2002年の映画『クリスティーナの好きなコト』を見ました!

この映画はキャメロン・ディアスの主演作ですね!

採点3.7/5.0

あらすじ

28歳のクリスティーナは、いつも深入りしない気軽な恋を楽しんでいた。そんな気ままな彼女はある夜、親友のコートニーとジェーンと共にクラブに繰り出す。クリスティーナはそこでピーターという男に出会うが、彼女のいつもの軽いノリのせいで険悪ムードに。ところがその後クリスティーナが素直に謝ったことで2人は打ち解けてすっかり意気投合する。だが、クリスティーナは本気の恋に目覚めたことで及び腰になってしまった。それを察したコートニーは、クリスティーナをピーターのもとへ向かう旅に連れ出すのだが…。

以下ネタバレあり

クリスティーナはモテモテで恋愛をゲームととらえる美女。

多くの男を手玉に取る女性でみんなクリスティーナを気にしていた。

クリスティーナはイケイケで親友のコートニーと電話。

2人は合流して帰宅して友達のジェーンは振られて泣いていた。

クリスティーナはジェーンにいちいち本気になるからだと話して、本気よりも気軽な恋をしろと話す。

3人は街に繰り出してクラブに来てオズワルドと話す。

3人は革ジャンを着たイケメンに酒を奢られてコートニーが話しかける。

クリスティーナはジェーンの相手を探そうとするがピーターに彼女は振られて喧嘩になる。

コートニーは男に夢中になるクリスティーナを初めて見たと話す。

クリスティーナはトイレを出るとまたピーターと出くわしてドキドキ。

2人は酒を飲んで話すことになりジェーンはその頃男とラブラブ。

ピーターは兄のロジャーにクリスティーナをパーティーに連れてくるように話してロジャーは暴れて摘み出される。

ピーターとクリスティーナは別れを告げてクリスティーナはパーティーに呼ばれる。

クリスティーナは帰宅してコートニーから電話で本気の恋が怖くて逃げたと怒られる。

しかしクリスティーナはピーターがきになるようで妄想。

クリスティーナはホテルに電話をかけていつもとは違う自分に困惑。

コートニーから電話を受けてジェーンの3人で中華街に来る。

ジェーンは見知らぬ男と関係を持ったことを馬鹿にされて精子付きのスカーフをクリーニングへ。

しかしそこに社会見学の子供たちが来て店長にも馬鹿にされる。

クリスティーナはコートニーにパーティーのことを聞いて錯乱した男がクリスティーナのことを読んでいたと話す。

未練たらたらのクリスティーナだが、ジェーンも来て昨夜のことを聞かれる。

3人は下品な会話をレストランできていてみんなに見られる。

そしてダンスになり、レストランでみんな下品な歌を歌う。

ピーターはロジャーとゴルフしていて2人は結婚について話す。

ピーターは老人にチャンスがあるなら逃すなと怒られる。

クリスティーナはコートニーにピーターの住むところに行くと言われる。

クリスティーナは渋るが結婚式のパーティーに行くことになる。

二人は車でサマセットに向かって途中でトイレを破壊してびしょ濡れになる。

ジェーンは1人で仕事していてそこに着ぐるみの男が来る。

それは関係を持った男でキスしてきて店の中で関係を持つ。

ジェーンは上司に怒られてクリスティーナ達からテンションの高い電話が来る。

2人は服を買うことになるが派手な服しか置いてない。

2人は着せ替えショーをやって2人で大はしゃぎ。

とても派手な服装に着替えた2人は街を歩いてピーターの写真を見てクリスティーナはウキウキ。

クリスティーナはトイレで緊張していた花嫁を励まして送り出す。

コートニーは席で待っているもののクリスティーナはなかなか緊張して来れない。

コートニーはこっちを向いてきた子供をからかう。

ピーターはロジャーと話していてコートニーは外に出てクリスティーナを探す。

クリスティーナは外に窓から出てきて、結婚式に行くとそれはピーターの結婚式だった。

2人はそそくさと出ていくがピーターに気づかれる。

ピーターは花嫁にもう愛してないと告げて花嫁も結婚したくないと話して笑顔で結婚をやめると宣言。

ピーターは結婚式をやめたがパーティをしてみんなに文句を言われる。

花嫁は好きな人ができたと話してピーターは花嫁の父にタックルされる。

クリスティーナは夜スタバを飲みながらコートニーにピーターのことを本気で好きだと吐露する。

家に帰ると警察が来ていてジェーンの様子を見に行くと彼女はフェラしていてハマって抜けなくなっていた。

ジェーンはエアロスミスの歌でなんとか抜け出してコートニーとクリスティーナは昔話。

コートニーは看護師の男に恋しており、クリスティーナも嬉しそう。

ピーターもロジャーと話していてクリスティーナたちが来た洋服屋に来る。

その中のメモにクリスティーナがラブをピーターに書いているのを見る。

クリスティーナはその頃泣いていてジェーンとコートニーが帰宅。

クリスティーナは本に書いてあることを鵜呑みにしてピーターとのことに悩んでいた。

3人はまたクラブに行き、クリスティーナはノリノリ。

クリスティーナはドニーに話しかけられて電話番号を教える。

そして説明するが重たい女は嫌だと逃げられてしまう。

そしてクラブを出るとピーターがそこにいて結婚のことを言わなかったことを謝る。

クリスティーナは去ろうとするが結婚しなかったと告げられてクリスティーナはピーターを追いかける。

コートニーとジェーンはその様子を見ていてピーターは花を持っていた。

クリスティーナは告白してキス。しかしキスが下手と告げてまた電話すると話して去る。

ピーターはエンディング後地獄を見たと話す。

しかし2人は付き合っていてイチャイチャ。ジェーンやコートニーも嬉しそうで2人は結婚していた。

所感

下ネタやんけ…

当時大スターだったディアスがよくやったなと思えるくらいの下品なシーンが多い役だったなと思いますね。

とにかく軽い映画で疲れた時にとても見やすい映画です。ブレアがあそこまで振り切ってるのはキューティ・ブロンドからは想像できないね。

ちなみにブレアは今難病の多発性硬化症を患っていて闘病中です。なんとかまたスクリーンに復帰して欲しいね。

おすすめの記事