2004年の映画『ドッジボール』を見ました!

この映画はベン・スティラー主演のコメディですね!

採点4.1/5.0

あらすじ

半年間も滞納警告を無視していたため、さびれたスポーツ・ジムを差し押さえられてしまったピーター・ラ・フルール(ヴィンス・ヴォーン)。30日以内に5万ドルを支払わないとジムを買収されてしまうことになり……。

以下ネタバレあり

冒頭グッドマンはジムを経営していてめっちゃ盛況していてノリノリで宣伝。

彼はグロボ・ジムを経営していてデブから変身していた。

その頃フルールは目覚めて料金未払いで電気と水を止められる。

彼もジムを経営しているが寂れていて受付のオーウェンと話して彼は孤独な男で女を探していた。

そしてジャスティンとも話して彼は高校生。

そしてチアリーダーでデブの女の子と演技して怪我してしまう。

彼は銀行から来たケートと話して彼女弁護士。

そして事務が差し押さえだと言われて30日以内に5万ドルを入金することに。

彼はグッドマンの元を訪ねて相手にしてもらえない。

グッドマンは抵当権を買い取っていてめっちゃバカにされる。

フルールは会議してスティーヴや、ドワイト、ジャスティン、ゴードンと話し合ってみんなで解決策を考える。

彼らはカーウォッシュで金を得ることを思いつくが水着ギャルばかりで残念。

ジャスティンはゲイの客に指名されて大外れ。

ジムにはグッドマンの看板があり嫌がらせされる。

彼らはラスベガスのイベントでマイナースポーツの大会で金を得ることを思いつく。

それはドッジボールで優勝すると5万ドルだった。

フルール以外は乗り気でやることになる。

グッドマンは甘いものと戦っていてケートが訪ねる。

グッドマンは自己中発言を繰り返してケートを口説く。

そして拒否されるとミシェルが帰らせることに。

フルール達はドッジボールのルールを学んで、フルールはケートに話しかける。

そして試合を迎えて女子チームと対戦する。

しかしけちょんけちょんにされてしまい、フルールはボールを当てると女の子だぞと言われてその隙に当てられる。

しかし相手チームからドーピング陽性反応があってフルール達が勝って地区優勝。

テートも見に来ていてフルールは酒を飲んで口説く。

しかしそこにグッドマンの軍団が来て嫌味をタラタラしてくる。

グッドマンは自分のチームを紹介してオーウェンは相手チームのブスにときめく。

グッドマンはウェイターをこけさせて料理を散乱させる。

彼らの監督にはパッチーズが就任してボールを避ける訓練をレンチでやる。

そしてみんなに投げつけてテートもその様子を見る。

さらにロードワークもやらせてどんどん訓練させる。

テートはボールを投げてものすごい勢いを見せる。

しかし彼女は契約がグッドマンとしているのでチーム入りを拒否。

グッドマンはピザを食べようとしていてテートの家を訪ねる。

テートはなぜ住所を知ってるのと話してグッドマンは君は国だと話す。

しかも銀行に悪口を話していて他の弁護士を雇っていてデートに誘う。

テートは拒否して触られようとすると壁に激突させてそこにフルールも来て退散。

フルールは彼女の家に入ってチームに勧誘する。

テートは見返りなしで参加することになりグッドマンに怒りを燃やす。

大会はラスベガスで行われて彼らは試合を迎える。

彼らのコスチュームは無茶苦茶でテートはSM嬢。

フルールとテートは活躍してドイツを倒す。

ジャスティンの知り合いのアンバーはチアリーダーの大会に来ていて出会う。

パッチーズは俺の教えに従えと話してフルール達は勝ち進む。

グッドマンのチームも勝ち上がってきてフルール達は準決勝へ。

グッドマン達も勝ち進んでパッチーズは強い相手に怒りを爆発させろと話してゴードンを奮起させる。

ゴードンは怒って無双して相手チームを1人で倒す。

そしてカジノに行くがパッチーズは看板が落ちてきて亡くなってしまう。

彼らはコーチを失ってしまい、グッドマンは10万やるからドッジボールに負けてジムをよこせと話す。

グッドマンはお互いに許し合おうと話してフルールをおだてる。

フルールは取引を持ちかけられてみんなの元に来る。

そして試合の話はせず、戦っても負けると話す。

オーウェンは惚れたブスの女を見つけてテートはフルールを試合に呼びにくるが彼はチェックアウトしていた。

チームはアリーナに向かってジャスティンはアンバーに頼まれて負傷者が出たから代役をしてくると言われる。

彼は代役を務めてアンバーと抱き合う。

ジャスティンは授賞式を拒否して試合に向かうがアンバーにキス。

チームは姿をアリーナに現れず、フルールはバーに来ていた。

そしてロードレース選手のアームストロングに話しかけられて試合に出るように後押しされる。

フルールは一度決めたらやり遂げろと言われて気を取り直す。

スティーブやジャスティンは姿を見せずテートは失格だと言われてしまう。

ジャスティンは駆けつけるが人員が足りず、資格剥奪となる。

グッドマンはトロフィーをもらうことになるがそこにフルールが来て試合をやると宣言。

グッドマンはもう遅いと話すがゴードンは抗議してファンも後押しして決勝がおこなわれるこたに。

フルールは士気を上げてケートは当てられてしまい、フルールも当てられる。

グッドマンチームは優勢でオーウェンは彼女とダブルアウト。

ジャスティンは1人残ってボールをかわしてフルールとケートは復活。

ジャスティンはアンバーに愛してると言われるが当てられる。

ケートはフルールを守って当てられてグッドマンは嫉妬して顔面にボールを当てる。

ケートはぶちのめせと話してフルールはグッドマンとミシェルと決着をつけることに。

そしてミシェルをし止めるがグッドマンに当てられて負けてしまう。

しかしレフェリーがラインオーバーだと話して無効になりサドンデスになる。

グッドマンとフルールは決着をつけることになりフルールはパッチーズの幻影にアドバイスをもらう。

そして目隠しをして直立不動でグッドマンのボールを外してキャッチしてカウンターを決める。

そして優勝してフルールは5万ドルの小切手をもらう。

グッドマンはお前は昨夜ジムを売ったから俺の勝ちだと話してみんなにそのことを認める。

しかしそこに係員が来て彼は10万ドルを自分たちの勝ちに賭けていて500万ドルを獲得。

グッドマンはそれでも返さないと話してフルールは買収すると話す。

ケートも援護してフルールがこれからグッドマンのボスになってクビを告げる。

スティーブは髪を切ってきて自分は海賊ではないと話してフルールは金を山分けしようと話して和解。

ケートはフルールに歩み寄ってくるが実は彼女はレズで恋人のジョイスが来てキス。

ケートは自分はレズではなくてバイセクシャルだと話してフルールにキス。

フルールはその後ジムの経営者になり子供のドッジボール教室を始めてケートやアンバーもいてグッドマンはまた暴飲暴食で太っていた。

所感

良いアホさ加減…

なかなか楽しめる映画ですね。話のテンポもわかりやすくてドッジボールの試合も良かったです。

とにかくスティラーがアホな悪役をしてるね。ちなみにケート役のクリステンさんは奥さんやからね。

基本的にスティラーの映画はハズレがなくて楽しい。彼は制作とかもよくできてるし有能ですね。

おすすめの記事