2004年の映画『サイドウェイ』を見ました!

この映画は多くの話題を呼んだ作品ですね!

採点4.2/5.0

あらすじ

作家志望のマイルス(ポール・ジアマッティ)と売れない役者のジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は、ジャックの結婚祝いを兼ねてカリフォルニアのワイナリーを巡る旅に出発する。

以下ネタバレあり

冒頭マイルスはモーテルにいて車を動かせと言われる。

彼は小説家志望のダメ男でとてもだらしない。

そしてジャックに会いにきてジャックは豪邸に住んでいる。

そして本を出版する話になるがまだ決まってないと話す。

ジャックとマイルスは趣味のワインを巡る旅に出る約束でジャックはもうすぐ結婚。

マイルスは運転しながらワインを飲んでワインツアーに出かける。

2人はマイルスの母の家に寄り道してジャックは俳優だった。

そして2人は夕食を取り、マイルスはへそくりから金をせしめる。

マイルスはバツイチで翌日ジャックを起こして出発。

そしてダイナーで食事を取り、女のことを話している。

ジャックは遊び人でマイルスに女と遊べと話す。

そして先に進んでワイナリーでマイルスはワインの飲み方をジャックに教える。

そしてホテルについて荷物を置いてジャックは結婚するのは間違いかな?と悩む。

マイルスはクリスティーンとの結婚を後押しして自分の経験を話す。

そしてバーに来てワインを飲んでそこで美人のマヤにマイルスは目を奪われる。

マイルスは前から彼女に恋していてマヤは既婚者。

マヤは話しかけてきてジャックはマイルスをけしかける。

マヤは上がる時間になり、店でタバコを吸っている。

マイルスは近くに呼んでジャックはマヤとベラベラ話す。

しかしマイルスはうまく話せず、帰宅する途中でジャックに怒られる。

翌日2人は北部のワイナリーを回ることになる。

しかしジャックは女をナンパしたいと話して暗いマイルスを注意。

2人はワイナリーを回って飲みまくり、飲酒運転もバンバン。

そしてワイナリーでステファニーと出会ってジャックはナンパ。

しかしマイルスはワインを酷評してステファニーはマヤと友達。

マヤは離婚しているらしく、ジャックはマヤとステファニーを入れて飲むと話す。

ジャックはヴィクトリアが再婚したとマイルスに話してマイルスはショック。

マイルスは失意で車に乗り込んで家に帰ると話す。

ジャックは励ますもののマイルスは卑屈になる。

そして元妻のヴィクトリアと話したというジャックに怒ってボトルを持って逃げる。

ジャックは追いかけてマイルスを車に乗せてモーテルへ。

そしてジャックはマイルスを起こして女をナンパしにジャグジーに誘う。

ジャックはマイルスをバーに連れてきてそこにはマヤとステファニーがいた。

マイルスとマヤはワインで盛り上がってステファニーとジャックは良い感じ。

マイルスはそのあとヴィクトリアに電話をして再婚を祝う。

ヴィクトリアはマイルスの長話に付き合ってすごくめんくらったとマイルスは話す。

マイルスは先に戻って女性2人は席を外す。

ジャックはマイルスを叱りつけてマヤに目を向けろと話す。

ステファニーは2人を家に誘って4人はステファニーの家へ。

マイルスはマヤとワインの話をして元妻の話もする。

そして2人で座って話してステファニーとジャックはお楽しみ。

マヤは小説のことを聞いて小説はマイルスの実体験に基づいた脳卒中の父の介護の話だと話す。

マヤは園芸学の学位を取るために勉強していて大学に通っていた。

2人は外に出てマヤはワインのこだわりを聞く。

そして通な話になりマヤは元旦那はワイナリーのオーナーだと話す。

マヤは旦那はニセモノだと見抜いたらしく、ワインは生きていると話す。

そしてマイルスの手を握ってマイルスは話を続けて恋に臆病。

そしてトイレに退散してマヤはとても寂しそう。

トイレから出るとマイルスはマヤにキスしてマヤも嬉しそう。

マイルスは帰宅することになりマヤが道案内。

マヤは別れ際にまたねと話して、マイルスはマヤに原稿の入った箱を二つ渡す。

マイルスは朝起きるとクリスティーンから電話が来ていてジャックは不在。

ジャックはステファニーはサックス好きだと帰宅するなり話す。

ステファニーは外で待っていてジャックはハイキングへ。

マイルスは予定のゴルフに1人で行けと言われてマイルスは行かないと話す。

そしてダメ男と言われるとジャックにクリスティーンからの電話を取るように話す。

ジャックは渋々電話することになりマイルスはステファニーにマヤに電話するように勧められる。

ジャックはステファニーと出かけてマイルスは寂しそう。

彼はモーテルで1人で過ごしてゴルフに行くが冴えない。

そしてモーテルに帰るとジャックとステファニーが関係を持っていた。

バーで1人で飲んでいるとジャックが来て結婚式を延期しようとしていると話す。

彼はステファニーに惚れてきていてマイルスは辟易。

ジャックは引っ越してワイン畑を買おうと話してマイルスを誘う。

するとそこにステファニーが来てジャックを誘って2人はボーリングへ。

ジャックはステファニーを送ることになりマイルスは1人で帰宅し、ポルノ雑誌を買う。

そしてモーテルで一人でポルノ誌を読んでマヤが働くバーに来る。

しかしマヤはおらず、不機嫌になり酔いながら帰宅する。

翌日マイルスはジャックとゴルフに来てマヤに会えなかったことを話す。

ジャックはマヤはマイルスを好きだと話して出版の話は不透明に。

マイルスは他の客からせかされてゴルフを打ち込んでジャックはクラブを振り回して威嚇。

ジャックはマヤとマイルスを応援していて作家の夢も捨てるなと話す。

するとステファニーから電話が来てマヤとステファニーと合流。

マイルスはご機嫌になりワイナリーの見学に。

4人は抜け出したワイナリーの中に入るとそれぞれ話している。

そしてステファニーの家に来てステファニーは実は子持ち。

マイルスはマヤと車に乗って微笑んでいる。

そしてマヤの家に行き、玄関で2人はキス。そのまま中に入って朝を迎える。

2人は翌日街でデートしてマヤは試飲会があるから週末も残れば?と話す。

マイルスは口が滑ってジャックの血痕を離してしまい、マヤは怒り出す。

マヤは自分は偽りの結婚をなんとか振り切ったと話してマイルスも離婚した後に付き合った女はおらず、愛を告げるがマヤは去っていく。

マイルスはモーテルにはカエルとジャックがハグしてきてマヤとのことを聞いてくる。

しかしマイルスは不機嫌でジャックはクリスティーンの電話に出る。

マイルスは試飲会に来て出版社から電話を受ける。

出版は見送られることになりマイルスはがっかり。

怒ったマイルスはワインをがぶ飲みしてワイナリーの店主に突っかかる。

ジャックはマイルスを連れ出してジャックはもう一冊書けと話す。

しかしマイルスは絶望しておりジャックはステファニーと会いにくる。

しかしステファニーは会うなりジャックを殴り飛ばして結婚のことがバレていた。

ジャックはマヤに言ったなとマイルスを責めて血塗れ。

マイルスはジャックを病院に連れてきてマヤに電話。

留守電で過ごせて楽しかったと話して出版はされないと話す。

ジャックは鼻の骨が折れてしまい、2人はディナーを取りに行く。

ジャックはそこでまた女を口説いてマイルスは呆れて1人で帰宅。

ジャックは裸で外で待っていてマイルスはドアを開ける。

そして相手が人妻で旦那が関係中に帰ってきて走って帰ってきたと話す。

マイルスは笑ってジャックは財布などを忘れたから戻ると話してジャックはクリスティーンだけは失いたくないと切実に話す。そして財布に指輪が入ってるらしい。

マイルスは協力することになり相手の家に到着。

そしてマイルスが乗り込むことになり家の中に入る。

家の中では旦那とその奥さんが関係を待っていてその部屋にジャックの財布を見つける。

マイルスはダッシュで逃げて旦那は裸で追いかけてくる。

2人は旅を終えることになりジャックは疲れて寝ている。

ジャックは帰り際に結婚式にマヤを呼べば?と話すがマイルスは合わせる顔がないと話す。

ジャックは車を運転するが鼻の骨を取りなすために車を木に激突させてマイルスは激怒。

積んでいたワインは割れてしまい、車をボロボロにして帰る。

2人はジャックの家にたどり着いてハグ。ジャックはクリスティーンに迎えられる。

そしてジャックは結婚式を迎えてクリスティーンと結婚。

ヴィクトリアも式に来ていてマイルスは声をかけられるが彼女は旦那のケン同伴。

ヴィクトリアは妊娠していてマイルスは取りなすががっかり。

そして披露宴には顔を出さずに1人で別方向に車を走らせる。

そして帰宅すると1人でダイナーで食事して大事にしていた年代物のワインを飲む。

その後マイルスは教師として悶々と過ごして帰宅すると留守電がマヤから来ていた。

マヤはじっくり考えたと話して本を読んだと話す。

出版されなくても美しい話だと話して結末がわからないと言われる。

そして近況を話されてマイルスは卒業間近のマヤの家に行き、ノックしたところで物語は終わる。

所感

終わり方よぉ〜…

終わり方いいなぁ。期待させといてどうなるかはあとは見ているみんなに委ねてくれるパターンやね。

ちなみにジャック役のチャーチさんはこの役が当たり役。かなり遅咲きになったけどスパイダーマンのサンドマンに出てましたね。

なかなか引き込まれる良い映画だった。酒は詳しくないけどすれ違う2人が結ばれそうでよかったよ。

おすすめの記事