連れてきてドレスをソフィーが着ることになる。

ソフィーは後ろから近づいてきてスローンと対面。

スローンはまだ男を惑わしてるのかと話して、ソフィーは何も言えなくなる。

スローンは小説がハリウッドで映画化されると言い、ソフィーは何も言えずに彼はディナーに行く。

ソフィーはみじめな感情になり、アレックスはスローンに話す。

スローンは彼女が誘惑してきたと話して取り合わず、アレックスと押し合いの喧嘩になる。

アレックスは負けてしまうがソフィーが部屋に入れて介抱。

ソフィーはまだスローンが自分に支配力を持っていることを話す。

アレックスはスローンは小説を失うのが怖いのだと話してめちゃ的確。

そしてそんなに才能のあるソフィーが独り立ちできないわけないと話す。

ソフィーは勇敢だったと話して頬にキスをする。

2人は見つめあってキスをして関係を持つ。

翌朝電話で目を覚ましたアレックスはクリスから電話を受ける。

アレックスはソフィーと寝たと話して怒られる。

その日アレックスはイベントでソフィーも起きて来る。

アレックスはイベントにソフィーを呼んでソフィーも嬉しそう。

アレックスは遊園地のステージではおばさんに大人気であるが、子供たちやお年寄りには見向きもされない。

ソフィーはすごく良かったと話すがアレックスはアンコールをパスしたがる。

ソフィーはみんなが聴きたがってるから誇りを待って歌ってほしいと話して、アレックスは自信を取り戻す。

クリスもソフィーがアレックスの大切な人になっていることに気づく。

ソフィーは客席の方に行ってみて大きく手を振る。

ソフィーは自分もアレックスと同じレコードに契約すると話してロンダの食事会にアレックスも呼ぶことになる。

アレックスはディナーでコーラから電話がきて明日スタジオに来るように言われる。

アレックスはロンダの子供たちとも打ち解けており、ロンダはソフィーに遊ばれないようにしろと話す。

ソフィーは一度寝たことを明かしてロンダは驚く。

アレックスとソフィーは帰ることになり、ソフィーとも明日合流することにしてキスする。

翌日スタジオに行くとコーラは愛の帰る道をめちゃくちゃ編曲してセクシーなインド風の歌にしていて2人は困惑。

ソフィーは特にイライラしており途中で出て行こうとするとコーラは気に入らないのかと止める。

アレックスはコーラの話に乗り、ソフィーは主張しようとするがアレックスに押し込められる。

ソフィーは納得いかないが、アレックスはコーラの好きにさせるように話す。

アレックスは自分の力では彼女に言えないと話して、ソフィーはコーラに誘われたパーティにアレックスに呼ばれないことになる。

ソフィーはパーティに行くと告げて2人はプチ喧嘩。

アレックスは夜パーティに来てレイと話し、ソフィーも来てしまう。

ソフィーは小包を持ってきてコーラも姿を表す。

ソフィーは話があると切り出すがアレックスはソフィーを制して2人は屋上へ。

ソフィーはコーラに言いたいことを告げて客にこびすぎだと言われる。

コーラはムッときたようで反論。ダンスしないとダメなんだと話す。

ソフィーはコーラに媚びすぎだとアレックスに怒ってソロCDと同じ失敗だと言われる。

2人は追加の歌詞を考えることになるが雰囲気は悪い。

ソフィーはもう書けないと話して明日考えると話す。

アレックスは明日では遅いし、仕事を失うと話すがソフィーは閃かないとは話す。

喧嘩になり、アレックスはスローンが正しいと話してソフィーは泣いてしまう。

ソフィーは出ていき、アレックスは翌日スタジオにコーラと会いに来る。

コーラはソフィーから歌詞をファックスで受け取っており、アレンジなしでまず歌うことになる。

アレックスは歌詞を聞いてインド風のイントロでレコーディング。

アレックスはソフィーに会いに来るがめちゃくちゃ気まずい感じ。

ソフィーはオフィスに行き、アレックスも追いかけて話そうとする。

ソフィーに明日のコンサートに来るように話し、来るもののあまり話してくれない。

アレックスは君がいないと曲がひらめかないと話すがソフィーはもう組まないと話してアレックスは引き下がる。

そしてコンサートの夜ソフィーは客としてくるがパスするとロンダに話す。

ロンダは子供たちはソフィーの自慢をしてると話して、ソフィーはアレックスを見るのは辛いと話す。しかしロンダはちゃんと決別するように話す。

コーラのコンサートが始まってアレックスは控え室。

そしてアレックスの番になり、ソフィーの名前は呼ばれないことにソフィーは傷ついて席を離れる。

ロンダも不機嫌だが流れ出した曲はアレックスが作ったもので、ソフィーは足を止める。

アレックスは自分で歌詞を書いてソフィーに向けた言葉を歌う。

アリーナは拍手喝采となり、ソフィーも感激する。

またコーラの番になりセクシーなダンスになるがソフィーは舞台裏へと向かう。

そしてアレックスと会って2人は見つめ合い、アレックスはまた歌詞を変えてくれと話す。

2人はキスしかけるがその時コーラがニューシングルだと話して、コーラは2人が作った曲だと話す。

歌は原曲のメロディでソフィーを取り戻すためにアレックスが取り合ったものだった。

アレックスはステージに上がってコーラとデュエット。

アレックスはサビを歌い上げるとコーラに耳打ちしてステージを降りてソフィーと抱き合ってハグ。キスをして2人は結ばれる。

現在も2人はパートナーとして生活。共に仕事をしている。

所感

泣いたぜ…

ちなみにこの話実話です。めちゃくちゃ感動したんだけど、2人の息の合い方はまさしく運命だよな。

とにかくこの映画はバリモアがキュート。個人的には50回目のファーストキスと同じくらいかわいい!

グラントもモテ男ぶりは変わらずだし、この2人の共演は奇跡かもね。本当に素晴らしいラブストーリーで大好きです。

おすすめの記事