2016年の映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を見ました!

この映画はJ・K・ローリングの魔法ワールドの作品ですね!

採点4.1/5.0

あらすじ

魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)らと共に追跡を開始するが……。

以下ネタバレあり

冒頭闇の魔法使いが蔓延っていてホグワーツも警戒。

魔法動物学者のニュートンは船に乗り、ニューヨークに来る。

そして荷物を見せろと係員に言われて開けると何も入ってない。

ニューヨークの街は闇の魔法で襲われていてみんな騒然としていた。

しかし魔法が使えない人たちは突風のせいにするが地面が壊れていく。

パーシバルは捜査していてジェイコブは銀行に行こうとして人混みをかき分ける。

ニュートンは魔女がいると演説している女に指名されてコインを投げるとニュートンの鞄からペットが出てくる。

ニュートンは銀行の中に入ってジェイコブの隣に座る。

彼はジェイコブのところに卵を残して去り、ペットを捕まえようとする。

ティナは彼を見ていてジェイコブはドーナツ屋の融資をもらえない。

するとポケットに入れていた卵がひび割れて卵がかえる。

ニュートンは魔法を使ってジェイコブを呼び寄せて卵が孵化するのを見る。

するとペットは金庫に入ってしまい、開けると係員が来て石にしてしまう。

そして警備員がくると逃げてジェイコブと別れる。

ティナは彼を連れてあなたは誰だ?と聞く。

彼女は魔法議会の人間で連行されることになる。

そしてジェイコブの記憶を消してないことを指摘されてパーシバルの元に連行される。

ティナは異動させられていたらしく、相手にしてもらえない。

そしてトランクを開けるがドーナツが入っていてジェイコブのものと取り変わっていた。

ジェイコブは帰宅してトランクを開けると魔法動物が飛び出てくる。

ニュートンとティナは共に行動して街は混乱していた。

魔法動物が飛び出たことでみんな大騒ぎしていて二人は収束に向かう。

ジェイコブは倒れていて怪我していた。

ティナはひどいと話してアメリカの魔法社会を知らないのかと話す。

ラングドンは新聞記者で街で起きている事件は魔女のせいだと父の社長に話す。

しかし相手にされず2人はジェイコブをティナのアパートに連れてくる。

そして寮長のエスポジトに一人だと答えて部屋で妹のクイニーと会う。

クイニーは人の心を読む能力を持っていてジェイコブはメロメロ。

しかしジェイコブはトランクケースの中に入ってしまい、ニュートンの治療を受ける。

ニュートンのトランクの中には別世界が広がっていて巨大な魔法動物もいる。

ニュートンは動物を保護して育てていてたくさんの動物を飼育していた。

ジェイコブは彼らに餌を与えたりして黒いゼリー状ののオブスキュラスと会うが触るなと言われる。

ニュートンは動物は人間を最も恐れてると話してジェイコブはセントラルパークに案内してくれることに。

しかし記憶を無くすことには抵抗を少し示し、2人はトランクを出る。

クリーデンスは帰宅してメアリーにどこに行っていた?と怒られる。

ジェイコブはパンで人を幸せにしたいと語って戦争に行ったことを話す。

ニュートンはドラゴンと戦ったと話して道に印が置いていることに気づく。

そしてペットを拾うが店のガラスが割れてしまう。

二人は宝石泥棒と思われて警察に銃を向けられるがそこにライオンが来る。

2人はその隙に逃げてセントラルパークに行くがダチョウも走っていた。

ジェイコブはサイのような動物に追いかけられてニュートンは助けに来て氷の上で滑らせる。

そしてトランクの中に収めてその頃ラングドンはスピーチ。

しかしその背後から不気味な音が聴こえてパーティは争乱。

ラングドンは何者かに殺されてしまい魔法議会は非常事態を宣言。

議会は責め合ってティナがみんなの真ん中に進み出る。

そしてトランクでニュートンがニューヨークにきて動物を放ったと話す。

しかし死人が出てから報告か?と言われてトランクからニュートンが出てくる。

ジェイコブも記憶を消せと言われるがニュートンは動物が殺したのではないと分析。オブスキュラスだと話す。

しかし信じてもらえず、トランクは奪われて逮捕されてしまう。

ニュートンは動物を傷つけないでくれと話すがティナとジェイコブも逮捕される。

ティナは謝罪してオブスキュラスは制御できない闇の力。

ニュートンはパーシバルに尋問を受けてホグワーツ時代にダンブルドアに寵愛されていた。

彼は学生時代に人を傷つけており、パーシバルは魔法界をあらわにするつもりだろうと言われる。

ティナたちも同じ刑にされてしまい、クイニーはこれを悟る。

ティナたちは刑を執行されることになり、クイニーはジェイコブと合流。

ティナは過去の世界に入りかけるが2人は抵抗してクイニーはトランクを取り返す。

ニュートンは闇に迫られるティナを助けるため鳥を出す。

そして助けて2人は部屋を脱出。

パーシバルはクリーデンスに子供達を見つける任務を与える。

ニュートンとティナは犯人を探すことになり、クイニーとジェイコブと合流して情報屋と会いに行く。

ティナはクリーデンスが義母に虐待されていたと話してそれを助けようとしめ議会をクビにされていた。

そして情報屋に5番街で何かが暴れたと話して議会がニュートン達を捕まえにくるが逃げる。

4人は手がかりを得てクリーデンスはコソコソと探し物。

しかしバレてメアリーにベルトで殴られかける。

しかしベルトが勝手に動いてメアリーはオブスキュラスに襲われる。

4人は動物の保護に向かってティナは怪鳥の捕獲に手を貸す。

そしてすべての動物の捕獲に成功してクイニーはニュートの写真に映るリタのことを尋ねるがニュートは嫌がる。

そして4人は学校の話で盛り上がる。

パーシバルはクリーデンスの家に来て荒れ果てていた。

メアリーは亡くなっていてクリーデンスは泣いていた。

クリーデンスは妹たちのことを答えられず、殴られる。

そしてパーシバルは魔法使いの家系だがお前に魔法は使えないと話してもう用はないと見放す。

クリーデンスの妹のモデスティは隠れていてパーシバルが見つけると壁を破壊してクリーデンスが来る。

クリーデンスは味方だと思ってたと話して恨み、パーシバルは君ならその力を制御できると話すがそんなつもりはないと言われて邪悪な力を持って街に去る。

オブスキュラスは街を破壊してニュートは街に向かってティアに動物を託す。

しかしティアもクイニーに託して街に行き、クイニーも行こうとするとジェイコブも来ようとして二人は見つめ合う。

パーシバルはクリーデンスを説得しようとするが効果はなく、警察もオブスキュラスを攻撃するが撃退される。

魔法使いたちは障壁を張ってニュートはクリーデンスの説得に向かう。

しかしそこにパーシバルが来て襲われ、攻撃を仕掛けられる。

クリーデンスは2人を襲って2人は逃げる。

地下鉄は破壊されてティナはクリーデンスの説得に来るとクリーデンスは聞く耳を持つ。

しかし魔法議会の者たちが一斉にクリーデンスを攻撃してクリーデンスは滅せられる。

パーシバルもこのことに悲しんで議長に抗議するが後ろからニュートが彼を攻撃してパーシバルの正体が暴かれる。

彼はグリンデルバルドで罪人だった。

グリンデルバルドは捕らえられてニュートに覚悟はできているか?と話して連行される。

議長は全員の記憶を消すのは無理だと話すがニュートは自分ならできると話す。

そして怪鳥に装置を持たせて降雨を利用して街の人々の記憶を消す。

魔法使いたちはその間に街を元通りに戻して議長は借りができたがトランクを持って街を去れと話す。

そしてジェイコブの記憶を消すように指示してクイニーはジェイコブと共に行くと話す。

しかしジェイコブのさは行かないとならないと話して記憶を消す雨に打たれる。

クイニーは涙して傘を作って彼にキスをする。

ジェイコブは目が覚めると目の前に誰もおらず、豪雨のニューヨークを歩いていく。

そしてその後何者かにぶつかってトランクケースを拾うと間違えられていて中に卵がたくさん入っていてパンの店をやれと手紙をもらう。

ニュートとティアは別れを迎えてティアは調査部に戻れたと礼を言う。

ティアはリタのことを聞いてニュートは彼女がいま何を好きかわからないと話す。

そして本を書くからできたら送ると話して列車に乗り込み、ティアは気持ちを伝えられない。

しかしニュートは戻ってきて本は直接私に来ると話してティアも笑顔を見せる。

ジェイコブはパンの店を開いて店にクイニーが来て笑みを見せる。

所感

ポップやなぁ…

デップがワンシーンしか出てないことに驚いた。てゆーかそれまでファレルが演じると言う豪華っぷりね。

まぁハリーポッターの続編に近いわけだから面白くないわけがないよね。夢心が満載の映画やな。

しかしクイニーがとにかくキュート。あんなに屈託のない笑顔を見せられたら守りたくなってしまうな。

おすすめの記事