1996年の映画『ファーゴ』を見ました!

この映画はアカデミー賞を受賞をしている名作サスペンスですね!

採点3.9/5.0

あらすじ

カー・ディーラーのランディガードは借金返済のために自分の妻ジーンを誘拐し、会社のオーナーでもある義父から身代金をいただこうと考えた。誘拐を実行するのは、妙な二人組、カールとグリムスラッド。だがジーンを自宅から誘拐した二人は、隣町ブレイナードまで逃げたところで、停車を命じた警官と目撃者を射殺してしまう。ブレイナードの女性警察署長マージは事件を追ってミネアポリスに赴くが、その間にも狂い始めた誘拐計画は次々と犠牲者を産んでいく……。

以下ネタバレあり

冒頭ジェリーは酒場に来てカーのディーラー。男たちと話して仕事の話をする。

彼はカールとゲアと話して車のキーを渡して金は後だと話す。

彼は妻のジーンの誘拐計画を企てていてカールとゲアは夜はお楽しみ。

そして彼らの手を借りなくても解決できそうだと話してカールとゲアは車を走らせる。

ジーンは襲われて逃げようとして倒れてしまい、ジュリーはその後帰宅して異変に気付く。

彼は大金をせしめるために義父に電話してジーンのことを話す。

カールとゲアはジーンを誘拐していて警察が追ってきて止められる。

そして尋問されて車から降りろと言われると警官を殺害してしまう。

2人は遺体を処理してそこに車が通りかかる。

そして車を横転させてゲアは目撃者を迷わず射殺。

女警察署長のマージは夫のノームと話して事件で出かける。

ジュリーはジーンを助けたいと話してジーンは2人のアジトに連れてこられる。

マージは聞き込みをしてジーンはだんだん衰弱する。

ジュリーは電話を受けてカールと話して人が死んだことを言われる。

そしてより金がいると言われてジュリーは話が違うと話す。

マージはランチしてジュリーは義父のウェイドに俺が行くと言われる。

マージはホテルに来て電話してカールたちは車に乗って悪態をつく。

ジェリーの会社にマージが来て聞き取りをしてくる。

そして元麻薬のディーラーでジェリーにアドバイスしていたシュプに聞き取り。

マージはジェリーにも聞き取りしてうまくかわす。

マージはマイクと会いに来て彼女は妊娠していた。

彼らは同級生で世間話して妻が死んでマイクは寂しかった。

カールは女を連れてコンサートに来て夜はお楽しみ。

しかしそこにシェプが来てボコボコにして出ていけと話す。

シェプはカールを締め上げて痛めつけてカールは身代金をジュリーに要求。

ウェイドは出かけてカールと話して娘を先に出せと言われてキレて発砲する。

しかしウェイドも反撃して顔を撃ってかすめて、カールはトドメを刺す。

カールは顔面を負傷して金をとってそのままその場を去る。

ジュリーは現場に来て殺された駐車場の係員とウェイドを見る。

カールは多額の金を見てびっくりしてケースを持って雪の中を歩く。

そして穴を掘ってケースを埋めて周りを見るが何もない。

彼は道標としてスコップを立てておいてマージはジュリーに聴き込みにくる。

ジュリーは盗まれた車はないと話すがマージは車にはディーラーナンバーがあると話す。

ジュリーは質問を嫌がって社長と話したいと言われると在庫チェックを渋々することに。

マージは手元にあった資料を見てジーンの写真を見る。

ジュリーは逃げてマージは即座に連絡して包囲網を張ろうとする。

ゲアは映画を見ていてカールが負傷して帰宅する。

ジーンは倒れていてゲアが喚いたので気絶させていた。

2人はわけ前で揉めてカールは家を出て行く。

そして歩くがゲアは彼を追いかけて斧で殺害する。

マージは犯人の車を見つけて応援を呼びながら1人で近づく。

そして銃を構えているとゲアがミキサーでカールの遺体をぐちゃぐちゃにしていた。

マージは銃を向けてゲアは逃げて走り出す。

ゲアは足を撃たれて倒れて逮捕される。

ジーンは亡くなっていてゲアはマージに連行される。

なんのためにこんなに殺した?と話して人生にはもっと価値があると話す。

前からはパトカーがたくさん来てマージは理解できないと話す。

その後ジュリーは潜伏先で逮捕されてマージは2ヶ月後に出産を控えてノームと肩を寄せ合う。

所感

キャラ濃いわ…

ちなみにこの映画は実話とよく勘違いされてるけどフィクション。マージのキャラクターは人気ですよね。

ブラックコメディで怖いシーンはほとんどないです。サスペンス要素もほとんどないけど人気作なんだよな。

確かドラマにもなってたけど日本人の女性が撮影地の近くで死んだらしくて、その都市伝説も有名やね。

おすすめの記事