2018年の映画『アクアマン』を見ました!

この映画はDCコミックのシリーズですね!

採点4.4/5.0

あらすじ

海底王国アトランティスの末裔であるアクアマン(ジェイソン・モモア)は、人間として育てられた。ある日、彼はアトランティスが人類の支配を目的とした侵略を始めたことを知る。人類の想像をはるかに超える文明を持つアトランティスの強大さを知る彼は、海を守るべきか地上を守るべきかの選択を迫られる。

以下ネタバレあり

冒頭灯台守の男性は浜辺に打ち上げられたアトランナを見つける。

アトランナは海底帝国のアトランティスの女王で助けてくれたトムの首を締める。

彼女はフラフラで倒れてしまい、その後トムに助けられるが金魚を食べてドン引きされる。

アトランナはトムに心を開いて紅茶を飲み、やがて惹かれ合う。

アトランナは政略結婚から逃げてきており、2人は結婚。子供の名前はアーサーとなる。

彼女はアーサーにアトランティス帝国のことを教えていたがオーバックス王の命令で兵士に襲われて帰されることに。

アトランナは戦って聖なるモリで兵士を倒す。

アトランナはトムを守るために家を出ることになりトムにアーサーを託してまた一緒になれると話してアトランティスに帰る。

アーサーは大きくなると水族館に行き、子供たちにいじめられるとサメが怒る。

アーサーはサメを鎮めて魚類を従える。

ある海賊はイージス艦を襲っておりそれはデビッドだった。

デビッドは父と話しておりそのイージス艦は下からアクアマンになったアーサーに襲われる。

彼は海賊をどんどん倒していき、水夫たちを救助する。

デビッドはアクアマンと対決して剣を突き立てるが刺さらない。

デビッドはボコられてアクアマンはデビッドの父にミサイル弾を撃たれて吹き飛ばされる。

しかしアクアマンはケロッとして起き上がり武器を投げつけて突き刺し、自分たちで始末しろと吐き捨てる。

なおもデビッドの父は攻撃して船が浸水してしまう、

アクアマンは犯罪者である2人を見捨てて助けを求められるが断る。

デビッドは父を救おうとするが父はお前は生きろと話して自爆。

アクアマンはトムに会いにきてトムはいつもアトランナを待っていた。

2人は朝ごはんを食べにいき、親子の仲は良好。

アクアマンはアトランナは殺されたと話して自分を責めていた。

するとバイカーのごろつきがアクアマンにちょっかいをかけて写真をせがまれる。

彼らはアクアマンのファンでアクアマンは渋々承諾。打ち解ける。

その頃アトランティスではオーム王、ネレウス王が顔を合わせる。

その日は7人の王が顔を合わせる日でオームは人間に敵対的。

参謀のバルコも来てオームはオーシャンマスターになろうとしていた。

オームはアーサーのことを認識してるが相手にしておらず、そこに地上軍が攻撃を仕掛ける。

オームはイージス艦を破壊して警戒を強める。

アクアマンは家の近くでバルコ王の女のメラに話しかけられてアトランティスに来いと言われる。

オームは地上と戦争をしようとしており、両方の被害を食い止めるために呼ばれる。

それは彼がハーフであることからで王位を継ぐ資格があるからだが断る。

メラは確かにそうだと言いながらバルコはあなたを信じてると話す。

アクアマンはアトランナを殺したオームを恨んでいて攻めてきたら殺すと告げる。

デビッドは生き残っており海面が光り輝くのを見る。

そして海底からアトランティスの兵士が来てオームと対面。

アトランティスを襲ったのはデビッドで彼はオームと取引していた。

デビッドはアクアマンへの復讐を誓っているが相手にされない。

アクアマンはトムを送っているところに大波が来るのを見る。

車は波にさらされてメラが海中に来て波を止める。

アクアマンはトムを助けにいき、メラが魔力で助けてくれる。

地上は多くの津波で襲われてオームが攻撃を仕掛けていた。

シン博士はアトランティスを信じていてアクアマンは子供の頃バルタに鍛えられたことを思い出す。

バルコはアトランナのことを聞かれるとすぐに連れて行くと話していた。

メラとアクアマンは海底に来てメラの船でアトランティスに行くことに。

そして王家の者が来ない沈没船に連れてこられてバルコと話す。

バルコはまだ地上を攻撃する権限はないと話して、地上に襲われたと話す。

バルコはネレウスと同盟を組み、オームに対抗するためにアクアマンを王にしようとする。

そしてトライデントを与えようとしてそれには海を支配する力があった。

それが作られたアトラン王家の心はアトランティスは一つの王国だったがトライデントの力に人々は溺れすぎて王国は滅んで沈み、アトランティスができていた。

そしてそのトライデントのお陰でアトランティス人は海の中でも息が出来てトライデントは封印されていた。

バルコはその手がかりがありアクアマンに謎を解くように話す。

するとそこにオームの部下の兵士が来て襲撃してくる。アクアマンは捕らえられかけるが応戦してそこに赤く武装した男が来て応戦。

倒すが後続が来てメラたちは姿を見られてはまずいため撤退。

アクアマンは押されて捕らえられてしまう。

アクアマンはオームと対面してメラとバルコもその様子を見守る。

オームは地上の愚行を止めろと話して人間は海を汚していると話す。

アクアマンは戦争を止めるために王位争いをすると話してメラとバルコはアクアマンは教養がないから血統に値しないと話すがアクアマンは決闘を決める。

2人は決闘することになりバルコは水中では不利だと話す。

バルコは武術を教えた過去を思い出してアトランナは許嫁を拒否して地上に来てオームを産んだ後処刑されたと話す。

アクアマンはこれでやる気を取り戻してメラはオームにアトランナの形見のブレスレットをもらう。

オームは自分も戦争など望んでないと話すがメラはアトランナの教えの真逆のことをしてると話す。メラはオームの許嫁だった。

アクアマンとオームは決闘を迎えて炎のリングで戦うことに。

オームは殺したくないから地上に戻って帰ってくるなと話す。

アクアマンは拒否して2人は大観衆の前で決闘。

メラは父のネレウスにオームに従うことに不満を漏らす。

ネレウスは地上は身勝手だと話してオームは父の矛、アクアマンはアトランナの矛を使って決闘。

オームはめっちゃ強く、マグマの近くまで追い込まれる。

しかし抜け出して矛のぶつかり合いになるがアクアマンは押されてメラは飛び出す。

アクアマンの矛は折られてしまい、オームは雄叫びを上げる。

そしてトドメを刺そうとするがいきなり水流が飛んできて吹き飛ばされる。

水流はオームを捉えてその隙にメラがアクアマンを連れて脱出。

メラはトライデントを取りに行き、決闘をやり直せと話す。

2人はメラの船に乗るが追われてオームも追いかけてくる。

2人はマグマに吹き飛ばされてマグマに不時着するが脱出してアクアマンは鯨の体内に匿ってもらう。

2人は死んだことになり砂の海に行くことになる。

2人はサハラに向かってメラは地上の空は初めてだと緊張して飛行機に乗る。

メラは許嫁を逃げ出したことと故郷を気にしているが前を向く。

オームはメラにあげたブレスレットで2人がサハラにいると知る。

マーク大佐が行くことになりネレウスはメラは無事で返すように話す。

バルコも援護してオームは2人の捕縛を命じる。

メラはパラシュートなしで吹っ飛んで2人は砂丘に墜落。

しかし普通に無事でトライデントを探す。

インド洋ではデビッドが部下たちと話してオームから新しいアーマーをもらう。

デビッドは精鋭部隊を預けられて秘密裏にアクアマンとメラの抹殺を命令される。

彼はプラズマガンを授けられてめっちゃすごい破壊力。

そしてアーマーを黒く着色して武器の研究を進める。

メラは地上をディスってアクアマンと喧嘩する。

アクアマンは砂粒に飲まれてメラも中に滑り落ちると洞窟になっていてアクアマンに助けられる。

そこが砂海王国で矛が作られた場所だった。

そして奥に進もうとするが装置が起動しない。

水が必要でメラはアクアマンから水を取ると装置を起動させる。

するとアトラン王が出てきて矛は真の継承者が持つと王国を統一できると話して世界の果てを超えて隠された海に行けと話す。

メラはオームに奪われないために装置を破壊するがアクアマンはあまり覚えてない。

そしてボトルが出てきて2人は思わず手を繋いでどきり。

2人はシチリアに向かってメラは花を買うと食べててアクアマンとデート気分。

メラは噴水で子供に水のショーを見せてあげて絵本をもらう。

それはアクアマンが海底でした鯨に隠れるアイデアが書いていた。

オームは甲殻類の王のブラインと話して殺害。王者に無理やり自分の下につかせる。

2人はシチリアの遺跡に来てボトルの中を見ろというメッセージを考える。

アクアマンがボトルをロムルスの像から見て道筋を知り、メラと良い雰囲気に。

しかしそこにデビッドが来て2人を襲撃してくる。

アクアマンは吹き飛ばされてデビッドと戦闘になる。

メラは兵士に追い詰められるが戦って彼女もめっちゃ強い。

アクアマンは押されてデビッドはブラックマンタと名乗る。

アクアマンは民家に吹き飛ばされるがやり返してメラは兵士たちに追われる。

メラは追い詰められてアクアマンはみんなを助けて追い詰められる。

しかし殴り飛ばして刺されても投げ飛ばしてくる。

メラは首を絞められるが呼吸装置をが破壊してマーク大佐はトイレの水を飲む。

メラはワインの水を使って氷柱を作り、敵を倒す。

アクアマンは撤収を投げつけてブラックマンタを吹き飛ばして撃退。

2人は合流してアクアマンは倒れながらメラが追跡されてると話す。

メラはブレスレットを壊してアクアマンは気を失う。

アクアマンは目覚めるとボートに乗っていてメラは笛を吹いていた。

メラは船を公共のものと思っていてアクアマンに笑われる。

アクアマンはデビッドは海賊だと話してメラはあなたのせいではないと話す。

しかしアクアマンは助けられたのに助けなかったと話してそのせいで君が怪我をしたなら俺のせいだと話す。

2人は未知の世界の死の海溝に行くことになりアトランナはそこで処刑されていた。

アクアマンは自分はリーダーなどではないと話してそんな男のために君を死なせられないと話す。

メラはハーフだからこそ価値があり、二つの種族の架け橋だと励ます。

オームはバルコと話して戦争への進言を求める。

バルコはオームの指示に従うと話してオームは裏切り者と話してアクアマンとの関係に気づいていた。

バルコはお前なんかよりも何倍もアクアマンの方が王に相応しいと話して牢屋に連れていかれる。

死の海溝には邪悪な海底人がいて2人は襲われる。

かなり数がいて2人は応戦し、光に弱いことに気づいて蛍光灯を使う。

2人は船を捨てて海に飛び込み海底人たちが群がる。

明かりで彼らを遠ざけて先に進むとメラが水を輝かせて海底人を蹴散らす。

2人は海溝王国にたどり着いて先に進むがメラは気を失って何者かに助けられる。

そこは王国になっていて地球のコアだった。

メラは目を覚まして助けたのはアトランナだった。

アクアマンはアトランナと対面を果たして2人は抱き合う。

彼女は生贄にされたものの生き延びていてオアシスに連れて行ってくれる。

アトランナはアクアマンに許しを乞い、自分からあなたたちを守るために去ったと話す。

そしてトムのことを聞いて今でもアトランナを待って桟橋に毎朝行っていると話す。

アトランナはここから出るにはトライデントがいるがクリーチャーが守っていると話す。

それは滝の深くにいるらしく、アトランナは何回も負けていた。

そして矛を手にできるのは真の王高だと話してアクアマンがみんなを守る王になるために行くことになる。

アクアマンは奥に入ってトライデントを見つけてクリーチャーのカラデンと対面。

カラデンは混血であることをディスって戦いになる。

アクアマンは吹き飛ばされるがカラデンの心の声を聞いて能力を示す。

カラデンはこれはアトラン王以来だと話して攻撃を止める。

アクアマンはトライデントをくれないなら争うだけだと話してカラデンは今まで誰も抜いたことがないトライデントを抜いてみろと話す。

アクアマンはトライデントに手をかけてトライデントを引き抜く。

オームは王国を統一することを決めて地上を支配するために敵対する攻殻軍に軍団を指揮する。

甲殻軍は数に勝るオーム軍に押されて王は殺されかけるがオームは吹き飛ばされる。

地下から巨大なモンスターが現れてアクアマンがトライデントを持って現れる。

両軍は全面衝突になりアクアマンはあらゆる魚類を操る。

メラはネレウスを探すことになりオームを倒せと話してアクアマンにキスをする。

メラはネレウスと話してトライデントを手にしているアクアマンが王だと話す。

アクアマンはオームと対決してメラはバーを助けに来る。

オームとアクアマンは会場で対決して決闘する。

オームは追い詰められても諦めず、ネレウス達も立ち会う。

アクアマンはオームの矛をぶっ壊してオームは殺せと話す。

アクアマンは王座を明け渡せと話して自分はお前らとはちがうと話す。

なおも殺せと話すオームの前にアトランナが来る。

アトランナは彼にハグして皆もアトランナに忠誠を誓い、オームは捕らえられることに。

アクアマンは連行される彼に話をしようと告げる。

アクアマンは王になりメラにみんなの王になれと言われて雄叫びをあげる。

アトランナとトムは再会を果たしてキスをする。

エンドロール後デビッドは打ち上げられており助けられる。

そしてテレビでアクアマンのことを話すシンを見てシンが彼のスーツを研究していた。

デビッドはテクノロジーを教える代わりにアクアマンの居場所を聞く。

所感

海のチャンピオンや…

面白かったっすね。強いて言うならメラがアンバー・ハードさんでデップとの泥沼のイメージしかないくらいか。

主演のモモアはかなりのはまり役で似合ってるね。彼はハワイの出身らしいし海が似合うイケメンやな。

しかしDCの映画についにキッドマンも出てきたか。彼女は演技派だから出なそうだったけどね。

おすすめの記事