2010年の映画『息もできない』を見ました!

この映画は韓国の映画でめちゃくちゃ話題になった名作ですね!

採点4.5/5.0

母と妹の死の原因を作った父親に対して強い憎しみを持っている借金取りのサンフン(ヤン・イクチュン)は、ある日、女子高生のヨニ(キム・コッピ)と知り合う。サンフンは、強権的な父親や暴力的な弟との関係に悩むヨニに惹(ひ)かれ、それぞれの境遇から逃避するかのように何度も一緒に過ごすうちに、互いの心に変化が訪れる。

以下ネタバレあり

冒頭暴漢が女を道端で暴行しておりそこにサンフンが来て無言で男を殴り飛ばす。

彼は倒れていた女に近づいて唾を吐いてビンタ。殴られてばかりで良いのか?と問いかける。

そこに背後から殴り飛ばした男に蹴り飛ばされて映画が始まる。

彼はヤクザの借金取りの一員で学生達のデモを制圧する。

サンフンはメガホンで怒鳴って帰れと促して暴力を振るう。

そして夜になると分け前をもらって、サンフンはボスのマンシクに話しかける。

サンフンは彼の中でも特別でサンフンは仲間でも躊躇なく殴る。

サンフンは六畳の部屋に住んでおり、朝に近所の子供に飴をあげる。

しかし受け取らない子供に怒り出して受け取ると軽くビンタしてくる。

その子はヒョンインという子供で実はサンフンの甥っ子。姉の息子だった。

サンフンは道端に唾を吐き捨てると女子高生のヨニの靴について何するんだと言われて突っかかる。

そしてビンタされると容赦無く殴り飛ばしてヨニは失神してしまう。

ヨニが目を覚ますとサンフンはそこにいて俺が拭いといたから帰れというとヨニも顔面に唾を吐き捨ててくる。

サンフンは家に帰って勉強しろと諭して帰ろうとするが呼び止められる。

ヨニは治療費を払えと話して食べ物と缶ジュースを買って2人は座って悪態をつきながら話す。

サンフンはマンシクに若い奴らを殴るなど注意される。

マンシクは保護者のようでパチンコに給料を使うなと話して、親父が出所したか聞く。

サンフンはしたと話して、思い出させてくれてありがとうと話して去る。

彼は父のスンチョルの住む家まで来て押し入って暴力を振るう。スンチョルはやられるがまま。

サンフンはヒョンインにいきなり関節技をかまして子供のよう。

そして元気のない彼は姉が来て抱きついてサンフンは去ろうとするの呼び止められる。

ご飯をヒョンインと食べてやれと言われて、金を返そうとされるが悪態をついてサンフンは去る。彼らは異母兄弟だった。

そこにヨニが話しかけてきて連絡しなかったから通報するぞと話して怒鳴ると警察が来る。

サンフンは警察を倒してしまい、ヨニはやめろと叫ぶ。

サンフンはその時幼い頃にスンチョルが母をDVしていて姉が泣きながら止めて、サンフンは三角座りしていた過去を思い出す。

スンチョルはやがて包丁を取り出して悲鳴は聞こえなくなる。

サンフンが部屋を開けると姉は刺されており、母は父から逃げようとして交通事故で死亡。姉は助かったがスンチョルは逮捕されて服役していた。

2人は公園で座ってヨニはなんか奢れと話して2人は街を歩く。

ヨニは帰宅して不良の弟に飯はまだかと怒られる。

ヨニは買い物してきたと言い返すが金をよこせと言われる。

弟はヤンキーで夜にはお前も家事をやれと喧嘩になる。

父はベトナム戦争の帰還兵が精神に異常をきしておりポケモンを見ている。

そしてもういない妻が浮気してると思い込んでおり笑顔でご飯を食べようとする。

ヨニは通帳を気にする父に私が預かってると話して父はご飯を食べだすと吐き出して怒りの形相。

猫いらずを入れたなと怒り出して自分を殺そうてしてるとヒステリックに怒りだす。

そして妻を連れてこいと話してヨニが母は死んだと返すとちゃぶ台を返す。

サンフンは若手と取立てに行き、留守だとお前が遅いからだと怒りだす。

しかし相手は居留守を使っており、サンフンは中に入り込んで取立て。

若手は相手をボコボコにしてサンフンはその光景を眺めて次にはそいつと3人でご飯を食べる。

次の取り立てでは妻に暴力を振るう男をサンフンが倒して取り立てする。

サンフンはマンシクのところに帰って新入りはなかなかだったと話す。

3人は飲みに行ってマンシクはベロンベロン。

サンフンはその足でスンチョルの家に行き、金をばらまいて怒り出す。

そして酒を飲むように怒鳴ってスンチョルが謝ると蹴り飛ばして、その頃ヨニの父は弟のヨンジェと喧嘩。ヨニはその様子を白い目で見ている。

彼女は昔母が何もしない父と喧嘩していた時に泣いており、母は出店をしていたが解体されて止めようとしてヤクザたちに連れ去られて殺害されていた。

そしてその時の組織がサンフンの組織だった。

ヒョンインは道端で子供達と遊んでおりサンフンが悪態をつきながらお菓子をくれる。

子供達はサンフンの雰囲気に圧倒されて話さなくなるがお菓子は食べる。

ヒョンインの父はサンフンと誤解されていてホームレスと思われる。

ヨンジェはゲームセンターで遊んでおり何者かからの電話を受ける。

サンフンは悪態をつきながらヒョンインにプレステを買ってやろうか?と話す。

ヒョンインは行こうとするサンフンに泣きついて慕われている。

サンフンはいきなりヨニに電話して2人は会うことになる。

ヨニは授業から抜け出して駅まで行き、ヒョンインとサンフンと繁華街で買い物する。

その頃ヨンジェはファンギュと女遊びをしていてヨニと寝てしまったヒョンインは姉の家へ。

ヨニはサンフンがヒョンインの甥だと知っており、姉も帰ってくる。

サンフンはご飯を食べて行けと言われるが帰ろうとしてヨニは彼女を名乗ってご飯をともに作ろうとする。

二人はご飯を食べて去り、ヒョンインは手を振るがサンフンは中指を立てる。

2人は夜道を歩いて帰り、ヨニに姉に優しくしろと言われる。

さらに奢れと言われて2人は飲み屋で飲むことになる。

ヨニは母は休んでると話して家庭環境のことを隠す。

さらにサンフンの名前が可愛いと笑い出してサンフンも初めて冗談で笑顔を見せる。

ヨンジェは目覚めると女とホテルにいて帰宅するとヨナに金を出せと迫る。

ヨンジェは金を出さないと制服を破ると言い出して喧嘩する。

ファンギュはヨンジェと話してヨンジェもマンスクに紹介されて入社することになる。

彼らはサンフンにつくことになり、ヨンジェはサンフンのことが気に入らない様子。

3人は取り立てを開始してヨンジェはほとんど何もできずサンフンにキレられる。

マンスクのところに戻るとマンスクにも返事が小さいと怒られて帰宅。

ヨニは家賃が払えないから追い出されると話すがヨンジェは稼いだ金を渡す。

しかしヨニはこれはどこで稼いだ金だと疑って問い詰める。

サンフンは姉の働く携帯ショップに来てスマホを購入する。

そのあと2人はご飯を食べに行き、ヒョンインを1人にするのかとサンフンが怒る。

さらにスンチョルのところに行ったと知るとまた怒りだす。

そしてなんで父が同じなだけで会わないといけないんだと怒鳴って帰り、道端でいきなり男を殴り飛ばす。

そのあとスンチョルを襲撃してなんであんなことをしたんだと泣きながら暴力を振るう。

ヨニはアルバイトを始めてサンフンは取り立てでヨンジェにハンマーを要求。ボサっとしていると蹴りとばす。

そして道端でヨンジェを呼び出してビンタして恨みを蓄積する。

3人は事務所に帰るとマンスクに殴られたのかと聞かれてヨンジェは違うチームと組まされる。

しかしサンフンは変える必要はないと話して、姉に会いに来て携帯をとりに来るが彼女は家に帰宅していた。

ヨニはバイトしており、サンフンは家の外から姉の家をのぞいてヒョンインとスンチョルがゲームしてるのを見る。

ヨニは帰宅すると父がいてヨンジェとも喧嘩する。

サンフンはマンシクにスンチョルのことを話して罪は償えるのかと聞く。

さらに騒いで怒られると店の中の男と喧嘩する。

ヨニは炊飯して、父にまた母はどこだと言われて死んだと怒って答える。

サンフンはスンチョルを殺してやると呟きながら街を歩く。

ヨニの父は怒りに燃えて包丁を持ってヨニを睨みつける。

サンフンはスンチョルの家に来るがスンチョルは倒れていてリストカットしていた。

ヨニは部屋に閉じこもって泣き叫び、サンフンは死にたくても生きろと話しながらスンチョルを担いで病院へ行く。

ヨニは夜の街を泣きながら歩いてスンチョルは病院で輸血される。サンフンも自分の血を悪態をつきながら輸血しろと騒ぐ。

サンフンはヨニに電話して酒を飲もうと誘い、会うことになる。

2人は河原で会い、様子が変だとサンフンは言われる。

ヨニは自分が連絡してきて私の連絡は無視するしずるいと話す。

さらに自分に金を使えば幸せになれると話してサンフンは涙を隠しながら膝枕してもらう。

ヨニも強がって涙を流して2人は泣き合う。

ヨニは帰宅するとバイト代をヨンジェに渡してヨンジェはその金をヨニの顔に投げつけてくる。

サンフンはマスクをかぶってヒョンイン達と遊んでいる。

スンチョルは生きていて娘とヒョンインの写真を見て妻の写真を見る。

サンフンはヒョンインにこの前は悪かったと謝ってさるが、ヒョンインにスンチョルを殴るなと叫ばれる。

サンフンはヨニに携帯を買ったから会おうと話して会うことになり、うれしそう。

そしてサンフンはマンスクに仕事を辞めると話して心が変わっている。

マンスクも止めると話してその日が最後の仕事の日になる。

サンフンはその日ヨンジェと取り立てに行き、その男には子供がいてサンフンという名前だった。

サンフンは今日返せないという男に待てないと話して逆ギレされる。

そしてヨンジェが男をぶっ倒してその様子を見たサンフンは止めに入る。

そして止めろと言っただろうと話して背を向けるが男に頭をトンカチで殴られて倒れてしまう。

ヨンジェが男を倒すがサンフンは朦朧とする中でやめろと話して引き下がる。

悪態をつきながら歩くサンフンは余計なことをするからこうなったと話してヨンジェの不満は爆発。

背後から持っていたハンマーで襲いかかって何度も頭を殴打する。

ヨンジェはなんで躊躇うんだと話してサンフンは頭から血を流してボロボロに。恐ろしくなったヨンジェは金を持ち逃げしてその場から逃げ去る。

サンフンは朦朧とする中いかなければならない、ヒョンインや姉、マンスク、ヨニが待ってると話すが動けない。

そして幼い頃に母と姉と遊んだことを思い出しながら息を引き取る。

ヨニや姉、マンスクはヒョンインの学芸会に何も知らずにプレゼントを持って待っていた。

彼らは学芸会にくるがサンフンは来ず。

冬スンチョルはヒョンイン達とゲームする。ヨニもバイトしていて学業も順調。

マンスクはカタギになって飲食店を開業してヨニやスンチョル、ヒョンインを招待してみんなは笑顔で食事する。

サンフンが死んだ時、彼らは病院に来てみんな泣き叫んでいた。

ヨニも涙を流しており、スンチョルも涙を流す。

その後ヨニは帰宅する途中でいつか母が屋台を潰されたところに来る。

その日も屋台がヤクザに潰されていてその屋台を潰していたのはヨンジェだった。2人は目が合い、ヨンジェも止まる。

ヨニの目にはヨンジェがサンフンに映り、暴力の連鎖は終わらない。

所感

暴力ね…

この映画はそんなにグロいシーンがあるわけでもないけど、全編を通じて暴力と暴言が飛び交う。でも素晴らしい。

手取りのカメラで画面はぶれるし、お世辞にも大作とは言えない。でもこんなに素晴らしい映画には滅多に出会えないな。

短気な人に程見てほしい。自分も家庭環境は悪かったけど、それがどんな影響を及ぼすのかよく考えさせられるな。

おすすめの記事