2018年の映画『ナイトスクール』を見ました!

この映画はケヴィン・ハートの主演コメディですね!

採点3.6/5.0

あらすじ

高校中退のテディ・ウォーカーはバーベキュー用品店の店長になるが、 ガス爆発事故を起こして店舗が吹っ飛び、無職となる。 知り合いの投資会社に就職するために高等教育修了の認定が必要となり、 夜間学校に通って試験の合格を目指す...

以下ネタバレあり

テディは父のデビッドなどと話しておりテストについて悩む。

そして彼は卒業試験を迎えて途中で諦めて騒ぎ出す。

17年後彼女のリサと話してマヤに声をかけるが嫌がられる。

テディはバーベキューの店の店長になっていて優秀な成績を収めていた。

そしてリサにプロポーズしようとしておりマヤ達とディナー。

しかしプロポーズのタイミングがなくお腹を壊してしまう。

さらにデザートに陰毛をつけて店員に入れたなと怒られる。

そして喧嘩になってしまいシェフが払うと話す。

しかしリサ達は辟易してテディはリサを連れ帰る。

そして店に連れてきて店の装飾をして欲しいと話してサプライズでプロポーズ。

リサは快諾して2人は抱き合うがガスが抜けてしまい引火して店は燃えてしまう。

テディは吹き飛ばされて友達のマーヴィンの投資会社に働くことをやろうとする。

しかしそのためには高校卒業資格が必要で現地に向かうが隣の車には下品なティファニーの会話が聞こえてきて喧嘩。

そして高校に入って学生時代に調子に乗っていた過去を思い出す。

しかしこの高校は無茶苦茶で真面目で嫌味なスチュワートが先生になっていた。

2人は目が立ってスチュワートはめっちゃ嫌そう。

スチュワートは成績が悪かったら退学だと話してテディは事情を話す。

スチュワートはナイトスクールに行かないとダメだと話して見送ってくれるがバットを持って生徒たちを威圧。

しかしそこにティファニーが来て彼女は先生だった。

ティファニーはナイトスクールの先生で実はその学校にはナイトスクールがあってスチュワートは嘘をついていた。

テディはティファニーから教科書をもらって今日から授業だと言われる。

そして駐車場で事故るものの授業に来てティファニーに媚を売るためにプレゼント。

しかし学生時代は悪い成績だったと言われて席に座ると店員で揉めたルイスに声をかけられる。

ルイスはお前のせいでクビになったと話して喧嘩に。

ティファニーはみんなの前で貰ったタコスを配って取り入りたいならもっと上手くしろと話す。

生徒のジェイレンは妻に言われて来たと話す。

テレサは子供を産んで高校を中退したことを話す。

ミラはギャルで留置所を免れるために来ておりルイスは歌手になるためにアメリカに来たと話す。

マッケンジーは大きな男で引っ越しの会社で管理職になるためにきたと話す。

ボビーは通信先ですが話してジェイレンはイルミナティだと騒ぎ出す。

テディの自己紹介はみんなに邪魔されてティファニーはテストを配る。

そして家に帰るとテディはマーヴィンと通信してテディはリサに嘘をついて仕事をしてるふりをしていた。

そしてクラブでの仕事をつなぎに紹介されてニワトリの着ぐるみを着せられる。

しかし上司のアイザックは熱心なキリスト教徒でテディは居心地が悪い。

テディは勉強に来てなんとボビーはスカイプ先の刑務所で喧嘩し出す。

テディは授業を聞きながらリサのLINEを見て聞いてない。

そしてピタゴラスの定理を解くように言われて前に出るがスチュワートが来て邪魔される。

スチュワートは中間テストの問題を作ると話して嫌味。

ティファニーはテディを助けてテディは授業後に礼を話すが注意される。

リサは帰宅するとエッチな下着で待っていたが寝てしまっていた。

テディはティファニーに勉強しろと言われたことを思い出して辟易。

テディはルイスやジェレイン、ミラ、テレサ、マッキンジーにテストを盗もうと持ちかける。

そして彼らは職員室に忍び込むことになるが、マッケンジーは単独行動で用務員をヘッドロックきて締め落とす。

マッケンジーはイタズラしてきて校長が向ってきていると話す。

テレサが引き止めることになりミラがテストをハッキング。

しかしスチュワートは止まらずテレサは倒れたふり。そして誘惑するが相手にされない。

テディたちは部屋の中に隠れてスチュワートがパソコンを開けるとテディの画面に。

マッケンジーは声をあげてしまいスチュワートは誰かいると気づく。

しかし用務員が気がついてスチュワートはそっちへ。ミアはテストをなんとかコピーしてスチュワートは学校をロック。

テディたちは逃げられなくなり屋上に行くことになる。

そして屋上から飛び降りることになりミラはジャンプ。

しかしマッケンジーは落ちてしまい腕が折れてしまう。

テディは家に帰るとリサが待っていて不機嫌。

そしてこそこそしていて夜遅くまで外に出てるのは結婚を恐れてるからだと話す。

テディは様子が変だったことは謝ると話してチキン屋で働く。

するとスチュワートが来て学校に侵入したのはお前たちだと指摘。

現場にはチキンの包装がありティファニーもクラスでズルしたなとみんなに話す。

彼らは満点をテストで取っておりみんなを見放す。

しかしみんなは人生を変えたいと話してティファニーはそれでも拒否。

テディは自分がやったと話して自分が答えを見せたと話す。

そして全部自分の責任だと話して出ていけと言われる。

ティファニーは出て行ってスチュワートはリサと話す。

そして学校に案内すると話してテディへの嫌がらせを敢行。

テディは学校に来てティファニーに話しかける。

彼女はできない子を教えていてティファニーは努力せずに逃げようとしたことを責める。

テディはもうズルをしないと話して学習障害の検査を受けるように要求される。

結果は臨床的にバカでティファニーにバカにされるがそれは嘘で失読症だった。

計算障害でもありテディはなんとか復帰することになる。

ティファニーはテディの集中力を養うために間違えたらリングで殴られる。

テディは集中的に勉強を叩き込まれてミラは大学に行くことになりテレサも誘う。

その日はプロムの日でティファニーも一緒にプロムに行くことに。

テレサは束縛屋の旦那のランディに文句を話してスチュワートもプロムに来ている。

スチュワートはテディ達を入れさせないがティファニーは強行。

ルイスは美声を披露してテディはティファニーとダンス。

テディはお互いに惹かれあってると話すがティファニーは自分はレズだと話す。

そしてスチュワートからの連絡を受けたリサがその現場を見て詰問。

リサは背を向けてしまいテディは高校に通ってることを正直に話す。

そしてクラスメートが来てテディのことを擁護する。

しかしリサは嘘をつかれたことに怒ってスチュワートも気まずそう。

リサは指輪を返して怒って帰ってしまう。

テディは家族にリサがいないならテストを受けないと話す。

テディは鶏の着ぐるみでチキンを宣伝する。

するとそこにスチュワートが来て高校の頃君が羨ましかったと話す。

ティファニーもそこに来て復学するように話すがテディはここが俺の場所だと話す。

ティファニーは問題だらけだけど馬鹿ではないと話して拒絶するとティファニーにしばかれる。

テディは復学して葬儀テストを受ける。

クラスメート達は合格してテディはティファニーに見てもらう。

すると不合格を言い渡してテディはもう一回受けると話す。

そしてテディは2度目のテストで合格。みんなに祝福される。

彼らは卒業式を迎えてスチュワートもスピーチ。テディが夜間スクールを代表してスピーチする。

テディは学校で大切なことを学んだとスピーチしてそこにリサも来る。

テディは卒業式の後リサに近づいて真実を語り、デートに誘いたいと話す。

リサもはじめましてと話してデートを受ける。テディ達クラスメートは最後に写真を撮る。

所感

パリピかよ…

ハートがやるといつもコメディにしかならないよね。トーク力もそうだし声のトーンがすごいわ。

なかなかよくできているけど本当にくだらないなと。テディの不合格は少し意外だったけどな。

でも最後は合格できて良かったしもう少しみんなの掘り下げがあっても良かったな。スチュワートとか特に。

おすすめの記事