2004年の映画『アイ・ロボット』を見ました!

この映画はウィル・スミス主演のSF大作ですね!

採点4.1/5.0

あらすじ

ロボットとの共存が当たり前となった近未来で、ロボット工学の第一人者ラニング博士が(ジェームズ・クロムウェル)が殺害されるという不可解な事件が起こり、シカゴ市警のデル(ウィル・スミス)は謎の究明に乗り出す。

以下ネタバレあり

近未来。世界にはロボットが溢れていてロボットは人間の命令に従い、危害を加えなかった。

しかしロボットには自己防衛の機能もあり刑事のデルは目を覚ます。

そして筋トレを始めて彼はあまりロボットが好きではない様子。

ファーバーは彼に声をかけて金を借りようとしてくる。

街ではアルフレッド博士の開発した新型ロボットが話題。

母にパイをもらって歩くとロボットが荷物を持って走るのを見て追いかける。

そして止まれと話すがロボットは止まらず、取り押さえる。

しかしロボットは持ち主の荷物を届けただけだった。

そして署に出社してジョン警部補にはロボットを誤って取り押さえたことを咎められる。

デルはロボットの開発者に行き、ホログラムのアルフレッドと話す。

アルフレッドは君を信じていると話してアルフレッドは自殺していた。

デルは指名されたのであってホログラムは終わる。

アルフレッドは飛び降り自殺していてデルはこの件を担当することに。

そして社長のロバートソンと話してなぜ自分が呼ばれたのかと聞くと知り合いだったからではないか?と話す。

デルは死亡したら呼び出されるように仕組まれていたと話してアルフレッドの死を怪しむ。

そしてロボット嫌いを公言してスーザン博士と出会う。

スーザンはアルフレッドが他の人間との接触を絶っていたと話す。

スーザンはアルフレッドは大事な人だったと話してアルフレッドの発明を見せられる。

そしてシカゴのシステムを統括しているロボットのvikiと話すとラボの映像が壊れていて見れないと言われる。

デルはラボの外の映像を見せてもらい、ラボの中へ。

そしてラボの中のガラスが強化ガラスだから飛び降りるのは無理だと話して自殺ではないと睨む。

ラボの中にはたくさんのロボットがいてデルは疑う。

すると中にいた一体のロボットのサニーが飛び出してデルは銃を向ける。

サニーは命令に従わず、動いて窓から部屋を逃げ出す。

デルは追いかけて街に出てスーザンもついてきてロボットは危険ではないと話す。

2人はサニーと同じ型のロボット量産工場に来てサニーが紛れていると睨んで起動させる。

デルは銃を向けて人間に危害を加えられるサニーを見つける。

サニーは動いて逃げ出して後ろからデルを投げ飛ばして自分はなんなのだ?と告げて逃げる。

しかし外には警察が待ち構えていて驚異的な身体機能で逃走しようとするが網にかけられる。

デルはジョンにあいつは危険だと話してジョンはロバートソンが来るまで尋問できないと話すが5分だけデルは時間をもらえる。

デルはサニーと面会してサニーはウインクに興味を示す。

サニーはアルフレッドに人間の感情を教わったと話して殺害を否定。

デルは怖かったから隠れていたというサニーを全面否定。

サニーは頑なに殺害を否定して怒るなどロボットらしくない。

そしてアルフレッドの死因は自殺で自分が何かしたかもしれないと話す。

アルフレッドはサニーに約束したらしく、何かに怯えていたと話す。

そこにロバートソンが来て殺人罪は適用されないと話す。

そしてサニーを引き取って廃棄すると話してデルは拒否するようにジョンに話す。

デルはジョンと酒を飲みに来てジョンはデルが何か企んでると見抜く。

デルはサニーを追うべきだと話して廃棄すべくコンテナに詰められたサニーを救いに来る。

しかし許可が取れないためアルフレッドの財布を使ってアルフレッドの家へ。

そしてアルフレッドがロボットの中にはゴーストがいるとスピーチしてる映像を見る。

彼らのプログラムの中には規定を超えたものがあり不要となったロボットが反乱を起こす可能性を暗示。

デルは防犯システムに作動されて解体トレーラーのようなロボに襲撃される。

アルフレッドの家は破壊されて猫を拾ってなんか逃げる。

そしてスーザンの元に行き、ロボットに襲撃されたことを話してスーザンはアルフレッドはロボットが自然に進化すると説いたことを話す。

デルはサニーと同じ型のロボットを警戒してスーザンの家にいる個体も警戒。

そしてサニーが名乗ったことを話してアルフレッドは監視されていたと話す。

ロバートソンが博士の知った秘密ことを隠そうとしたと話してスーザンに協力を仰ぐ。

スーザンはロボットが憎いだけだろ?と話して喧嘩に。

デルは家を出て沈みゆく車の中で少女が助けを求めてロボットが助ける夢を見る。

そして目覚めて母の家に行くとそこにはサニーと同じ型のロボット。

彼は去り際に追い出すように話してスーザンはラボに来る。

そしてサニーと面会してサニーは廃棄されることになるがスーザンは彼が感情を見せたことに驚く。

デルはvikiを呼び出してアルフレッドの死を調査する。

ロバートソンはvikiからデルがまだかぎまわってると聞かされる。

デルは車で走っていると囲まれて大量のロボットが襲ってくる。

彼はなんとか運転テクニックで振り切って車は横転する。

デルは負傷したものの無事でふらついて膝をつく。

すると車が動き出して自分に向かってきてロボットの残党に襲われる。

ロボットは強く、金具で殴られるとデルの腕の皮膚が取れて中身はロボットだった。

ロボットは警察のパトカーがすると逃げてデルはジョンと話す。

デルはロボットに襲われたと話すがみんなに変人扱いされる。

そして警察バッジを取られてスーザンはサニーは特別だと話す。

そして解析してスーザンはデルに会いにくる。

スーザンはサニーは特別で規則を破ることもできると話す。

デルはサニーが鍵だからまた話したいと話してスーザンはデルの体がロボットであると知る。

アルフレッドが彼を手術しておりある日の帰り道に交通事故に出くわして自分と12歳のサラの乗る車が川に投げ出されたと話す。

そこにロボットが助けに来てデルはサラを助けろと話すが彼が助けられてサラは川底に沈んでいった。

そのことが彼のトラウマでそれは確率でデルの方が生存確率が高いからだったがサラは子供だったのでデルはロボットに恨みを抱いていた。

2人は共に行動してサニーに会いにくる。

サニーはデルこそが希望だと話してそこにセキュリティが来て2人はロバートソンのところに連れられる。

ロバートソンはデルを認めず根拠のないことでリコールが起こると話す。

そして陰謀などないと話して廃棄はスーザンがやることに。

デルは出て行かされることになりスーザンはサニーを呼び出す。

そして謝罪してサニーを廃棄する準備を始める。

スーザンは涙を流して手を握り、デルはある港に来てコンテナを見る。

コンテナの中には廃棄される予定の対立のロボットがいた。

ロボット達はデルを見つめてデルは丘の上でアルフレッドのホログラムと話す。

そしてなぜサニーを作った?と質問して3規則は革命をもたらすと言われる。

デルはコンテナの間を歩くとロボットの残骸が散乱しており物音の方へ。

するとそこにはサニーの型のロボットが旧型を虐殺していた。

目撃者となったデルは追いかけられて逃げるが旧型のロボットが足止め。

ロボットは反乱を起こしてスーザンのロボットも犯行。

デルはジョンにラボに軍隊を遅れと話すが相手にされない。

街ではロボットが行進して人間たちに家に帰れと要求。

ロボットは暴力を行使して警察署は襲われる。

スーザンは外に出ようとするが妨害されて命令も効かない。

しかしそこにデルがきてロボットを抹殺。

人間たちはロボットに対抗して2人はラボに向かうことに。

デルは道中ファーバーを助けてスーザンとロボットを撃退。

2人は地下から潜入してサニーが出迎える。サニーはスーザンに廃棄されていなかった。

3人は先に進んでロバートソンのオフィスに向かう。

しかし彼はすでに殺されていて黒幕が誰かを考える。

黒幕はvikiで人間を守るよう努力したが人間は戦争や環境汚染を続けていると糾弾。

3人はロボットに囲まれて人間は未熟だから私たちが守らなければと話す。

サニーは自分がなぜ作られたのか分かったと話してスーザンを人質に取る。

そしてデルにウインクしてデルとサニーはロボットに反撃。

そして逃げてサニーはスーザンにロボットを廃棄するためのナノを渡す。

vikiは地下にいてビルと一体化しておりハッチを開けないとならない。

サニーはラボに来るもののロボットに襲われて撃退。

ロボット達は一斉にラボに向かってデル達の元にもロボットが迫る。

スーザンとデルは逃げてスーザンは足場を揺らされる。

サニーは援護に来てスーザンは宙ぶらりんになり、サニーに助けるように話す。

サニーはvikiの排除よりもスーザンの保護を優先してデルはナノをなんとか取る。

そして飛び降りてロボットの腕を使って最下層に来てナノをvikiに突き刺す。

vikiは死滅してロボットの反乱は終わりを告げる。

ロボット達の機能は正常に戻り新型のロボットは保管所に向かうことに。

デルはvikiがアルフレッドを殺したのではなく、サニーはアルフレッドの頼みを聞くように言われたと話す。

そして殺すように言われたので殺したと話す。

サニーはアルフレッドが作ったvikiの対抗策でバレないようにアルフレッドは死を選んでデルに会わせていた。

デルとサニーは握手してウインクして笑顔を見せる。

サニーは他のロボットを救いたいと話してコンテナに入る彼らを見つめる。

ロボット達は丘の上に立つサニーを見つめてサニーが救世主となったのだった。

所感

AI怖え…

ロボットこえーよ。無機質に襲ってくるから怖いよね。この映画はよく放送もされてるメジャーな映画やね。

なかなか良くできているし、サニーと和解したラストも良かったね。スミスさんのアクションはカッコ良いし。

ちなみにちょい役でラブーフが出てます。彼はこの後トランスフォーマーでブレイクするんだよね。

おすすめの記事