2018年の映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』を見ました!

この映画はドウェイン・ジョンソン主演で同名のゲームの映画化作品ですね!

採点3.8/5.0

あらすじ

ある遺伝子実験の失敗からゴリラやオオカミなどの動物が巨大化し、所構わず暴れだす。動物たちは、破壊活動を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルが林立する街で大乱闘を繰り広げる。人々が逃げ惑う中、軍隊が出動し銃やミサイルで攻撃するが巨獣たちの暴走を抑えることはできず……。

以下ネタバレあり

冒頭宇宙ステーションでは事故が起きていて被験体のラットが逃げていた。

職員はサンプルを回収したらハッチを開けると言われてラットを回収しに行くことに。

しかし危険な状態と表示が出て被験体のラットがめっちゃ凶暴化していて追いかけてくる、

なんとか逃げた職員だがガラスにヒビがあり、脱出ポッドは爆破されて彼女は命を落とす。

デイビスは森を探索していてエイミーやネルソン、コナーと行動を共にする。

その先には野生動物の保護区があり、ゴリラを観察。

すると白いゴリラのジョージが出てきてゴリラは興奮してコナーは追いかけられる。

しかしジョージが守ってくれてジョージは孤立していてデイビスは仲間になれと話す。

デイビスはエイミーのデートの誘いを断ってネルソンに人を避けて動物と共にいると言われる。

その後夜に冒頭の大破した衛星が森に落ちて薬品が流れ出す。

ジョージは怪我していて、デイビスは話に来る。

するとコナーから連絡があり竹が燃えていて衛星の部品が落ちていた。

クレアは動物実験の会社の役員でサンプルを取りに行くようにブレットと話す。

隊員が回収しに行くことになりケイト博士は思いっきり遅刻。

彼女はブレットのインタビューをテレビで見て職員が死んだことを知り、命のための実験ではないと怒りをあらわにする。

そして動物保護区に衛星が落ちたと知り、何かを心配。

ゴリラ達は逃げ出してしまい、ジョージはクマを殺したことで閉じ込められる。

ジョージはいつもと様子が違い、ネルソンと話す。

デイビスはケイトと話して彼女は遺伝学者。回収した容器のことを聞く。

ケイトは動物は大きくなり、パワー、スピードが上がって凶暴になっていると話す。

ジョージはめっちゃデカくなりケイトは治療できるのは自分だけだと話すがジョージは檻の中で暴れ出す。

ジョージは檻を脱出してデイビスは追いかけに行く。

ジョージは駆けつけた警察に銃を向けられてデイビスは取りなそうとする。

デイビスはジョージを説得しようするがヘリコプターからジョージは撃たれてしまい、睡眠薬で倒れる。

リーダーは隊員達と動物を追いかけて仕留めようとする。隊員達は巨大化した狼に襲われて隊員たちは命を落とす。

リーダーは隊員達の遺体を発見して狼に追いかけられ、狼はヘリコプターを破壊する。

そして後ろから狼が来てリーダーも食い殺されてしまう。

デイビスとケイトは拘束されて政府の捜査官のラッセルと会う。

デイビスはジョージに合わせろと話して喧嘩になりかける。

ジョージは飛行機に乗せられていて回復能力も高い。

ケイトは前に実験会社をクビになり、サンプルを盗んで刑務所に入っていたことが明かされる。

デイビスは彼女にジョージを治せるか聞いて直せないと言われる。

ケリーはケイトを警戒して弟の死と刑務所に行ったことを復習しようとしてるとブレットと話す。

動物達はとても大きくなり、街に迫っていく。

ジョージは目を覚まして檻を破壊してまた暴れ出す。

デイビスは麻酔銃を撃とうとするが撃てず、ケイトを庇う。

飛行機は大破してしまい、ケイトをパラシュートで脱出させた後デイビスはラッセルを救おうとする。

デイビスは迫るジョージからなんとか逃げ出して、ケイト、ラッセルと合流。

クレアはバークと話してデイビスはケイトとお別れだと話す。

ケイトはそんなに人間が嫌いなのか?と話してデイビスは世界各地で密猟者を追って人間の本性を見たと話す。

そしてジョージは母を密猟者になぶり殺されたと話して彼が助けていた。

デイビスはその密猟者達を殺害しておりケイトは絶句する。

ケイトは弟を殺されたが自分はデイビスを信じていると話す。

ケイトは弟を救うためにサンプルを盗もうとして刑務所に入り、弟と会う前に彼は死んだと話す。

そしてクレア達にやり返したいと話して2人は手を組む。

デイビスは軍と合流して動物達を倒す作戦を立て、ラッセルも軍人に2人を使うように話す。

ケイトは動物にいろんな遺伝子が入っていると話す。

FBIは2人を尋問することになり連れ出される。

デイビスとケイトは逃げようとして軍人をぶちのめす。

ラッセルは2人に話しかけてデイビスはみんなは動物を甘く見てると警告。

ラッセルはヘリコプターの鍵をくれて見逃してくれる。

軍隊は動物達の攻撃の前に壊滅して動物たちはシカゴを蹂躙してラッセルは軍人に2人を援護するように話す。

ケイトとデイビスはラッセルの援護を受けながら研究所を探索。30分後に空爆だと言われる。

そして血清を探してケリーとブレットがそこに来る。

ケリーはケイトを挑発してブレットが銃を向け血清を取る。

ケリーはデイビスを撃ち抜いてケイトを連れて行こうとする。

ケイトは屋上に連れてこられてアルマジロのような生物が迫ってくる。

ケリーはケイトに銃を向けて追い込むがそこにジャージが来てブレットは逃げる。

ヘリコプターは破壊されてデイビスはケイトを助ける。

ケリーは2人にジョージを引きつけろと命令してデイビスが行くことに。

その隙にケイトはケリーの銃を叩き落としてジョージの血清を渡してケリーはジョージに食われる。

ブレットは逃げるがラッセルに話しかけられて生物に踏み潰される。

2人はジョージの猛攻に晒されて壊れたヘリコプターに乗り込む。

2人は狼とジョージに襲われてヘリコプターでなんとか逃げる。

2人はなんとかヘリコプターから脱出してデイビスはジョージに話しかける。

ジョージは血清を飲んだことで回復しており、ケイトにはラッセルと空爆を止めるように話す。

デイビスはジョージと残りの2頭を倒すことになる。

デイビスは狼とアルマジロを同士討ちさせてアルマジロが狼を殺す。

デイビスはアルマジロに追い詰められるがジョージが助けてケイトはラッセルと合流。

そしてブレイク大佐に街を見るように話してジョージはアルマジロに追い詰められる。

デービスは迫撃砲を打ち込むが、アルマジロは健在で襲われる。

しかしジョージが鉄の棒を頭に突き刺してなんとか仕留める。

ジョージはフラフラでブレイクは空爆を中止させる。

デイビスは虫の息のジョージに話しかけてお前は街を救ったと話してジョージは息を引き取る。

ケイトは落ち込むデイビスを慰めて街の人々は救い出される。

するとジョージは目を開けて動き出して息を吹き返してデイビスは死んだふりか?と笑ってジョージも笑う。

ジョージはデイビスに引き取られることになり人々を救う。

所感

迫力あるなぁ…

ジョンソンの映画だからアクションに決まってるんだけどロック様よりもでかいやつが出てくるとはな。

映画の出来としてはまぁまぁ。まぁこうなるよねっていう展開のまま進むけど隊員が殺されてたのはグロかったな。

ちなみにヒロインのナオミ・ハリスはパイレーツ・オブ・カリビアンのティア・ダルマさんだな。いつ見ても綺麗ですわ。

おすすめの記事