2005年の映画『ファンタスティック・フォー 超能力ユニット』を見ました!

この映画はマーベル作品ですね!

採点3.8/5.0

あらすじ

天才科学者リード・リチャーズ(ヨアン・グリフィズ)率いる4人のメンバーたちは、人類の進化に関わる実験のために宇宙へ飛び立った。しかしそこで宇宙雲のエネルギー光線を浴びたことにより、思いもよらない超能力が身についてしまう。

以下ネタバレあり

冒頭リードとベンは研究を進めていて宇宙に飛び立とうとしていた。

リードは天才科学者で宇宙の研究は人類を進化させるとヴィクターに説明するがバッサリ切られる。

リードは破産しており、スーザンは遺伝子学者でヴィクターと仕事していた。しかも彼女はリードの元カノ。

彼らはチームになりヴィクターは支援してくれることに。

ヴィクターは報酬をふんだくってスポンサーになり、スーザンはリードに話しかける。

彼らは宇宙に飛び立つ準備を始めてベンは気難しい。

そしてスーザンとリード、ベン、女好きのジョニーが宇宙に行くことになる。

ベンとジョニーは犬猿の仲でベンはヴィクターにもバカにされてカチンとくる。

スーザンとジョニーは兄弟でスーザンはリードに実は未練タラタラでは?とベンは話す。

ベンは宇宙服に着替えてスーザンは今はヴィクターと付き合っていた。

ヴィクターはスーザンにプロポーズしてそこにリードが来てストームが近づいてるから危険だと話す。

ベンはすでに外に出ており、ヴィクターは中止を拒否。

リードはベンに帰れと話すがストームは近づいていてベンはジャンプするが巻き込まれてしまう。

船もストームに巻き込まれてメンバーはストームにさらされて光線を受ける。

ベンは目を覚ますとジョニーがいてみんな地球に帰還して隔離されていた。

ベンは鏡を見ると形成手術をしたと言われて元の顔でからかわれて怒る。

ヴィクターは銀行から手を引くぞと言われており、研究成果をすぐ出すように言われる。

ジョニーは自由で検査を受けさせられて体温がめっちゃ高い。

ベンはリードと話していてリードは白髪が出てきている。

リードは今でもスーザンを愛していて遠くから見ていた。

そしてジョニーは女とスノボに行き、ヘリから降りて楽しむ。

すると彼は発火してきて女は転倒してしまい、ジョニーは崖から落ちるが燃えて飛んで無事。

ベンはスーザンを連れてきてリードと話して仲をとり持とうとする。

ヴィクターはナイフに手をかけると金属が勝手に動き出す。

ベン達は食事に行くがベンは体調を崩してふりをして退席。

スーザンとリードは2人になりリードはヴィクターとお幸せにというがスーザンは本気なの?と話す。

そしてあなたって鈍感ねと話して少し目を離すとスーザンの姿は透明になっていた。

そしてリードの腕は伸びて彼らは超能力を手にしていた。

ジョニーも裸で来てヴィクターは髪の毛が抜けていた。

ベンは本気で体調を崩して、ジョニーは発火をリードとスーザンに見せる。

リードはストームでDNAが変化したのではないかと話してベンの様子を見に行く。

ベンは部屋から抜け出していてヴィクターもそこにくる。

ヴィクターはなんともないと話してリード達は宇宙に行ったことで変化が起きたと話すがヴィクターは相手にしない。

ベンは妻のデビーの待つ家に帰ろうとしており、体のサイズがデカくなりひび割れて岩石の怪物のようになっていた。

そしてデビーに電話をかけて外に出てきてくれと話す。

ベンは物陰に隠れて何があっても離れないと約束したと確認して姿を見せる。

デビーはびっくりして引いてしまい、来ないでと叫んで逃げてしまう。

ベンは騒ぎとなり、その場を逃げて橋の近くで座る。

すると自殺志願者が来て声をかけて悩み事なら俺をみろと話す。

そして早まるなと話すが逆に怖がられて車に轢かれかける男を助ける。

彼のパワーは絶大で車を破壊し、リード達は現場にくる。

ベンはみんなに怖がられて警察も出てきてしまう。

スーザンは透明になって近づくことになり、ベンは止めたトラックの運転手を助けようとする。

ベンは座席ごと男性を助けて警察に銃を向けられる。

ベンは逃げてジョニーは引火に巻き込まれそうな少女を助ける。

消防車は爆発に巻き込まれそうになり、スーザンは超能力で火を押し返す。

消防車は端から落ちかけてベンがパワーで持ち堪えて落ち掛ける隊員をリードが手を伸ばして救う。

ベンは消防車を救ってみんなにヒーロー扱いされる。

デビーもそこに駆けつけてベンはみんなに拍手されるがデビーはまだ近づけず、結婚指輪を外して置いていく。

ベンは指輪を拾おうとしてリーマナ優しく拾ってあげる。

リードは必ず元の姿に戻すと話して4人は警察の取り調べを受ける。

4人はめちゃくちゃ有名人になりファンタスティック・フォーと命名される。

ジャニーは喜んでインタビューを受けて他の3人も嫌々来ることに。

リードは宇宙線を浴びたことを話してスーザンは自分たちにもよくわからないと話す。

ヴィクターはニュースを見てジョニーはノリノリ。

ヴィクターの会社は破綻してしまい、銀行のネッドからも見放されて恨みを募らせる。

4人はヒーローになるがベンはやはり怖がられてしまう。

ハードは資金難で苦しんでおりエレベーターに乗るがベンが重くて動かない。

そしてリードの研究施設に来て変異の原因を突き止めることに。

ジョニーは調子に乗ってやたらと火力を強くして怒られる。

スーザンとリードは研究を進めてリードは君が捨てたんだと話す。

スーザンはあなたにその気がなかったと話して同棲をリードは断っていた。

ヴィクターにも変化が出てきていて腕が金属のようになっていた。

その変化はまだ続いており、体全体にいずれはわたるようだった。

そして研究者から国の施設に報告すると言われて首を絞めて投げ飛ばして殺害する。

リードは伸縮自在のスーツを開発してスーザンは道端で人気者で顔が割れていて追いかけられて逃げる。

ジョニーは外出禁止に耐えられず、リードも超能力が強くなってると話す。

リードは宇宙ストームを作る装置を作って元に戻そうとする。

ネッドはヴィクターの会社を支配しようとしており、ヴィクターはイライラ。

そしてコンセントに手を伸ばすと感電して電気の力を得る。

夜ヴィクターはネッドに会いにきて電気鉱泉で殺害。

ジョニーは外出してストリートレースを誘われて相手のタイヤを燃やして走り去る。

そしてバイカーのイベントに来てバイクに乗りながらパフォーマンスをする。

さらに能力を見せて発火して飛行を見せるが制御できずに発火してしまう。

ジョニーは好き勝手インタビューで話してベンは怒る。

そしてジョニーは女を連れて人気者になるとベンは彼の車を見つける。

スーザンとリードは叱りつけにきてベンは車をペシャンコに。

そして戻るまで大人しくしてろと言われるがジョニーは拒否。

ベンに殴りかけられると後ろから火をつけてベンが殴り飛ばして喧嘩になる。

スーザンはオーラを使って止めに入ってベンを追う。

ジョニーは考える前に行動しろと言われてお前は考えて行動しないやんと指摘して背を向ける。

スーザンはベンに話しかけるがベンは自分を見るみんなにむかつくと話す。

そしてスーザンは自分もリードを忘れたつもりだったと話してベンは自分の姿を嘆く。

ヴィクターは暴れており、ミサイルを強奪していた。

ベンはバーに姿を表すが座って椅子が壊れてしまう。

そしてみんなが引いて怒って店長に取りなしてもらう。

そして酒をもらうと飲もうとするがグラスが割れてしまう。

女性のアリソンが隣にきてベンに触れると普通と違うことは悪いことではないと話してくれる。

ヴィクターはリードだけが得をしたと怒っていて取り返してやると誓う。

彼はベンをまずは始末することにして酒を飲む彼に声をかける。

リードは寝落ちしていてスーザンな声をかける。

リードは自分が実験台になると話して2人は外で話して良い感じ。

スーザンは自分の気持ちに気づいて欲しかったけど、リードして欲しいと率直に話してキスしようとするが透明になって誤魔化す。

ヴィクターはベンに君は辛いなと話してリードは装置を作るのにわざと時間稼ぎをしていてそれはスーザンと共にいたいがためだと話す。

ベンは帰ってきてリードとスーザンが帰ってきて不機嫌。

ヴィクターはこの装置は未完成だと話してベンはお前を守ってきたのにと糾弾して突き飛ばしてしまう。

彼らは仲間割れしてベンはもう護衛はしない好きにしろと話して去ってしまう。

ジョニーはベンのフィギュアを作ってバカにして怒り、街へ。

スーザンは追いかけるがジョニーもここを出ていくと話してバラバラ。

スーザンはお前は子供じみてると話して何様だと話してすぐに飽きられるぞと話す。

しかしジョニーはお互い好きに生きようと話して出ていく。

リードは独断で装置を使うことにしてヴィクターも遠くからその様子を見てスーザンも気づいて見にいく。

リードが出てくると無事で笑顔を見せるが顔が垂れてしまい、失敗だった。

ヴィクターは盗撮していてベンを自分のビルに呼ぶ。

そしてリードは勝手に装置を使ったと話して自分なら元に戻せると持ちかける。

ベンは装置に入ることになり装置は起動するがヴィクターは途中で開けてベンは苦しむ。

3人もその様子を外から見てベンは元の姿になって出てくる。

ヴィクターは宇宙線を浴びていたと明かしてパワーアップ。

ベンは騙されたと知って吹っ飛ばされてしまう。

リードはそこに来てヴィクターと対決するが電撃で吹き飛ばされる。

彼は思うようにパワーを使えずビルから落下してしまう。

ヴィクターは街に出て暴れて鋼鉄のマスクをかぶる。

スーザンとジョニーはベンを助けて事情を聞く。

ヴィクターはリードを実験に使うて凍結したりする。

そしてミサイルをぶっ放してジョニーとスーザンに飛んでいく。

ジョニーはダイブして追尾式のミサイルを引きつける。

スーザンはベンに生身は危険だからここにいろと話してリードの元へ。

ジョニーはプラントを燃やしてミサイルを誘導して海へ。

スーザンはリードの下に駆けつけてヴィクターはドゥームと名乗る。

2人は戦ってスーザンはオーラを使うが吹き飛ばされてお前は首だと言われる。

スーザンは透明になるが電気で捕まえられて首を絞められる。

追い詰められるがそこに能力を復活させたベンがくる。

そしてリードを助けてヴィクターに飛びかかられてプールに落ちる。

2人は街中で戦闘してドゥームは警察を攻撃。

ベンは電気のパワーの前に追い詰められるがリードが駆けつける。

スーザンもオーラでベンを助けて駆けつけてジョニーも炎で攻撃して4人が揃う。

ドゥームは町中の電気を集めてパワーアップしてくる。

スーザンが止めている間にリードは巻きついてジョニーが炎を巻いてスーザンが封じ込める。

ドゥームは燃やされていくがまだ立っていた。

しかしリードは放水して急激に冷やして凝固させ、ドゥームは固まる。

4人は勝利してベンはジョニーを認める。

リードはスーザンに手を貸して4人はまたヒーローに出迎えられる。

ジョニーは女性からモテモテでパーティーが開かれる。

アリソンはベンに声をかけて彼のことを受け入れる。

リードはスーザンを連れ出して宇宙で見つけたガスケットを取り出してプロポーズ。

するとスーザンは透明になりイエスと答えて2人はキスする。

ベンはジョニーにもうコケにするなよと話して直後に馬鹿にされてベンが怒ると飛んで逃げる。

ジャニーは炎で夜空に4の字を書いて空を駆け巡る。

エンド後ドゥームは故郷に向かうブラントに保管されて彼の秘書のレナードが何かの到着を待つ。

所感

ファンタスティックやわ…

何がファンタスティックかってアルバさんの可愛さがファンタスティックなんだよな。今でも可愛いけど。

この映画はマーベルなんだけどアベンジャーズとかには出てないね。なんか映画はあまり人気出なかったよな。

悪くはないんだけど内輪揉めが多かったかな。2015年の続編も酷評されてたしやりにくいのかも。

おすすめの記事