1988年の映画『レインマン』を見ました!

この映画はトム・クルーズとダスティン・ホフマンのヒューマンドラマですね!

採点4.2/5.0

あらすじ

高級外車のディーラーをしているチャーリーの元に自分を勘当した父の訃報が届く。遺産目当てに故郷に戻った彼だったが遺産の300万ドルは見た事もない自閉症の兄、レイモンドの手に渡る事を聞かされる。なんとか金を物にしようとチャーリーは施設にいるレイモンドを誘拐まがいに連れ出し、ロスに戻ろうとするのだったが……

以下ネタバレあり

冒頭チャーリーは高級車のディーラーとして活躍している。

しかし彼は金銭面で大ピンチを迎えており、倒産の危機を迎えていた。

彼は期日通りに車を収めることができずに多くのクレームを受ける。

彼は仕事を片付けるとすぐに出かけて部下のスザンナとドライブ。

彼らはカリフォルニアに旅行しており、喧嘩してると部下のレニーから電話。

父が亡くなったと聞いて弁護士のムーアからシンシナティで葬儀と言われるがチャーリーは電話を切る。

彼は父と不仲で葬儀に行くことに。スザンナもついてくることになる。

チャーリーは葬儀に来てスザンナと実家に寄る。

チャーリーは父に冷たくされたと話して、父は車に触らせてもくれなかったと話す。

そして高級車に無断で乗って警察に捕まり、父には盗難届を出されて勾留されたと話す。

スザンナはそんな話初めて聞いたと話して、チャーリーはレインマンが怖かったと話す。

そして彼は父の遺言を聞いて、父には連絡しなかったことを怒られていた。

そして高級車のビュイックと宝物のバラの木を贈ると話す。

しかしそれ以外の3億の財産は受取人の預金となると言われる。

それは自閉症の兄のレイモンドでいることに気づいて彼はレイモンドのいる施設へ。

そこは障害者達の施設で、話を聞いたらドクターに説明を求める。

チャーリーは存在すら知らなかったたレイモンドと出会い、車のことを指摘する彼にはじめは気づかない。

レイモンドは全く目を合わさず話してテレビの時間だと話して去る。

彼は自閉症で感情の表現と理解ができずに外界を出ないように生きている。

そしてパターンが破られることを嫌い、チャーリーは兄がいたことを知らなかったことを不満に思う。

レイモンドは3億円相続しながら金の観念がなく、天才的な記憶力を持つ。

しかし日常とは違うチャーリーを怖がり、彼の世話係のバーンと話す。

レイモンドはスザンナに気があるようで2人はレイモンドを連れ出すことにする。

チャーリーはレイモンドと話してカリフォルニアに彼が好きな野球を見に行こうとロサンゼルスへと誘う。

しかしモーテルにつくとレイモンドは帰ろうとして怖がる。

彼は電話を落としただけで怖がってスザンナは病院に連れて帰ろうと話す。

チャーリーはレイモンドの希望の食べ物を聞いて頼んで、レイモンドは夜2人が関係を持っている音を聞いて興味津々。

部屋に近づいて入って来て思い切り覗いてしまうと2人が関係を持っているベッドでテレビを見ている。

チャーリーは怒り出して出ていけと話してスザンナは一緒に行ってやれと話す。

スザンナはなぜ連れ出したのだと話して、チャーリーは遺産を半分もらうためだと白状して喧嘩になる。

スザンナは愛想を尽かして出ていくと話してレイモンドと自分を利用していることを責める。

スザンナは去っていき、レイモンドとチャーリーは2人残される。

2人は翌朝ダイナーに行き、彼は電話帳でウェイトレスの電話番号を覚えていた。

レイモンドはパンケーキが来る前にシロップがないと怒り出してチャーリーは首根っこを掴んで黙らせる。

するとレイモンドは日記にそのことを書いて、チャーリーはたまらずブルナー医師に電話。

150万ドルもらえたら帰すと話し、あくまでも財産の半分をもらうために訴訟を起こすと話す。

レイモンドはとにかくぶつぶつ話してチャーリーはイライラ。

部下のレニーからも電話を受けて仕事もピンチを迎える。

レイモンドは飛行機に乗りたがらず、彼は飛行機事故の記録をつらつらと述べる。

チャーリーは無理やり乗せようとしてレイモンドはパニックで騒ぎ出す。

チャーリーは落ち着かせるために飛行機はやめて、車で移動するが渋滞を嫌がる。

そして死亡事故だと錯乱して車を降りてどこかに行こうとする。

チャーリーは面倒を見切れないと思い、置いていこうとする。

レイモンドは高速はダメだと話してチャーリーは高速を降りることにする。

翌日レイモンドはドライブ中に運転できると話してハンドルを奪おうとする。

チャーリーはシンシナチから離れていくと話すレイモンドにイライラ。

彼はトランクスをシンシナチで買いたいと繰り返してチャーリーは怒鳴り出す。

彼は行先で精神科医を探して電話ボックスに入るがその間にレイモンドは逃げていた。

レイモンドは道の真ん中で赤信号になり、突っ立って怒られる。

そこにチャーリーが助けに来て、彼を精神科医に連れて行く。

医師はレイモンドが数字に強いことに興味を示して天才だと知る。

しかしお金の計算になると分からず、自分は自閉症ではないと話す。

そしてチャーリーはテレビが見たいと話すレイモンドのために農家を訪ねて視聴率調査と話すがレイモンドの様子を見た奥さんが怖がって扉を閉める。

チャーリーは事情を正直に話してテレビを見せてもらえることになる。

チャーリーはモーテルでレイモンドと話すと、レイモンドがレインマンであることを知る。

レイモンドは父との写真を見て、レイモンドは自分が家を出て行ったとき、チャーリーもいて手を振っていたと話す。

そしていつも亡くなった母が歌っていた歌のことを話して、レイモンドはバスタブに水がたまると錯乱。

ヘビーが火傷すると話して、チャーリーは自分のことだと悟る。

レイモンドはチャーリーに怪我をさせると思って病院に入ったのだった。

チャーリーはレイモンドの気持ちを知り、少し優しくなる。

そしてチャーリーはスザンナに話して別れたくないと話すがスザンナは考えたいと話す。

2人は旅を続けて、チャーリーはレニーに借金のため、車を差し押さえられたと言われる。

8万の送金の必要が出て、チャーリーはレイモンドの天才的な記憶力と数字の強さに目をつけてトランプを教えてカジノへと向かう。

そしてポーカーを始めて次々と勝ち、大金に変えていく。

しかしあまりにも勝ちすぎたことでいかさまを疑われてマネージャーを呼ばれる。

マネージャーはモニターを見るがいかさまではないと知る。

しかしレイモンドは席を勝手に立ってしまい、ルーレットに興味を示す。

そしてルーレットをやるものの外れてしまってレイモンドは悔しそう。

2人は8万ドル以上稼いでバーへ。レイモンドは美女と目が合う。

美女のアイリスはレイモンドを逆ナンしてアイリスはレイモンドの異常性を知り、去る。

チャーリーは彼女を気に入ったレイモンドを嬉しく思い、部屋へ。

2人はスイートルームに来てレイモンドはアイリスとデートに行くと話す。

そしてダンスを覚えると話してチャーリーは教えることになる。

そしてダンスを教えたもののハグしようとして大声を出されるとチャーリーはショック。

スザンナはチャーリーに会いに来て2人はハグする。

2人はレイモンドのデートに付き添い、チャーリーは警備主任に呼ばれる。

スザンナはレイモンドに付き添うことになり、レイモンドはアイリスを待つが彼女は来ない。

チャーリーは金を持って州の外へ消えろと話してきてレイモンドが記憶していたことを見透かす。

レイモンドはショックそうでスザンナは慰めるためにエレベーターを止めてダンスしてあげる。

そしてキスしたことがないレイモンドにスザンナはキス。

翌日3人はレイモンドの運転で移動することになる。

そしてスーザンの家に着くとスーザンはレイモンドにデート楽しかったと声をかけて、チャーリーは少し嫉妬。

レイモンドを家に連れてきてブルナーから電話を受ける。

レイモンドは医者に日常生活が可能かどうかを決める審問会を受けることになり、ブルナーはチャーリーに小切手を渡す。

チャーリーは遺言のことはもう気にしてないと話して父との話も自分が悪かったと話す。

しかしレイモンドのことを教えてくれなかったことは不満で、レイモンドはその頃電子レンジで火事を起こしかける。

レイモンドは火災報知器で錯乱してチャーリーはなんとか放置機を破壊するがレイモンドはバーンを求める。

2人は審問会に来てチャーリーは病院で過ごした20年よりも自分といた6日の方が進歩があると話す。

しかしレイモンドはラスベガスでのことを話してスザンナとキスしたと話してチャーリーはびっくり。

しかしチャーリーは自分たちは家族だと話して、自分たちは心を繋げたと話す。

レイモンドはチャーリーと暮らしたいと話して、しかし病院にも帰りたいと話して混乱。

ドクターは出て行き、チャーリーはレイモンドと2人になる。

チャーリーは旅の話は本当だと話して2人は頭をつけ合う。

そして兄貴ができて嬉しいと話して、レイモンドはチャーリーの綴りを呟く。

レイモンドは病院へと帰ることになりチャーリーは駅まで見送りに来る。

チャーリーはまたすぐに会おうと声をかけて笑顔で見送る。

所感

兄貴…

チャーリーの気持ちが本当によくわかる。最初の方のイライラは誰でも通る道で、これは仕方ないよね。

でもそこからスタートなのがでかいな。ギャップがあるからこそいいところが見えたらそれがデカく見えるからね。

ホフマンの演技にはもう本当に脱帽。チャーリーといっさい目を合わせない演技は凄かったし、レナードの朝のデニーロを思い出したね。

おすすめの記事