2000年『グラディエーター』を見ました!

この映画は当時大ヒットした映画でラッセル・クロウがアカデミー主演男優賞を受賞しましたね!

採点4.1/5.0

あらすじ

西暦180年、皇帝に絶大な信頼を置かれていた歴戦の勇者マキシマスは、次期皇帝の任を依頼される。しかしその晩、皇帝は息子によって暗殺。罠にはまったマキシマスは、処刑の危機に陥る。

以下ネタバレあり

時はローマ帝国時代。アフリカまで領土を伸ばして平和となった。

マキシマスは草原にいて彼は戦士で戦の時を迎える。

やってきてのは首無しの遺体が乗った馬でマキシマスは軍隊を指揮。

軍隊は敵を倒して行き、マキシマスはめっちゃ強い。

ローマ帝国は勝利してコモドゥスはルシッラと話している。

コモドゥスは駆けつけて勝利を祝福するがマキシマスには冷たい。

宴となりクィントゥスと話して妻子の待つ村に帰ると話す。

マキシマスは農民が元で農業をしていた。マキシマスはコモドゥスに協力して欲しいと言われる。

マキシマスは皇帝に呼ばれて兵たちは凍えていると提言。皇帝は平和を望んでいた。

マキシマスはローマに戻るように言われて拒否するが戻ることになる。

マキシマスは皇帝にローマの腐敗を正してほしいと言われるがコモドゥスのことは信用してない。

ルシッラはマキシマスにコモドゥスが皇帝になったら仕えるのか?ととう。

ルシッラはコモドゥスの姉であまりコモドゥスを信用してない。

コモドゥスは皇帝の座は継がせないと言われてマキシマスに実権を移すと父に言われる。

コモドゥスは落胆するが父に愛を告げて父も愛していたと話す。

コモドゥスはそのまま強く抱きしめて皇帝を殺害。

マキシマスは皇帝の亡骸に対面してコモドゥスは自分に忠誠を誓えと話す。

ルシッラはコモドゥスをビンタしてマキシマスも忠誠を拒否。

マキシマスはクィントゥスに捕まって逮捕、処刑されることになる。

マキシマスは翌日縛られて林の中に連れてこられて処刑を迎える。

しかしマキシマスは抵抗して兵士を殺害して脱走。

マキシマスはフラフラになりながら馬に乗って道を進む。

マキシマスの妻子は兵士たちが来てマキシマスが来たと思って出迎える。

マキシマスは家に向かって馬を走らせるが振り落とされてしまう。

マキシマスは荒らされた我が家に来てガッカリと膝をつく。

妻子は焼かれて吊るされており、マキシマスは涙を流す。

マキシマスは部族のジュバに助けられて傷の手当てを受ける。

そこは砂漠地帯で彼らは奴隷として運ばれてきていた。

ズッカバールに来たマキシマスはジュバとマキシマスは奴隷として買われる。

彼らはグラディエーターとして呼ばれており、戦いをさせられる。

雇い主はマキシマスたちをコロッセオで戦わせる。

そして男として名前を残せと言われて戦いが始まる。

大観衆の中男たちは生き残るために戦う。ジュバとマキシマスは協力して生き残る。

コモドゥスはローマに期待して元老院のグラックスは出迎える。

ルシッラはとても不満そうでコモドゥスはかなり傲慢。

コロッセオは大盛況でグラックスも見に来ている。

コモドゥスは圧政を強いていてマキシマスは無類の強さを見せるが楽しいか?と剣を投げつける。

コモドゥスはローマで闘技を開催することになる。

マキシマスは5年間経っていて観衆を味方につければ自由になれると言われる。

ジュバとマキシマスはローマに来てコモドゥスはルシッラに元老院の解散を目論む。

コモドゥスはかなり子供っぽく、暗闇を怖がる。

ルシッラの子供のルシウスはマキシマスに話しかける。

マキシマスは戦いを迎えて兜を被る。

コモドゥスも見に来ていてマキシマスは彼を見つめる。

マキシマスはみんなに共闘を持ちかけてローマ帝国からの刺客と戦う。

初めの刺客は騎馬隊でマキシマスたちは固まって攻撃を防ぐ。

そして盾で馬をこけさせて一気に形成逆転する。

マキシマス達は勝利を収めてコモドゥスは悔しそう。

コモドゥスは降りてきてマキシマスは声をかけられる。

彼は暗殺しようとするがルシウスがいるので殺さず、名前を問われて兜を取って顔を見せる。

ルシッラやコモドゥスはびっくりしてマキシマスはコモドゥスに復讐を果たすと告げる。

コモドゥスは驚愕してその場で殺そうとするが大歓声に押されて見逃す。

マキシマスは歓声に応えてコモドゥスは処刑したはずだとルシウスはに漏らす。

ルシッラはマキシマスに会いにきてマキシマスは手錠をつけられる。

マキシマスは怒りをぶつけてルシッラはコモドゥスを恐れてると話してルシウスの身を案じている。

ルシッラは元老院の1人にあってほしいと言われてコモドゥスに反旗を翻そうとする。

しかしマキシマスは2度と来るなと話して翌日マキシマスとジュバは話す。

マキシマスはベテランの剣闘士との試合をしてトラも放たれる。

マキシマスはトラを刺し殺して相手の足を斧で突き刺す。

民は殺せとコールしてコモドゥスも命じるがマキシマスは拒否。逆に賛辞を受ける。

しかしマキシマスは囲まれてコモドゥスも出てくる。

マキシマスは殺す相手は1人だけだと話して妻子を殺した時のことを挑発される。

マキシマスはじきに威を誇る日も終わると告げて頭を下げて去る。

マキシマスは元部下のキケロに話しかけられて民衆のヒーローとして迎えられる。

そしてキケロに自分が生きていると伝えろと話す。

マキシマスはキケロとまた話して軍隊は自分に従うと言われる。

キケロはルシッラの馬車に声をかけて話を聞いてもらい、軍隊を動かしてほしいと話す。

ルシッラはマキシマスと話してグラックスにあわせる。

マキシマスは抜け出して軍隊を率いてローマを攻めたいと話す。

そしてコモドゥスを倒すからローマのことは任せると話す。

グラックスは信用してコモドゥスはルシッラにグラックスとあったのかと詰問。

コモドゥスはルシッラを寝かせて愛していると告げる。

マキシマス達は夜外に出ろと言われてルシッラからグラックスが逮捕されたから逃げろと言われる。

キケロが馬を用意していてルシッラはマキシマスに愛を告げる。

2人はキスして去り、ルシウスはコモドゥスにマキシマスになると話す。

コモドゥスはルシッラの裏切りに感づいていてマキシマスはみんなに自分は去ると話してみんなはマキシマスが帰るまで耐えると話す。

マキシマス達は兵士と戦闘になりマキシマスはキケロとの待ち合わせ場所に来るが彼は吊るされて殺されてしまう。

マキシマスは囲まれて捕らえられてしまう。

ルシッラも裏切り者として捕らえられてコモドゥスに自分の子を産めと言われて涙を流す。

コモドゥスはキスしようとするがキスして叫び、マキシマスに会いに来る。

コモドゥスは決闘を申し込んでナイフを突き刺す。

マキシマスとコモドゥスは闘技場に現れてマキシマスは傷を負った状態で戦う。

しかし剣を弾いてコモドゥスは剣をなくす。

マキシマスは剣を捨ててコモドゥスは隠していた短剣で戦うがボコボコに。

マキシマスは首を突き刺してコモドゥスを殺害する。

マキシマスは将軍に復職しろと言われて先代皇帝の意思を継ぐことに。

マキシマスはそのまま倒れてしまい、ルシッラは駆け寄る。

そしてルシアスは安全だと告げてマキシマスは妻子の待つ天国へ。

グラックス達は解放されてまたローマを信じようと話す。

ジュバやルシウスはマキシマスの遺体を担いで闘技場を後にする。

ジュバはマキシマスを埋めていつかと呟き、闘技場には朝日が差し込む。

所感

壮大…

すごい大きな物語やね。クロウの代表作なんですけどとても壮大で歴史作品としてものすごくよくできています。

もちろん史実ではない。コモドゥスは最悪の皇帝の1人として知られていて暗殺されちゃった人だよね。

元老院に嫌われていたのも事実で死んだ後にとても大罪をつけられていたことでも有名。スカッとしたわ。

おすすめの記事