2002年の映画『スター・ウォーズ クローンの攻撃』を見ました!

この映画はシリーズ2作目ですね!

採点4.2/5.0

あらすじ

青年へと成長したアナキン・スカイウォーカーはオビ=ワン・ケノービの指導の下、フォースの力を習得し優秀なジェダイの騎士となるべく修行に励んでいた。その頃、銀河元老院では、ドゥークー伯爵の画策により、数百もの惑星が一斉に共和国からの脱退を宣言する。これにより、ジェダイだけでは銀河を統治できないと判断した元老院では、クローン軍隊の是非を問う重要な投票が行われようとしていた。この会議に出席するため惑星コルサントに向かっていたナブーの元女王アミダラは、途中で何者かに命を狙われる。オビ=ワンとアナキンはこの事件の調査のためナブーへと派遣されるのだったが……。

以下ネタバレあり

ドゥークー伯爵は銀河系の複数の惑星を共和国から脱退させる。

パドメは劣勢となったジェダイを救うために議会に復帰することを決断。

パドメはコルサントに来るものの船は破壊されてしまう。

身代わりのコーデは死んでしまい、パドメは心を痛める。

パルパティーンはジェダイマスター達と会談してウィンドウはジェダイだけでは共和国を守れないと話す。

ヨーダ達は戦争になることを危惧しておりパドメは犯人は元ジェダイのドゥークー伯爵だと話すがウィンドウ達は否定。

パドメには護衛が付けられることになりオビワンが指名される。

アナキンは成人しており、オビワンはマスターに。

2人はパドメに会いに来てアナキンは緊張。

ビンクスは2人を見て大喜びでアナキンとパドメは再会。

護衛のタイフォも挨拶してアナキンはパドメの命を狙う奴を捕まえると話す。

オビワンは議会の決定に従えと話してアナキンは怒られる。

アナキンはビンクスにパドメが自分を忘れていたと話してビンクスはパトメは嬉しそうだったと話す。

暗殺者のザムは猛毒を持ってオビワンとアナキンは護衛を行う。

アナキンは母のシミのことを考えていていつも夢を見ていた。

オビワンはパドメを想うアナキンに起きて違反だと注意。

パドメの寝室にはザムの放った偵察ドロイドが来ていて毒のムカデを放つ。

R2-D2は反応が遅れ、虫は忍び寄ってくる。

2人は音で気づいて部屋に入って虫を倒すとオビワンがドロイドに飛び乗る。

オビワンはドロイドに捕まって空を飛んでアナキンは宇宙船で追いかける。

ザムはオビワンを撃ち落としてアナキンは助けに行く。

2人はザムを追いかけるがとりにがしてアナキンは独断で飛び降りてジムの船に飛び乗る。

しかしアナキンはライトセーバーを弾かれてオビワンが回収。

船をブラスターで破損させて撃墜させる。

ザムは逃げてアナキンはその後を追いかけてくる。

オビワンも追いかけてきてアナキンはクラブにいると話す。

オビワンはフォースを落ち着いて使えと諭してアナキンは変幻自在だと話す。

オビワンは一杯飲むから探せと話して別行動。

ザムは銃を持ってオビワンに近づくが腕をライトセーバーで斬られる。

ザムは捕らえられて雇い主の名前を家と話すがその前にその雇い主にザムは消される。

オビワンは評議会でその賞金首を捕らえろと言われてアナキンがパドメの護衛でナブーへ行くことになる。

アナキンはパルパティーンを説得することになりパルパティーンはアナキンを目にかけていた。

パルパティーンは自分の思うままに行動しろと話してヨーダはアナキンは力を過信してると心配。

パドメは議会をビンクスに任せることになりアナキンと合流。

アナキンはオビワンが自分の意思を無視すると話して不満を漏らす。

アナキンはパドメを想っておりパドメも薄々感づいている。

パドメは侍女のドルメとオビワンを送り出してアナキンと先に進む。

オビワンは友人のデックスと話して賞金稼ぎの残した武器の毒矢を見せる。

これはクローンを作っている奴らが使っていると話してカミーノという惑星にあると言われる。

そしてカミーノの惑星は排他的だと話してオビワンは図書館へ。

カミーノを調べることになるがそんな惑星は存在しないと言われる。

アナキンはパドメと食事を取り、パドメも好きなところにいけないと話して不満を漏らす。

アナキンはジェダイでは愛を禁じられていると話す。

オビワンは子供達を教えてるヨーダのところに来て子供達は誰かが図書館の記録を消したのだと話す。

ヨーダはオビワンにカミーノの座標に行けと話して背中を押す。

そしてデータが消されたことを不審に思いジェダイしかそれはできないと話す。

パドメは若いため女王に自信がなかったと話してアナキン同伴で会議。

オビワンは宇宙に乗り出してカミーノにたどり着く。

カミーノは雨の降る惑星で海に囲まれた施設に着く。

そして首相が待っていると言われて何年も待っていたと言われて案内される。

スー首相はすでに殺された議員を気にしておりクローン軍を紹介。

パドメとアナキンはナブーの別荘に来て水に囲まれたところに来る。

アナキンはパドメに触れて2人は見つめ合いキスする。

しかしパドメはいけないと話してオビワンはその頃クローン兵を見る。

クローン兵は生きていて施行できる兵士で普通の成長速度よりも速い。

クローン軍はとても多く、統率も見事に取れていた。

アナキンとパドメはピクニックしてパドメは初恋の相手のことを話す。

そして広大な草原で遊んでからかいあってじゃれあう。

オビワンはクローンの少年のボバと出会って兵士のジャンゴと話す。

オビワンはクローン技術を称賛してコルサントに来たか?と尋問。

そしてサイフォという議員を知ってるか?と聞いてボバは扉を閉めて防具を隠す。

ジャンゴは知らんと話してオビワンは疑っている。

オビワンはクローン兵が戦うところを見たいと話して去る。

ジャンゴはボバに出発だと話して、アナキンとパドメは食事して仲を深める。

アナキンは夜パドメを想わない日はなかったと話して愛を告げる。

パドメに判断を委ねると話してパドメは自分たちの立場を考えろと話す。

そして感情に流されると取替につかないことになると話すがアナキンのことを想ってることは否定しない。

アナキンはパドメに愛を告白するがパドメは流されてはいけないと話し、アナキンは秘密にすれば良いと話す。

パドメはそれもできないと話してアナキンも納得。

オビワンはクローン軍の襲撃の準備ができていると聞いて帰ることに。

そしてヨーダとウィンドウと話してジャンゴが暗殺者でクローン兵のことを話す。

ヨーダ達は暗殺事件にカミーノとクローンが絡んでるかもしれないと睨む。

ヨーダはジャンゴを連れてこいと話してアナキンはやる悪夢に苛まれる。

パドメは翌朝心配してアナキンはシミの夢だと話す。

シミは辛い目に遭っているのが見えたと話してパドメを置いてでも助けにいかなければならないと話す。

パドメも行くと話すがアナキンは断り、オビワンはジャンゴを捕らえにくる。

ジャンゴはボバを船に乗せてオビワンと戦闘。

オビワンはミサイルを打たれてピンチになりケリでジャンゴを蹴り飛ばし、肉弾戦になる。

ジャンゴはワイヤーで引き摺り回してくるがジェットはフォースで壊される。

2人は落ち掛けるがジャンゴはワイヤーを使ってオビワンもそれを掴む。

しかし落とされてしまい、なんとか橋に引っ掛けてジャンゴはその隙に逃げる。

オビワンは追いかけて宇宙船に発信機をつける。

ジャンゴ達は逃げてアナキンとパドメはタトゥーインへ向かう。

そしてワトーと話して彼はすっかり落ちぶれていた。

シミは売ったと話してどこかの嫁に行ったと話す。

オビワンはジャンゴ達を追いかけて惑星の屑のところに来てジャンゴ達は発信機をつけられたことを知る。

ジャンゴはオビワンを攻撃して惑星の中のシェルターへ。

オビワンはやり過ごしてジャンゴを追い、惑星に着く。

アナキンはパドメとワトーに追われた場所に来るとC3POと出会う。

そして中に案内されてオーウェンと話す。

オーウェンの父のクリーグはシミを買った者でシミはタスケンレイダーに攫われたと話す。

クリーグは助けに行ったものの仲間もやられて足を失い、1ヶ月も経ったと話す。

アナキンは望み薄と言われがながらも助けに行くと話してパドメはアナキンにハグ。

そしてアナキンは単身でタスケンレーダーの巣窟に向かう。

オビワンは惑星ジオノーシスで潜入してドロイドが製造されているのを見る。

そこにはドゥークー伯爵がいて通商連合の総督達と話しておりパドメを狙っていた。

彼らは同盟を様々な国と結んでおり、ジェダイを破滅させようとしていた。

アナキンはタスケンレーダーの巣窟までたどり着いて捕らえられたシミを発見するがシミはボロボロ。

なんとか助け出すが虫の息でシミはアナキンであることを確認して成長を喜ぶ。

そしてもう心残りはないと話してアナキンに愛を告げて息を引き取る。

アナキンは看取って涙を流し、激しい怒りをタスケンレーダーに向けて皆殺しにする

ヨーダはアナキンの不穏な空気を感じ取りウィンドウと話す。

そして何か恐ろしい事が起こったと話してオビワンはヨーダ達と通信しようとする。

そしてアナキンを中間しようとするがナブーにいないことに気づく。

タトゥーインに彼がいると知り、その様子を敵に見られる。

オビワンはアナキンに通信機を転送してほしいとメッセージを残してクリーグの家へシミの遺体を届ける。

パドメは塞ぎ込むアナキンに声をかけてアナキンは機械を修理して気を紛らわす。

そしてシミを救えなかったことを悔いて史上最強のジェダイになり、みんなを救うと話す。

さらにオビワンが足を引っ張ってると言い出して危うい面を見せる。

そしてタスケンレーダーを女子供まで皆殺しにしたことを明かしてパドメは困惑。

パドメは怒りは人間の感情だと話して慰める。

シミの葬儀が行われてアナキンは恋しいと話す。

そこにR2-D2が来てオビワンからのメッセージを告げる。

オビワンは評議会にジャンゴ達がジオノーシスにいることを話すがその時襲われる。

ヨーダ達はジオノーシスの事件を悟ってウィンドウはアナキンにパドメを守るように話して動かないように言われる。

パドメはここからならオビワンを助けにいけると話してパドメは自分が行くからついてこいと話してアナキンもニヤリ。

ジェダイはパルパティーンに軍を組織するように要請。

オビワンは捕らえられていてドゥークー伯爵に尋問される。

ドゥークー伯爵は何百人もの議員がシスの手先になっていると話す。

そしてオビワンも仲間に誘ってシスを倒そうと持ちかけるがオビワンは拒否。

ビンクスはパルパティーンに大権を与えることを提言。

パルパティーンは承諾して共和国に軍を設立すると話す。

ウィンドウはジオノーシスに向かうことになりヨーダはカミーノへ。

パドメとアナキンはジオノーシスに着いてパドメは話し合いで解決すると話してC3POもついてくる。

2人は潜入してC3POもR2-D2を追いかけて中に入る。

2人はドロイド工場に潜入してアナキンがエイリアンを倒す。

C3POはドロイドに連れて行かれて加工されることに。

そしてバトルドロイドの頭をつけられてしまい頭はバトルドロイドの体につけられる。

アナキンは片手を封じられてパドメは容器の中に入れられて運ばれる。

パドメの容器には火が入れられており急いで逃げようとするがR2-D2が機械を細工して助ける。

アナキンは手を使えるようになるがライトセーバーが壊れてしまう。

そしてそこにジャンゴが来てアナキンは捕まってしまう。

パドメも捕まってパドメはあなたと再会して毎日死んでいたと話して愛を告げる。

アナキンは偽りの日々を過ごすのは良くないと話すがパドメは本気で愛してることを死ぬ前に知ってくれと話してキスする。

2人は闘技場に連れられて公開処刑されることになる。

オビワンはすでに磔にされておりパドメは針金を口に咥える。

そしてモンスターが呼ばれてきてパドメは柱の上に登る。

アナキンとオビワンは攻撃をかわしてアナキンはサイの上に飛び乗る。

しかし引きずられてパドメは背中を引っ掻かれるが猫のような怪物を蹴り飛ばす。

オビワンはカマキリの化け物に襲われて槍を調達して戦う。

アナキンはパドメを助けてサイに乗らせてオビワンも飛び乗る。

するとバトロイドが出てきて囲まれてしまう。

しかしそこにはウィンドウが潜入していてジャンゴにライトセーバーを向ける。

ジェダイ達は到着してアナキン達を助けにくる。

ドゥークー伯爵はウィンドウに多勢に無勢いだと笑ってドロイド達と戦闘になる。

アナキンとオビワンはライトセーバーをもらってC3 POのドロイドも参戦。

ウィンドウはオビワンと背中をつけてジェダイは次々と倒れていく。

ウィンドウはジャンゴと対決することになりジャンゴはサイを仕留める。

ウィンドウはブラスターを跳ね除けてジャンゴの首を飛ばす。

ボバはその様子を見て絶望。

C3POのドロイドはフィストーに戦闘不能にされる。

パドメはアナキンに守られてオビワンはカマキリを仕留める。

R2-D2はC3POの首を回収して体につけてあげる。

ジェダイは徐々に追い込まれてしまい多くのドロイド達に囲まれる。

ドゥークー伯爵は攻撃をやめて戦いぶりを認めて降伏を勧める。

ウィンドウは拒否して銃を向けられると空からヨード率いるクローン兵が到着。

形勢逆転となりジェダイ達は船に乗り込んで退散。

ボバはジャンゴのヘルメットを拾ってジェダイはまだ攻撃される。

ドゥークー伯爵は総督達と話してヨーダは前線司令室へ。

ドロイド達は追撃してきて激戦になる。

ドゥークー達は撤退することになりドゥークー伯爵はシスにデススターの設計図を預けにコルサントに行くことに。

アナキン達はドゥークー伯爵を発見してオビワンと追撃することに。

パドメは振り落とされてしまい、アナキンは助けようとするがオビワンは止める。

アナキンはそれでも助けようとするがオビワンはパドメならどうする?と問いかけてアナキンは任務を続行することに。

2人はドゥークー伯爵と対面してアナキンは突っ込んで電気に吹き飛ばされる。

オビワンはドゥークー伯爵と対戦してパドメはクローン兵に救われる。

パドメはアナキン達を助けに行くように指示してオビワンは劣勢。

アナキンは起き上がってオビワンは斬りつけられて倒れる。

アナキンはオビワンがトドメを刺されるのを救って二刀流で戦うが左腕を切り落とされて倒れる。

するとそこにヨーダが来てドゥークー伯爵と対戦。

ヨーダはめっちゃ強く、フォースでもライトセーバーでも負けない。

ドゥークー伯爵は柱を倒してオビワンとアナキンを殺そうとしてヨーダは救い、ドゥークー伯爵はその隙に逃げる。

アナキンとパドメは再会して抱きしめ合い、2人は救われる。

ドゥークー伯爵はシスに設計図を渡してヨーダはドゥークー伯爵が裏切ったと話す。

ウィンドウは元老院に監視をつけることになりアナキンはパドメの護衛にナブーへ。

ヨーダはこれは勝利ではないとしてクローン戦争の始まりだと話す。

アナキンとパドメはナブーで秘密裏に結婚式。アナキンの片手はドロイドとなり2人はキスをして結ばれる。

所感

ラブストーリーか…

前半戦はほとんどアナキンとパドメのラブストーリーでしたね。まぁ2人は隠密に夫婦になってるけどね。

一応このシリーズの主人公はオビワンなんだけどアナキンどうしても目立つな。今回はジェダイもたくさん出てきてカッコ良い。

やはりスターウォーズは楽しいな。登場人物がみんな印象的だし遥か昔とは思えないけど素晴らしい作品だと思う。

おすすめの記事