2014年の映画『インターステラー』を見ました!

この映画は大ヒットしたSF映画ですね!

採点4.2/5.0

あらすじ

近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。

以下ネタバレあり

冒頭ジョセフは墜落の悪夢にうなされていてマーサに声をかけられる。

地球は荒廃してきており、農家のとうもろこしなどは砂嵐でやられる。

息子のトムにも話す農家のジョセフは祖父のドナルドと話す。

ジョセフはマーサとトムと車に乗るがパンクしてしまう。

そこを航空機が通り過ぎてジョセフたちは追いかける。

それはドローンで元空軍のジョセフはハイテンション。

そして湖まで来てジョセフはパソコンでドローンを操作。マーサにもやらせる。

ジョセフは保護者としてトムのテストの結果を先生に聞く。

トムは優秀だが大学進学は難しく、今は食糧難で納付が必要だと言われる。

マーフは優秀であるものの月面着陸を他の子に見せていてそれはウソだと言われる。先生はアポロ計画を信じていなかった。

マーフはこのことで喧嘩をしており、停学を喰らう。

ジョセフはドナルドと話してドナルドはトムならやっていけると話す。

翌日家族で野球の試合を見に行き、後ろから大きな砂塵が来ていた。

その砂塵はかなり強く、みんな帰ってゴーグルとマスクを装着。

マーフは幽霊だと怯えてドナルドはトムを送るから床を掃除しておけと言ってくる。

ジョセフは車に乗り込んでマーフを置いて出かける。

しかしマーフはこっそり乗り込んできてフェンスまで行くが軍に攻撃される。

ジョセフは連行されてマーフはどこだと話すなどこで調べた?と聞かれる。

するとブランド博士が来てマーフに会わせてくれたら全て話すと言うが彼女は無事だと言われる。

ジョセフは会議室に連れてこられてマーフと対面。ブランド教授と対面。

そこは極秘裏の基地で食料を研究して作っていた。

ブランド教授たちは地球を救おうとしており、他惑星に希望を見出そうとして探査船を作っていた。

そして宇宙に行くことを打診されてそのための会議に出る。

マーフは自分を置いていけばいいじゃないかと不満でドナルドとも話す。

ドナルドは守れない約束はするなと話してジョセフはマーフと話す。

そして行く前に仲直りしたいと話して死んだ妻が親は子供たちの記憶の中で生きると話していた意味が分かったと話す。

マーフは拗ねていていかないでほしいと泣くがジョセフは必ず戻ると話す。

ジョセフは宇宙では高速カプセルに入り、帰ったら時間を比べようと話す。

しかしマーフはいつ帰るのか分からないのかとまた拗ねてしまう。

ジョセフはトムとハグして家のことは任せたと告げる。

ジョセフは宇宙へと飛び立ち、ドイルと話している。

ブランド博士も乗り込んでいるがジョセフはあまり馴れ合う気はなさそう。

彼らは中継機機にドッキングしてロミリー博士は酔っている。ブランド教授は娘のブランド博士ことアメリアに帰還を待ってると話す。

アメリアとジョセフは話してついに長期保存の時を迎える。

ジョセフはマーフにメッセージを残して宇宙からの地球は美しいと話す。

ブランドはこのメッセージを届けてジョセフはみんなからのメッセージありがとうを見るがマーフは拗ねてくれない。

ロミリーと話すとワームホールに入るところだった。

彼らは銀河系を抜け出してワームホールに入ると大きな衝撃を受ける。

彼らは先に旅立った博士たちを探しており、ガルガンチュアに近いと話す。

ガルガンチュアとはブラックホールのことで先に旅立ったエドモンド博士とアメリアは恋人かとジョセフは気にする。

彼らは新たな惑星を発見して突入。

彼らはなんとか着陸してみんなその惑星に降り立つことになる。

そして海を進むがめちゃ高い波が来てアメリアはデータを回収。

アメリアはピンチになるがなんとか戻って宇宙船は波に飲まれる。

アメリアとジョセフは喧嘩になり、ドイルは戻れず。

先に着いていたはずのミラーの船は残骸になっていた。

船は壊れてしまい、立ち往生となってしまう。

ジョセフは子供たちに安心してほしいと話して2人はなんとか波から逃げてロミリーと合流するが23年の月日が経っていた。

ロミリーは眠っておらず23年間老け込んでいる。

ジョセフはトムたちからのメッセージを見て涙を流す。

トムはその後結婚して子供のジェシーも生まれていた。

その後ドナルドは亡くなっておりジェシーも亡くなっていた。

トムは自分の声なんて聞いてないんだろ?と言い出す。そしてジョセフのことは諦めると話す。

マーフはもメッセージを送ってきて便りも無くなってから気持ちの整理がついたと話す。

そして誕生日でジョセフが旅立った時と同い年になったと話して通信を切る。

マーフは泣いていてブランド教授も車椅子になっている。

アメリアはブランドからのメッセージを見てみんなは時間をロスしたことを思い悩む。

アメリアはエドマンズの惑星なら生命を維持できると話してマン博士のところには何もないのではないかと話す。アメリアとエドマンズは恋人だった。

アメリアは理論ではなく、エドマンズに会いたいと話す。

しかしジョセフはマン博士の惑星に行くと話してアメリアは席を立つ。

その頃地球ではトムが畑がまたやられたとマーフと話している。

トムには子供のクープも生まれていてロイスと結婚している。

クープは咳き込んでいてまた砂塵が畑を襲ってくる。

アメリアは不機嫌で燃料がないからマン博士がダメならエドマンズのところに行くか地球に戻るかだと話す。

ブランド教授は帰宅になっていてマーフは駆けつける。

マーフは宇宙学者になっていてブランドは彼らが地球に帰ってきても人類は救えないと話す。

マーフはそのことをジョセフも知っていたと知り、見捨てられたと思う。

ブランド教授は息を引き取ってアメリアにマーフがメッセージを送る。

マーフは地球を捨てたのかと話して私たちは餓死するとメッセージを残す。

ジョセフはまたマン博士の惑星に降り立って国旗を見つける。

そして野営地に入るとマン博士のものだった。

マン博士はスリープしておりジョセフと会うと泣き出す。

マン博士は孤独だったと話してこの星は期待できると話すが氷の世界。

アメリアはメッセージを受けて父が亡くなったことを知る。

そしてマーフの恨言をジョセフも聞いてマーフは泣きながら自分を見捨てたのか?と聞く。

アメリアはなんのことかわからないと話すが、マンはブランドの目的は移住ではなかったと話す。

そのためブランドは人間を捨てて種を残すためにジョセフ達を送ったのだった。

ジョセフは納得できず地球に返せとアメリアに話す。

マーフは公表すれば混乱を呼ぶとして父との思い出を話す。

ジョセフは地球に帰るもののロミリーは人類のためにブラックホールに一旦入ることを提案。

そしてデータを転送したら人類を救うことができるかもしれないと話す。

マンとジョセフは惑星を探索してマーフは咳をしている。

マーフは病気になっていてクープにも心配される。

マンはいきなりジョセフを突き落として返すわけにはいかないと言い出す。

マンはここでは生き残れないと話して船を奪おうとしていた。

ジョセフはデータが全てウソだったと知り、マンの惑星には何もなかった。

2人は争いになりトムとマーフも喧嘩。マーフは宇宙に行こうとしていてトムは拒絶。

ジョセフはヘルメットを破られてしまい、マンはその場を去ろうとする。

苦しむジョセフは無線でアメリアに助けを求めてマンはその場を去る。

アメリアは宇宙艦で助けに行き、マーフはその頃車で畑に突っ込む。

ロミリーはデータを解析していたがうまくいかず、マーフは畑にガソリンをつける。

マーフは火をつけて車に乗り込み、なんとかアメリアはジョセフを助ける。

トムは畑が燃えているのを見て慌ててエミリーはデータに不信感を持つ。

ジョセフはマンに騙されたと告げてロミリーはそこから離れろといわれるがその基地は爆破される。

マンは慌ててロボットのTARSはなんとか生きていて交信する。

マンは宇宙船に乗り込んでアメリア達はTARSを拾うがエミリーは亡くなる。

マーフはロイスとクープを家から連れ出してマンを止めようとする。

マンはドッキングしようとするが権限がなく、ジョセフ達は追いかける。

ジョセフはマンに警告するもののマンはドッキングしようとして失敗。

ジョセフは突っ込んでマンにハッチは開けるなとアメリアが説得。

しかしマンはハッチを開けてしまってステーションごと吹き飛ぶ。

ジョセフはなおもドッキングしようとしてなんとか成功。

しかし彼らはガルガンチュアに向かっておりガルガンチュアに突っ込む。

彼らはエドマンズの星に行くことになりギリギリの線で行くことになる。

ジョセフ達はガルガンチュアの地平線をなんとか滑り込んで彼らはTARSを残して飛び立つ。

しかしジョセフは自ら分離してアメリアを残す。

ジョセフはブラックホールに突っ込んでその頃トムは火災をなんとかしようとしている。

ジョセフはなんとか切り抜けるが足元がおぼつかずに急上昇。

そして幼いマーフを見て叫んでマーフは投げられたおもちゃを持って去る。

次元の狭間に囚われたジョセフは彷徨ってなんとかマーフと話そうとする。

マーフは幼い頃に部屋で不可解なことが起こって幽霊だと話していたがそれはジョセフだった。

現代のマーフは何か思い当たったようでノートに書かれた文字を見て幽霊とはジョセフだったことを知る。

ジョセフはロボットのCASEと交信して次元を超越したことを言われる。

ジョセフはマーフに信号を送ってマーフはトムが帰ってきたと言われる。

しかしマーフはジョセフが行く前に渡した時計を見てマーフと時計の針で交信。

マーフはこのことをトムに話してハグ。ジョセフと交信する。

ジョセフはいつか人類がこの次元を作るとCASEに話して次元に巻き込まれる。

そしてその次元の先には宇宙船に乗るアメリアがいてエドマンズと乗っていた。

ジョセフが目を覚ますと病院にいて124歳だと言われる。

ドクターは発見された時酸素はわずかだったと言われる。

そこは新たな惑星で理論を確立し、スペースコロニーを成功させたたマーフに助け出されていた。

土星のラインにある惑星でマーフも健在だった。

マーフは老婆になっており、ジョセフは生家に行く。

TARSも回収されており修理。ジョセフは家族と対面してマーフと会う。

マーフは病床についていて幽霊は俺だったと話す。

そして自分には子供がいるからアメリアの元へ行けと言われる。

アメリアは遠い宇宙で助けを待っており、ジョセフは向かうことになる。

エドマンズはすでに亡くなっており、ジョセフはTARSと向かう。

アメリアはスリープに入り、ジョセフはまたも宇宙へと飛び立つ。

所感

いいぞいいぞ…

幽霊の話は伏線だったのか。マーフがよくやってくれて助かったのは本当に良かったなと言いたくなる。

しかしデイモンさんがあんな悪役をするとは珍しいな。主演でもおかしくないような人やからね。

アメリアはエドマンズが死んでてもジョセフに心奪われてたよね。この2人が帰還して結ばれてもらいたいな。

おすすめの記事