1992年の映画『許されざる者』を見ました!

この映画はクリント・イーストウッドがアカデミー作品賞を受賞した西部劇ですね!

採点4.3/5.0

あらすじ

かつては無法者として悪名を轟かせたウィリアム・マニーだったが、今は若い妻に先立たれ、2人の幼い子どもとともに貧しい農夫として静かに暮らしていた。そこに若いガンマン、キッドが立ち寄り、賞金稼ぎの話を持ちかける。

以下ネタバレあり

ウィリアムは札付きの悪で元人殺しだが結婚後は真面目に生活。

冒頭男が関係を持っていた女を切りつけて保安官が娼館に駆けつける。

保安官のリトルは男達に鞭打ちの刑を命じてリトルは男たちに取引を持ちかけて娼館の主のスキニーに馬をやるように話す。

女たちは不満だがスキニーも承諾する。

女アリスをはじめとするたちは切られた娼婦を慰めて復讐を企画する。

ウィリアムはその頃牧場を営んでいて子供達と働いていると過去を知る男に話しかけられる。

すでに引退したウィリアムだったが男のキッドの相棒になるように持ちかけられる。

そしてワイオミングに行ってカウボーイを殺しにいくと話を持ちかける。

それは女を切りつけて殺した男でウィリアムの妻は死んでいた。

キッドは引き下がることになるが気が変わったら来いと話す。

娘のペリーはブタが病気だと話してウィリアムは去るキッドを見つめる。

スキニーは保安官と話してアリス達は彼らに土を投げつける。

アリスたちは馬をもらえることになるが拒否して追い返す。

ウィリアムは銃の腕を空き缶で確認するが外してしまう。

するとライフルを持ち出して缶を吹き飛ばす。

そして妻のクローディアの墓に来て花を手向ける。

ウィリアムはペニーと息子のジュニアに留守番を任せてキッドの元へ。

そして二週間で戻ると話してクローディアが守り神だと告げて去る。

スキニーはアリス達を怒って金を工面するように話す。

そしてリトルと話して冒頭の切りつけた男たちに賞金がかけられてると話す。

女たちは彼らの首を求めていてウィリアムは旧友のネッドの家へ。

ネッドは元相棒で殺しを止めようとする。

ウィリアムは男達が女をめためたに切りつけたと話してネッドも殺された当然だと話す。

ウィリアムは子供の様子を見てくれと話すがネッドはついてくることになる。

2人は馬に乗って進んで野宿をする。

ウィリアムは子供の将来のために金がいるから引き受けたと話す。

そして今の自分は生まれ変わったと話してリトルは列車で移動中。

ボブは荷台で鳥を撃ってアリス達の娼館を通る。

ボブはアリスを探していて外に出るとリトル達に銃を向けられる。

相棒のブーシャンプも一緒に銃を突きつけられておもらし。

ボブは銃を押収されてリトルは殴りつけてくる。

ウィリアムとネッドは馬に乗って進んでウィリアムは女を買うのを拒否。

するといきなり銃撃されて落馬し、茂みに隠れるとそれなキッドだと見抜いて声をかける。

キッドは知らないネッドを警戒して銃撃していてネッドがライフルを取るとキッドは銃を構える。

そしてキッドはネッドを断るがウィリアムも帰ると言い出して三人で行動することに。

ネッドはキッドと折り合いが悪く、喧嘩になる。

ボブとブーシャンプは投獄されてボブの自伝を描くブーシャンプに手直し。

そして秘密を暴露してキッドは夜ウィリアムの伝説の真偽を聞く

ウィリアムは忘れたと話してキッドはネッドに何人殺した?と聞く。

キッドは自分は5人殺したと話してリトルはブーシャンプに銃を出して俺を撃てばここを出られると話す。

ブーシャンプは銃を向けてリトルは後は引き金を引くだけだと話してブーシャンプは怯えて銃を下ろす。

リトルは笑って銃をボブに渡せと指示する。ブーシャンプは牢獄の中のボブに銃を渡す。

ボブは撃たずにリトルは銃の中の弾を抜いて撃ったら死んでいたと告げる。

3人は雨が降り出してきて移動し、ウィリアムはネッドの酒を固辞。

ネッドはキッドは5人も殺してないと話して翌日リトルはボブを逃す。

そしてボブは捨て台詞を吐いてリトルは次に現れたら殺すと話す。

アリスは絶望して3人はボブと入れ替わりで街に到着。

ブーシャンプはリトルの元に残って本を書いてアリスは夜に指名を受ける。

リトンは訪問を受けて開けるとチャーリーでよそものが2人きて銃を持っていると言われる。

それはネッドとウィリアムでウィリアムは体調不良。

ウィリアムは殺した男が見えたと話して怯える。

ネッドは酒を注ぐがウィリアムは飲まず、ネッドはキットの様子を見にいく。

リトルは1人でいるウィリアムに声をかけて銃を渡せと話す。

ウィリアムはみんなに銃を向けられて持ってないと話す。

リトルは彼を挑発して立てと話す。

そして拳銃を押収して思いっきり引っ叩く。

ウィリアムは蹴り飛ばされてキッドとネッドは娼館の窓から脱出。

リトルはアリス達を尋問してアリスたちはその悪どさに辟易。

キッドとネッドはウィリアムを連れて逃げてキッドはアリス達の手を借りてウィリアムを介抱するな意識が戻らない。

ネッドは3日様子を見ると話してキッドは今日やると怒り出す。

ウィリアムは目を覚ますと死の使いが見えたと話してキッドはネッドに俺の方がウィリアムより上手だと話す。

顔を切られた娼婦のデライラはウィリアムを介抱する。

デライラは本当にあの2人を殺すのか?と話してネッドとキッドは賞金を前借りしていてアリス達が体で払っていた。

ウィリアムは誘われるが断って顔を気にする彼女に君は美しいと話す。

それでも君と寝ないのは妻のためだと話してウィリアム達3人は保安官を狙撃。

キッドは騒ぐだけでネッドは狙うが首を振り、ウィリアムが代わりに狙撃。

ウィリアムはデイヴィを撃ち抜いてネッドは岩陰に隠れる。

ウィリアムは水を求めるデイヴィに飲ませてやれと彼の仲間に話す。

デイヴィは虫の息で3人は退散することに。

ネッドは帰りたいと話すがウィリアムはあと1人残ってると話す。

しかしネッドはライフルを渡して去ろうとしてウィリアムはキッドと行くから残れと話す。

しかしネッドは帰ると話してウィリアムは分け前はやると話す。

リトルは家を作っていて報告を受け、保安官達は3人を追うことに。

アリス達は心配してアリスの部屋はガラスが割られる。

ネッドは保安官達に見つかってしまい人質に取られる。

キッドとウィリアムは保安官の詰所に来てネッドは拷問を受ける。

アリス達はその様子を見て絶句してネッドは2人の嘘の名前を吐く。

アリス達が連れてこられてネッドは追い詰められる。

キッドは詰所に近寄って見つかるがトイレにいたターゲットを射殺。

2人は逃亡して保安官たちは追いかけてくる。

キッドは殺しの詳細を話して初めてだったと吐露する。

そして泣き出してしまい、デライラが2人の元に来る。

2人は金をもらって2人はネッドが殺されたと聞かされる。

ウィリアムは動揺して拷問された末に殺されて晒し者にされていると聞かされる。

ネッドはウィリアムの正体を明かしており死に際にリトルにお前を殺しにいくと話していた。

ウィリアムはキッドに銃を借りてキッドはもう人殺しはしないと話す。

そして金も全てやると話して、ウィリアムに殺されることを心配するがウィリアムはたった1人の友達だと話して金を子供達とネッドに渡してくれと頼む。

雨の中ウィリアムはネッドの死体が棺桶に入れられて晒されているのを見る。

リトルは酒場でスピーチしていてウィリアムは単身乗り込む。

保安官たちは圧倒されてウィリアムは店の店主は誰かと聞いてスキニーが名乗り出ると射殺。

リトルたちは恐怖してウィリアムはかつて動くものなら全て殺したからお前を今夜殺すと話して銃を向ける。

保安官たちはどいてリトルはこいつが撃てば蜂の巣にしろと話す。

ウィリアムは引き金を引くが不発でライフルを投げて拳銃で撃ってリトルを倒して保安官たちを次々と倒していく。

そして戦意のないものは裏口から逃して酒を飲む。

ブーシャンプも撃たれていて丸腰だと話して命乞いするがライフルを取れと言われる。

そして弾を込めさせてブーシャンプが作家だと知る。

ブーシャンプは取材してリトルはまだ息があり、傷口に手を伸ばす。

ブーシャンプは脅されて店を出てリトルはウィリアムに銃を向けるが気づかれる。

リトルはなぜ俺がこんな最後を。と話すがウィリアムはお前が本当の悪党だと話して、リトルは地獄で待ってると捨て台詞を吐いて殺害される。

ウィリアムは外に出て自分を撃てば家族全員殺すと脅す。

チャーリーは彼に銃を向けるが撃てず、彼が去るのをブーシャンプと共に見つめる。

ウィリアムは娼婦を人間らしく扱うことと、ネッドを埋葬しろと話してでないと皆殺しだと話す。

ウィリアムはその後姿を消して西海岸でビジネスを成功させる。

クローディアの母は彼らの家に行った時はもぬけの殻でなぜクローディアが彼と結婚したのかわからなかった。

所感

怖え怖え…

ラストの酒場のシーンがこの映画の全てだな。人を殺すことは簡単ではないけど彼にとっては生業なんだよ。

途中まではスローペースでキッドはとてもウザい。でもあの強がりがとてもリアルな気もしたね。

ラストも良かったし、アカデミー取れたのもわかるな。残忍さが蘇って最後は自分が許せなくて消えたんだろーな。

おすすめの記事