2013年の映画『逃走車』を見ました!

この映画はポール・ウォーカー主演のカーアクションですね!

採点3.2/5.0

あらすじ

アメリカ人のマイケル(ポール・ウォーカー)は、別れてしまった妻を追うべく、世界でも有数の危険な都市として有名な南アフリカ・ヨハネスブルクへやってくる。予約と違うレンタカーを手配されるも先を急ぐ彼は、車内で自分のものではない携帯電話と拳銃を発見。状況もわからぬままその携帯電話に刑事を名乗る男から不審な連絡が入り、さらには後部座席から縛られた女性が転がり出てくる。

以下ネタバレあり

冒頭マイケルは車で逃げており、パトカーに追われていた。

そのしばらく前マイケルは元妻のアンジェリカと電話していた。

彼は復縁しようとしており、アンジェリカは迷っていた。

そしてレンタカーの業者に車が違うと連絡。

しかしすぐに対応できないのでセダンの車で乗る事に。

アンジェリカには遅刻を怒られて彼は仮釈放されていた。

しかしアンジェリカは彼を信用してない様子。

彼は実は仮釈放を却下されており、車の携帯を手に取る。

彼は子供たちにサングラスを窃盗されて車の中に銃を見つける。

すると電話が鳴って手に取ると何者かに事情を説明するが切られる。

マイケルは車を降りようとしてしかし電話が来てそれは刑事のスミスでマイケルを知っていた。

その車には覆面捜査官が乗るはずだったらしく、他の車を用意したから指名の場所に来いと言われてメールを受ける。

マイケルは向かって道に迷い、途方に暮れてしまう。

そしてアンジェリカに電話して道を聞いて車を発進させるが後部座席から寝ている女性が出てくる。

彼女はレイチェルで気づいて拘束を解こうとするが攻撃されてしまう。

マイケルはやむなく銃を向けて大人しくさせてレイチェルは組織の仲間なんだろと話す。

彼は運転していて銃を落として銃は後部座席に行き、レイチェルは銃を突きつけて引き戻せと話す。

マイケルは指示を聞かずに首に血がついていて女に怒る。

レイチェルは逃げようとしてマイケルはスミスからの電話を受ける。

そして指定の場所に来いと言われてレイチェルのことを話しても切られる。

レイチェルは何も知らないんだなと話して私は検察でベンの組織が売春に絡んでることを突き止めたが拉致されたことを話す。

そして協力してくれと話してベンは警察署長らしい。

マイケルは俺には関係ないと怒って猿轡をレイチェルにする。

そして倉庫に着くがレイチェルは逃げろと話してマイケルは車を出す。

敵は銃を撃ってきてレイチェルが応戦する。

彼らは敵の車を倒して市街地に来る。

そして助けを求めるがみんな見て見ぬ振りをする。

マイケルはアンジェリカに電話して大使館から出るなと話して向かう。

レイチェルは大使館に電話するがアンジェリカは外に出たらしい。

2人は大使館に向かうがレイチェルは撃たれて負傷してしまう。

そして倉庫の1番下の階に行き、レイチェルの怪我の具合をみる。

レイチェルは助からないと話して携帯に録音。

そしてベンの悪行を話してマイケルはなんとか助けようとするがレイチェルは判事のムズカに証拠を渡せと話して裁判所に向かうように話す。

レイチェルは息を引き取ってマイケルは俺は関係ないと話して荒れる。

彼は外に出てレイチェルの遺体を安置して強盗に襲われて財布を要求されるが銃を突きつけて強盗は逃げる。

そしてまた電話が鳴ってレイチェルの死を聞かれる。

それはスミスからでマイケルは人殺しめと話す。

そして保釈の条件を破ってるから手配犯で警察を動かせると話す。

マイケルは容疑者として指名手配されて俺に失うものはないと話す。

マイケルはムズカに電話してレイチェルのことを話す。

彼は警察に追われてアンジェリカに電話する。

そして無実だと話して車の色を変えることになる。

ムズカはかけ直してきて射殺命令が出てるから早く証拠を渡せと話す。

彼は警察に止められて免許証を見せろと言われて銃を抜きかけるが他のごろつきが警官を襲って助かる。

電話の充電は切れてしまい、マイケルは突入することに。

そして車で突っ込んで彼は大使館の前まで来る。

そして突っ切って人自治をとってムズカを呼ぶ。

するとスミスが来て要求を拒否して警備員と喧嘩。

マイケルは足を撃たれてしまい、暴露してベン達は逮捕される。

所感

いやいや終わり方…

アンジェリカ出てこなかったし、最後マイケル死んだっぽいけどよくわからんし、謎な映画やね。

まぁまぁレイチェル出てきたくらいまでは見れたけどそのあとですごいアクションあるでもなくて退屈だったな。

ウォーカーはやはりなんぼいってもワイルドスピードやね。まぁカーアクションのイメージ強すぎるね。

おすすめの記事