2002年の映画『メラニーは行く!』を見ました!

この映画リース・ウィザースプーン主演のラブコメですね!

採点4.0/5.0

あらすじ

メラニーはニューヨークで活躍する若手ファッション・デザイナー。恋人のアンドリューは富豪にしてニューヨーク市長の息子。仕事もプライベートも誰もが憧れるパーフェクトな毎日を送っていた。そして新作コレクション発表の当日、ショーを無事終えた彼女は貸し切りのティファニーでついにアンドリューからプロポーズを受けるのだった。まさに人生最高の瞬間、のはずが、1つだけ気がかりなことがあった。彼女には故郷アラバマに、高校時代はずみで結婚してしまい、以来いまだに離婚に応じてくれない戸籍上の夫ジェイクがいたのだった…。

以下ネタバレあり

冒頭アラバマに住むメラニーは幼く、ジェイクと遊んでいる。

ジェイクは10歳でプロポーズして2人はキスする。

しかしそのとき稲妻が落ちてきて引き離され、成人になったメラニーは目を覚ます。

彼女はキャリアウーマンになっていてニューヨークでファッションデザイナーとして働いていた。

メラニーはアンドリューと付き合っていて帰宅すると部屋にたくさんの薔薇があり、メッセージを受ける。

メラニーにはライバルのフレデリックがいてからは良い人のゲイ。

アンドリューは市長の息子の有名人で完璧な彼氏。プロポーズを目前に控えていた。

2人はラブラブでキスしてメラニーは幸せそう。

メラニーは車で待つがアンドリューの運転手に連れられて建物の中に入るとアンドリューがいた。

アンドリューはアイルランド旅行をクリスマスに提案して真っ暗な部屋の明かりをつけるとそこは指輪屋だった。

アンドリューはメラニーにプロポーズしてメラニーはまだ8ヶ月だと話す。

しかしアンドリューは食い下がってメラニーはイエスと答えて2人は結ばれる。

アンドリューの母で市長のケイトは怪訝で車の中でメラニーとアンドリューはラブラブ。

メラニーはしばらく2人だけの秘密にしたいと話して少し噛み合わない。

彼女は7年間親と会ってないらしく、実家には1人で行くと話す。

2人はケイトと会ってメラニーはあまり良く思われてなさそう。

ケイトは指輪を見て婚約したのかと怒り出してマスコミにもバレてしまう。

2人の結婚はみんなに知れ渡ってゴシップ誌を賑わせる。

メラニーは地元のアラバマ州に帰ってきて指輪を外して車を降りて実家に帰宅。

そこにはジェイクがいてさっさと離婚しろと話す。

メラニーは実はジェイクと婚姻関係にあり、戸籍上の夫婦。

メラニーは離婚届を持ってきてジェイクに辛辣に当たる。

ジェイクは頑なに離婚をは拒否して喧嘩になる。

ジェイクはメラニーに親と会ってこいと諭して家の中へ入る。

メラニーはしつこく話して家の中にスペアキーで侵入。

ケイトはメラニーの経歴を調べて裕福な生まれと書かれているが記録は残っておらず疑う。

そしてメラニーの実家に行くため、アンドリューに電話。徹底的に調べようとしてくる。

メラニーは保安官のウェイドを呼ばれて彼とは仲良し。

抱きついてジェイクはめっちゃ嫌そうな顔をする。

ウェイドは家に押し入ってはダメだと話して連行しようとする。

しかしウェイドは2人が夫婦であることから侵入ではないと話してたいほせず。

2人は昔の悪さを言い合ってメラニーは昔ウェイドの母のトラクターを沈めた罪で逮捕されてしまう。

メラニーは母のパールに電話して父のアールとも話す。

そしてアールに迎えに来てもらい、実家に帰省する。

アールはジェイクを気に入ってるようでメラニーにパールと喧嘩。

ケイトはアンドリューに愛だけで結婚してはならない、世間体も大事だと話す。

メラニーは急いで離婚しようとしており、弁護士に電話するが男にナンパされる。

それはボビーでメラニーと仲良しの男だった。

メラニーはドロシアと会い、ウェイドと結婚していた。

メラニーは共同講座を持つジェイクを利用することにして妻として家で振る舞う。

ジェイクは勝手に家をリフォームされていて勝手に金を使われたと知る。

彼はアンドリューと婚約したことを知っており、メラニーはショック。

ジェイクは離婚届にサインしようとして弁護士に相談すると言い出す。

メラニーはアンドリューに電話をかけてメラニーは雑誌でべた褒めされていた。

そして田舎のライブハウスに来て昔の友達と会って話す。

そこにはジェイクがいて、スターという女とビリヤード。

ジェイクは鬱陶しそうなメラニーに応対してメラニーは離婚してくれないのと話す。

メラニーはみんなに歓迎されるが昔とは違うと話す。

ビリーもそこにいてビリヤードを楽しむ。

メラニーは初めてジェイクと関係を持った日に妊娠したと明かす。

ビリーとも喧嘩になってしまい、メラニーはみんなから浮いてしまう。

メラニーはみんなにこんな生活で満足なのかと喚いてジェイクに連れ出される。

2人は外に出て喧嘩になり、メラニーは車に乗せられて吐いてしまう。泥酔したメラニーはジェイクに連れられて実家へ。

翌朝目覚めると離婚届が枕元にあり、ジェイクはサインしていた。

メラニーはどこか浮かない様子でアールは朝からコスプレ。

メラニーはジェイクに会いに来てジェイクは辛く当たる。

メラニーはお金は返しておいたと話してジェイクは引っ越すと話す。

そしてサインしたと話してメラニーは傷つける気はなかったと話す。

ジェイクはプロペラ機に乗ろうとしており、メラニーはボビーを探しに行く。

そして警察署に住所を聞きにくるがナマズを盗まれたとして警察に怒られて、ボビーの場所を教えてもらう。

メラニーはボビーに会いに来てそこはめっちゃ豪邸。

ボビーは君はジェイクだけではなく、仲間も捨てたと話して冷たく接する。

メラニーは去る彼にさよならと呟いてニューヨークに帰ろうとする。

しかしそこを出ようとすると新聞記者が来ていて写真を撮られる。

メラニーは裕福な家庭であることを装ってボビーの家を自分の家と紹介。

しかしボビーが来てしまい、ボビーもいとこだと話して取りなしてくれる。

そして家を紹介してくれてなんとか納得させる。

ボビーは嬉しそうで少し仲直り。ニューヨークに帰れと言われるがメラニーはは帰る前に昨夜の店の主人のメイに謝罪。

そしてジェイクがニューヨークにかつてメラニーを探しに行っていたことを知る。

ジェイクはまだ彼女を愛しており、だから離婚しなかったのだった。

夜ジェイクはボビーと祭りに来てメラニーと会う。

メラニーはジェイクと話したそうだがジェイクは話しかけずに見守る。

メラニーは街の仲間を使って話しかけてジェイクがオシャレだとみんなに言われてメラニーはびっくり。

ジェイクはルーとダンスしてメラニーはその旦那のクリントンとダンス。

そして入れ替わってメラニーはジェイクと目が合い、ダンスをしそうになるがメラニーは話したいと言う。

しかしジェイクは背を向けて、クリントン達に遊びに誘われる。

メラニーは墓場を訪れて自分の赤ちゃんを見舞い、来なかったと涙を流す。

すると後ろからジェイクが来て自分のせいだと話したと話す。

2人は落ち着いて話をしてジェイクはもし妊娠してなかったらどうした?と聞いて仕方のないことだったと認める。

メラニーはこのことを気にしていてジェイクは1人でよく頑張ったと話して2人はキスをする。

メラニーは帰ることになり、親に2度目の結婚は失敗するなと怒られる。

メラニーはアールが参加している戦争ごっこに来てジェイクは車を走らせる。

そしてアンドリューが来ていてボビーの家で応対。

アンドリューが婚約者だと知り、ジェイクは家が違うと指摘。

ボビーが出てきてメラニーの婚約者だと紹介。

ボビーはしどろもどろで応対してジェイクは彼をメラニーのもとに案内することに。

ジェイクはメラニーが昔銀行を爆破したことを明かしてメラニーはイベントを見届ける。

するとアンドリューが来てキスするがびっくり。

ジェイクは嘘の人生は疲れるだろ?とメラニーに話して去る。

メラニーはジェイクが元旦那だと明かしてアンドリューは困惑。

そこにアールが来てコスプレをしている彼に幻滅。アンドリューは去る。

メラニーは追いかけて昔の自分とは違うと話すがアンドリューは取り合わない。

メラニーは実家に帰り、落ち込んでアンドリューが家に来る。

アンドリューはメラニーの過去を受け入れ、メラニーの未来に自分の居場所はあるか?と聞く。

メラニーはハグして2人はよりを戻すことになる。

ニューヨークで式をあげたいと話すアンドリューにメラニーはアラバマであげたいと話す。

これにはアンドリューは困惑するが受け入れる。

しかしアンドリューがニューヨークでケイトに話すとケイトは受け入れない。

ケイトは自分の票のためにメラニーの出自を気にするがアンドリューは食い下がる。

ケイトは結婚を認めて2人は結婚式の準備を進める。

ジェイクはメラニーからの電話に出ず、メラニーは結婚式をアラバマで迎える。

メラニーはジェイクを訪ねていくが家はメラニーが昔求めていた綺麗なガラス食器の店になっていた。

ジェイクはメラニーと会ってメラニーは電話したと話す。

メラニーは寂しそうでジェイクは身を引いて去る。

ウェイド達はダイナーにいるとメラニーを探している老人が来る。

アンドリューとケイトはアラバマに来て両親が応対。

老人はシュフォードで結婚式にも乗り込んでくる。

ジェイクはやるせなく、家にいると母に声をかけられる。

パールは夢のような生活を送れと話して、メラニーは準備をするが浮かない顔。

結婚式は雨模様でメラニーはアールに付き添われて歩く。

しかしそこにシュフォードが来て離婚届にメラニーのサインがないと話す。

メラニーはまだ離婚しておらず、まだ選択感があった。

ケイトとアンドリューはサインを促してメラニーはペンを求める。

するとジェイクの母が来てペンを渡してわざとか?と聞く。

メラニーはサインしそうになるが書けず、アンドリューに自分なんかも結婚しないでくれと話す。そして結婚できないと話して式は取りやめに。

アンドリューはショックだが笑顔を見せてケイトは笑い者になったと糾弾。

しかしアンドリューは承諾して背中を向ける。

ケイトは詰め寄り息子に謝れと話して、パールは正直に話したのにと言い返して喧嘩に。メラニーはパンチをケイトに入れる。

雨が降り出してくるがメラニーはみんなとともにジェイクの元へ。

メラニーはいつかの二人で雷に打たれた浜辺に来てジェイクを見つける。

そして声をかけてまだ夫婦なのと話して初めてキスした人と死ぬまで一緒にいたいと話す。

ジェイクは背中を向けるが捻くれ者!と言われてなぜ結婚したいのかと聞く。

メラニーはいつでもキスできると話して2人はキス。ついに結ばれる。

するとウェイドが来てメラニーはうまそうなケーキを放棄した刑で怒られる。

2人はその後結婚式を挙げてバーでみんなに見守れるながらキスをする。

ジェイクとメラニーはその後子供も生まれてアラバマで幸せに暮らす。

所感

良いねいいね…

王道展開なんだけどよかった。ウィザースプーンはやはりキュートだな。この時子供がいるなんて信じられない。

まぁラブコメに関してはこの人は上手いよね。キューティ・ブランドも良かったしコメディ系が上手いわ。

いい話だったし、やはり過ごしやすいところで過ごしやすい人といるのが幸せだよな。自分を作るよりもね。

おすすめの記事