2002年の映画『8マイル』を見ました!

この映画はエミネム主演、制作の自伝映画ですね!

採点4.1/5.0

あらすじ

1995年、デトロイト。中産階級の白人が多く住む郊外とは“8マイルロード”で分断され、貧困層が多数を占める都市中心部。ジミーはここで無職の母と幼い妹の3人でトレイラー・ハウスに暮らしていた。彼は昼間プレス工場で働き、夜はヒップホップ・クラブ“シェルター”で毎週行われるラップ・バトルでの優勝を目指し、プロで成功することを夢見ていた。だが、彼は才能がありながらその実力を発揮出来ないでいる。加えて母ステファニーとの確執に悩んでいたジミーはある日、モデルを夢見るウェイトレスのアレックスと出会い恋に落ちるのだが…。

以下ネタバレあり

冒頭スミスはトイレでラップの練習をしている。

彼はバトルに出るため舞台裏に行こうとするが止められる。

しかし友人のフューチャーが通してくれて彼は白人であることから舐められていた。

彼の仲間はみんな柄が悪く、母のステファニーとの仲も悪い。

スミスはバトルに出ることになりパパ・ドグが圧倒的に強い。

スミスはバトルの出番になり、観客の目線を見てラップせずにブーイングを浴びる。

フューチャー達もがっかりでスミスはステージを降りてしまう。

スミスはフューチャーに呼び止められて明日電話すると言われる。

そして帰宅するバスに乗るが老人に見られて実家のトレーラーハウスへ。

帰宅するとステファニーはスミスの同級生のグレッグと関係を持っていた。

スミスはフューチャー達と工場で働いていて馬鹿にされ、2週間ほど家にいると話す。

スミスはグレッグと喧嘩になりかけるが妹のリリーを見て止める。

そしてリリーを寝かしつけてステファニーにはグレッグとの仲を良くしろと言われる。

ステファニーは車の鍵をくれて、母としての愛を見せる。

翌朝ウィンクが声をかけてきて何故ラップバトルに出るのかと言われる。

ウィンクは音楽のプロモーターの端くれで紹介すると話す。

スミスはバスの中で曲を作っていて工場に向かって働く。

しかし遅刻を怒られてそこで美女のアレックスと目が合う。

フォーチャーと話して境遇を楽しそうにラップする。

フューチャーはまたバトルに申し込んでおいたと話してデビューの足掛けにしろと話してウィンクの話は嘘だと話す。

スミスは夜仲間達と夜の街で遊んでパトカーにペイント弾を撃つ。

警察は追いかけてきてなんとかやり過ごす。

駐車場では黒人達がバトルしていてスミスが実力を見せる。

するとパパ・ドグのメンバーが突っかかってスミスと喧嘩になる。

そしてクラブに入るがそこでアレックスの姿を見る。

ウィンクもそこにいてみんなに嫌われている。

そして外に出るとアレックスが来て才能があるのに何故工場にいるのかと言われる。

アレックスはモデルを目指していて車でみんなで別の場所へ。

ウィンクはアレックスといちゃついていてフューチャーは彼が気に入らない。

チェダーはお調子者でノリで家を燃やしてしまう。

アレックスはスミスなら成功すると話してその日は去る。

ステファニーは立ち退き命令を受けたと話してグレッグに知られたくないと話す。

さらにステファニーは3ヶ月も家賃を払ってないと話してスミスにも金を出すように話す。

スミスはこんな生き方をやめてリリーのために仕事を見つけろと話す。

そして喧嘩になりスミスは工場に行き、元カノのジャニーンと話す。

ジャニーンは妊娠していたと話してスミスは別れたのは自分の問題だと話すと何から逃げてる?と聞かれてステージから逃げたことを言われる。

その騒ぎを主任のマニーに見られていて注意され、また仲間達と話す。

スミスは道端で以前揉めたパパ・ドグを見て喧嘩になる。

するとチェダーは発砲してビビらせるとしまおうとして誤射して自分の下半身を撃って倒れる。

スミス達は助けようとして仲間のソルが運転。病院に向かう。

ウィンクとフューチャーはその後喧嘩して帰宅するとステファニーは沈んでいてデモテープはまだか?と話す。

そしてグレッグがクンニしてくれないと言い出してスミスは拒絶。

スミスはソルに高望みを捨てるのはいつだ?と相談して悩む。

工場でも従業員がラップバトルしていてスミスが入って女子にパス。

アレックスはスミスと話して工場の中で関係を持つ。

スミス達はチェダーの家にくるが出て来ず、契約のことを話す。

スミスは帰ることにするがフューチャー達が帰った後にチェダーが家にいることに気づいてまた訪れる。

そして中に入って帰宅するとアレックスがいてウインクが来ると何故連れてきた?と詰め寄る。

ウィンクは彼女にも仕事を紹介していてアレックスがそこにくる。

アレックスはウィンクにカメラマンを紹介してもらっていた。

スミスは曲作りを進めて起きるとグレッグに話しかけられて立退のことを言われる。

グレッグは隠してたのかとステファニーと喧嘩になり、ステファニーはつき飛ばされる。

グレッグは出て行くと話して今度はスミスと喧嘩に。

フューチャーはスミスにバトルでドグからタイトルを取れと話す。

しかし彼は出場しないと話して大喧嘩となり、絶縁になる。

アレックスはウィンクと親密でスミスは気に入らない。

スミスは帰宅するとやつれたステファニーがいて家の中に入れる。

グレッグは消えたらしく、グレッグと会うことを期待してビンゴに行こうとするが止められてスミスに当たる。

スミスはリリーの世話をしろと話してステファニーは出ていけと話す。

スミスはウィンクに紹介されたスタジオに来て部屋を覗くとウィンクとアレックスが関係を持っていた。

スミスは部屋の中に乱入してウィンクを殴りつけ、その場を去る。

そしてリリーを子守から引き取って帰宅すると車が近づいてくる。

それはウィンクの手先でパパ・ドグの一味だった。報復されボコボコにされる。

ステファニーはスミスに声をかけて微笑み、家にいれて母の顔を見せる。

ステファニーはビンゴで買ってトレーラーハウスに住めることに。

スミスはデモを自分で作ると話して翌日工場ではミックに声をかけられて夜にまた仕事があるからこいと言われる。

しかしその夜はバトルの夜で少し迷うが仕事を優先。

するとアレックスが来てニューヨークに行くと言われる。

スミスは他の者に仕事を任せてバトルに行くことに。

するとフューチャーが来て2人だけで話すことに。

スミスは謝ろうとすると気にしてないと言われてステージに上がり、ドグの手下と対戦。

スミスはラップし始めて圧巻のスキルを見せて半ケツを見せる。

そして2回戦でも圧倒的な強さを見せて勝ち進む。

スミスは決勝でドグと対戦することになり、先攻になる。

そして会場を味方につけてドグを文字通りけちょんけちょんに。

そしてドグの秘密もバラしてドグはラップせずにステージを去る。

スミスは優勝して会場は大盛り上がり。

そしてフューチャーはバトルのホストに誘うがスミスは拒否。

スミスはフューチャーと握手して仲間の元を去り、フューチャーは彼が街に戻って来ないことを悟る。

フューチャーは振り返ってニヤリと笑い、スミスは振り向かずに去る。

所感

かっこええのう…

この映画はまさしくエミネムのエミネムによるエミネムのための映画。主演と自伝的内容だからな。

ちなみにこの映画のテーマソングとなったlose your selfは彼の曲の中でも圧倒的人気の曲ですね。

アレックスの行動はちょっと引くけどそんな世界なのかな。才能があるのに埋もれなくてよかった。

おすすめの記事