2003年の映画『ジャスト・マリッジ』を見ました!

この映画は新婚カップルのドタバタを描いたコメディですね!

採点3.8/5.0

あらすじ

ラジオで交通情報のリポーターをするトムは、ある日サラと運命的な出会いをしてしまう。彼女は大富豪のお嬢様で、とても身分的に釣り合わない2人だったが、燃え上がった恋の炎はもう誰にも止められない。そして付き合い始めて9ヵ月、トムとサラは両親の大反対を押し切り、ついに結婚することに。こうしてアツアツのまま旅立った新婚旅行。ところが2人は飛行機の中で早くもハプニングに見舞われる。フランスのホテルに到着してからもトラブルは続き、おまけに反対する家族から送られた最強の刺客(?)サラの元カレ、ピーターが彼らに近づいていた。

以下ネタバレあり

冒頭トムはサラと険悪な感じで空港を歩いていた。

2人は嫌がらせしあって喧嘩中。

2人は新婚夫婦だが険悪でサラを送り届けて去ることに。

トムは帰宅すると友達のカイルが寝ていてトムはラジオで交通情報のパーソナリティをしていた。

2人はかつてビーチで運命的な出会いをしており恋をしていた。

サラは金持ちの娘ですぐに付き合い始めて同棲する。

トムは収録に身が入らず、プロポーズしたことを思い出す。

2人はそのまま結婚することになりサラの家に報告に行くがポカンとされる。

しかし家族も祝福してサラの兄たちはトムをアメフトでいじめる。

サラは母に結婚は若すぎると言われるがサラの決意は固く、式の準備をすることに。

トムは夜サラの部屋に来て2人はやがて式を迎える。

サラには元彼のピーターがいてトムは気にする。

サラは彼と寝ており、ワンナイトながら浮気していた。

そして初夜を迎えるが翌日の朝に新婚旅行へ。

2人はヨーロッパに向かって飛行機の中のトイレで関係を持つ。

しかし足がはまってしまい、スチュワーデスに怒られる。

2人はパリについて小さなレンタカーで進む。

しかし途中で喧嘩してしまい、すぐに仲直りする。

そしてホテルの古城に着いて楽しむが備品を壊して怒られる。

出て行かされるがホテルは見つからずサラは不機嫌に。

結局車中泊となりトムはハンドルを壊してしまい、サラは笑って機嫌を直す。

2人は雪山に来てキスしてヒッチハイクすることに。

そして通りかかった車に雪を投げると車を落とされてしまう。

2人はレッカー車に乗せてもらい、サラは最悪な旅行だと騒ぐ。

2人は下町に来てサラは嫌がり、治安が悪そう。

そして部屋に入って関係を持とうとすると壁をぶち抜いて隣の部屋に突入して気まずくなる。

2人は隣の喘ぎ声を聞いて関係を持とうとするがゴキブリが出てチェックアウト。

サラのつてで高級ホテルに移ってサラの父から辛辣に怒られる。

2人は関係を持たずに寝て翌日の観光に備えることになりトムはがっかり。

2人は街を観光していちゃつくがあまり噛み合わない。

トムは1人でアメリカのカフェに入って夜に合流することに。

サラは1人で街を観光して元彼のピーターを見かける。

ピーターは金持ちでサラは話しかけてディナーに誘われるがハネムーン中だと話す。

サラは悪く思うなと話してピーターは喧嘩中と気づく。

ピーターは側近のフレドにサラを監視させて狙う。

トムはホテルの部屋に帰ってきてサラに話を打ち明けられる。

トムはサラに犬を自分が殺してしまったことを明かす。

サラは怒って今後のことを考えると話して出ていこうとするが君の話は?と聞かれる。

サラはピーターと寝たことを明かしてトムはめっちゃ嫉妬。

そしてピーターがここにいると話して2人は街に出てすぐに別れてサラは尾行される。

トムはアメリカのバーに来て他の女と話す。

サラは美術館に行くとピーターに話しかけられる。

彼女の目には涙を浮かべておりピーターに消えてくれと話す。

しかし外に出るとまた話しかけられて酒を飲もうと誘われる。

サラはピーターと友達の家で酒を飲むことになりトムも知り合った女に強引に誘われる。

トムは女にサックスに誘われてトイレに行くふりをして窓から逃げるが足を挫いてしまう。

トムはサラがピーターと出かけたとコンシェルジュに言われる。

トムはヤケクソでバーに戻ってまた女に話しかけられる。

2人はトムのホテルの部屋に来て女に襲われる。

しかしハネムーンであることを明かすと蹴り飛ばされてしまう。

サラは帰ってきてピーターにホテルの前でキスされてトムに目撃される。

サラはピーターにビンタしてトムはサラが帰ってくると糾弾する。

しかしトムも女を連れ込んだことがバレて大げんかに。

するとピーターが来てシアトルに行こうと話してトムは決闘を申し込む。

そして喧嘩になりピーターは逃げてトムはパンツ一丁で火かき棒を振り回す。

しかしパトカーの窓を割ってしまい、サラと共に勾留される。

トムは自分たちは若すぎると話して別れを切り出す。

2人は帰国することになり飛行機の中でも喧嘩。

トムは帰国後父に会いに行き、愛だけでは結婚は足りないと話す。

父はヨーロッパの数日が最悪だったからだろうと話して努力するように勧める。

トムはサラの家に向かっていくがサラはもう愛してないと執事のユアンに言われる。

しかしトムは食い下がってサラは部屋でテレビを見ている。

トムは友達のカイルと門を破ることになり車で突っ込むが開かない。

しかしその音でサラも気付いてサラは門の監視カメラめ彼の言葉を聞く。

トムはサラに良い暮らしをさせられるかなんてわからないけど愛していると話す。

この言葉に家族も胸を打たれて門を開く。

サラはトムを愛してると父に話して背中を押される。

トムとサラは再会してお互いに謝罪してヨリを戻すことになりキスをする。

所感

ハネムーンだけじゃないよね…

なんか運命の人って紆余曲折を経て気づく気がするな。なんか引き裂かれてこじれてもまた好きになってしまう人。

それがお互いであればまさしく運命だと思うし、この2人もまさしくそうだろうな。良い関係だった。

しかしこの2人は相互補完やね。なんか喧嘩することも多いけどお互いにいないと調子が狂うんだろうな。

おすすめの記事