2016年の映画『ラビング 愛という名前のふたり』を見ました!

この映画は史実を元にした映画ですね!

採点4.2/5.0

あらすじ

1958年、大工のリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は、恋人の黒人女性ミルドレッド(ルース・ネッガ)の妊娠をきっかけに結婚を申し込むが、当時バージニア州では異人種間の結婚は違法とされていた。二人は法律で許されるワシントンD.C.で結婚し、地元で新婚生活をスタートさせるが、突然夜中に保安官が現れ逮捕されてしまう。彼らは離婚するか生まれ故郷を捨てるかという耐え難い選択を迫られ……。

以下ネタバレあり

冒頭リチャードは恋人の黒人女性のミルドレッドに妊娠を告げられる。

彼らはバージニア州に住んでいて路上ではレースが行われていた。

リチャードは黒人たちとも仲良くしていてレースを見ていた。

彼は大工をしていてミルドレッドとの新居を立てようとする。

リチャードは土地を買ったらしく、プロポーズ。

ミルドレッドは姉のガーネットとこのことを話してハグ。

バージニア州では異種人種間の結婚が禁止なのでリチャードはワシントンで結婚することに。

2人はミルドレッドの父を連れてワシントンに行き、結婚する。

ミルドレッドのお腹の子もすくすく育って幸せな日々が続く。

リチャードはミルドレッドの家族に囲まれて食事して夜いきなり保安官のブルックスが押しかけてくる。

2人は外に出されて留置所に入れられてしまう。

リチャードは翌朝連れ出されてミルドレッドと引き離されてしまい抗議する。

そして保釈されるがミルドレッドは釈放されず、判事と話をしろと言われる。

リチャードは帰宅して知り合いの出産を手伝うが悩む。

ミルドレッドも牢屋の中で悩んでおり、リチャードは待ちきれずに保釈にくるが断れて弁護士を雇うことに。

そして相談するもののブルックスにミルドレッドの家族を連れてこいと言われる。

ブルックスは同情すると話して生まれた場所が悪かったなと話す。

そしてお前が来たら逮捕すると話してリチャードは帰宅することに。

ミルドレッドは怯えており、ブルックスに釈放される。

リチャードはミルドレッドが再逮捕されないために別のところに行く。

ミルドレッドは夜リチャードに会いに来て2人は会うなと言われていた。

リチャードは弁護士を雇ったと話して2人は抱き合ってキスする。

弁護士は司法取引してきて、判事は人種差別的だから執行猶予をつけられることに。

その代わり婚姻関係の解消をしないと州外退去になると言われる。

それでないと1年間の収監になり2人は選択を迫られる。

2人は法廷に向かって罪を認めてバージニアから出るように言われる。

そして2人はバージニア州から出ることになり、ガーナーはリチャードに違法だと知ってたんだろと怒る。

2人は新居に引っ越してきてリチャードも新たな仕事場へ。

ミルドレッドは見送って夜は共に眠るがミルドレッドは浮かない。

彼女は義母の前でうみたいと話してリチャードは受け入れる。

そして夜に車を走らせてバージニアに入る。

そして警戒して車を走らせてミルドレッドの親類にミルドレッドを引き渡すしてリチャードは引き返す。

リチャードも後から合流してガーナーは彼にハグする。

ミルドレッドは破水してリチャードは母にこの結婚は間違えてると言われる。

子供も産まれるがブルックスは家に来てリチャードは応対。

ブルックスはミルドレッドも出せと話してリチャードはいないと話す。

しかし信じてもらえず、ミルドレッドは出てくる。

2人は連行されて裁判にかけられて弁護士は情状酌量をしてくれと話して自分が出産の時は認めると話したと話す。

判事は認めて2人は無罪となり、弁護士は次は刑務所だから来ないように話す。

ミルドレッドたちは家に帰って赤ん坊をあやしながら家事。

ガーナーは会いに来てバージニアでは黒人解放のデモが行われていて参加するように勧められる。

2人の間には3人の子供が産まれてミルドレッドは人権を扱う弁護士のコーエンから電話を受ける。

彼女はケネディ司法長官に手紙を送っており、コーエンが弁護することになってリチャードと共に会いたいと言われる。

費用は無しで弁護してもらえることになりミルドレッドはリチャードに話す。

ミルドレッドはコーエンに会いにいくと話してリチャードもついてくる。

コーエンは2人の訴訟を受け入れると話して再逮捕されて上告してくれと話す。

リチャードは拒否してコーエンとの話し合いは決裂してしまう。

リチャードの息子のドナルドは遊んでいて車に轢かれてしまう。

リチャードが帰るとミルドレッドは荷物をまとめていてドナルドが車に轢かれて寝込んでいた。

ミルドレッドはここでは子育てできないと話してたとえ逮捕されてもバージニアに帰ると話す。

ミルドレッドはバージニアに帰ることを選択して子供たちとともにバージニアに向かってリチャードは一旦残る。

リチャードはミルドレッドの親類から誰も来ない森の中に住めと勧められて家族で向かう。

ミルドレッドの親類が連絡係になりコーエンは教授と話す。

彼はリチャードの夫婦の件を話して異種人間の結婚禁止の撤廃の緒だと話す。

リチャードの家には親類が来てかなり急いできて弁護士が会いたがってると話す。

2人は上訴できると言われて雑誌の取材も来ていると言われる。

ミルドレッドは快諾して記者は家に来てミルドレッドたちの話を聞く。

2人は敗訴してしまい、テレビの取材を受ける。

コーエンは逮捕されたらいつでも呼んでくれと話す。

リチャードは車の中に自分たちの写真があるポスターを発見。

彼は帰宅して親類に銃を持って来させて子供達を隣の家へ。

リチャードは家に帰るとミルドレッドがインタビューを受けていて呼び出す。

そして記者を家に入れるなと話して彼は仲間と酒を飲む。

リチャードはその中で奥さんと離婚したら解決だと言われて笑う。

彼は悩んで夜ミルドレッドに話して変わってしまったとリチャードは泣き出す。

リチャードはコーエン達と話してバージニアがしてくれた仕打ちはどうするのかと聞く。

バージニアは混血児を産むのは不当だとしており、また裁判になる。

彼らは参列せず、リチャードは子供が遊ぶのを見る。

ミルドレッドはコーエンからの電話を受けて勝訴したことを知る。

2人は取材を受けてこの裁判により、異人種間の結婚は法的に認められる。

リチャードはその後飲酒運転していた車に正面衝突されて命を落としたが、ミルドレッドは再婚せずリチャードの立てた家で暮らした。

ミルドレッドは死ぬ前にリチャードが恋しく、自分を守っていたと語っていた。

所感

素晴らしい愛の物語…

世の中愛ですね。今の世の中だから白人と黒人の結婚なんか当たり前って言うけどそれは日本人だからかな。

日本でも外国人と結婚するのはっていうことも言われるし、いつまでもあるんだろうけど好きな同士なら結ばれないと不当。

この2人の裁判が世の中を変えたわけだけど当たり前のことだよね。ミルドレッドの気持ちもわかるな。

おすすめの記事