2012年の映画『センター・オブ・ジ・アース2』を見ました!

この映画はシリーズ2作目でジョンソンさんが主演ですね!

採点4.2/5.0

あらすじ

謎の島からの遭難信号を受け取ったショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)は、義父のハンク(ドウェイン・ジョンソン)と共に島へと旅立つ。二人がたどり着いたのは「神秘の島」。巨大なトカゲやハチ、小さな象など自分たちの世界とは大きさがまったく違う生物、金の山やアトランティスといった驚くべき光景に遭遇する。しかし、その島はもうすぐ沈む運命にあった。

以下ネタバレあり

ヴェルヌはアドベンチャーの小説の作家で知られていた。

彼にはたくさんのファンがいて彼らの間では実話と信じられていた。

ショーンはやんちゃ盛りで成長してバイクを乗り回していた。

そして人工衛星施設のプール突っ込んで警察に捕まって義父のハンクが来る。

ハンクは彼に嫌われていて変えると母のリズにも怒られる。

彼はかつて地底世界を発見したものの父を亡くして不安定になっていた。

ハンクはなんとかしようとしており、彼は元海兵。

ショーンはモールス信号の文字を持っていてハンクが解読。

彼は暗号を解読するために施設に潜入していてハンクは一緒に解こうぜと話す。

ショーンは神秘の島を見つけた人がいるんだと躍起になる。

そして解読するとアドベンチャー小説の中の話が出ていることに気づく。

ハンクは島の地図を解読して彼は暗号解読を得意としていて神秘の島の緯度と経度を見つける。

ショーンは神秘の島に行こうとしてパラオに向かおうとするがハンクは学校もあるやんと指摘。

ショーンは祖父で島を探して行方不明になったアレキサンダーを探していた。

ハンクはリズに事情を聞いてアレキサンダーは家にいたことはないし信用できないと話す。

ハンクはショーンにはアレキサンダーが必要だと話して謎解きで心が一つになったと話す。

そしてショーンとの中もよくするためにリズを押す。

ハンクはショーンに2人でパラオに行こうと話してショーンは嫌そう。

2人はパラオに来てショーンはまだ距離がある。

ショーンは船乗りに島に連れて行ってくれと話すがそこは船の墓場だと言われる。

すると船長のガバチョが来て金に釣られて連れて行ってくれることに。

ガバチョはボロボロのヘリコプターを持っていて2人は困惑。

すると彼の娘のカイラニが来てめっちゃ美人でショーンはときめく。

ショーンは急に元気になってカイラニはそこは死の領域やと話すがガバチョはとりなそうとする。

そして出発して今にも落ちそうなヘリコプターで4人は島へ向かう。

ショーンはカイラニを口説こうとしてかわされる。

すると嵐になりトルネードが発生する。

しかしショーンは本を読んで竜巻に突っ込むように話す。

レバーは壊れてしまい、ヘリコプターはそのまま墜落コース。

そして竜巻に飲まれてヘリコプターは墜落してしまう。

ショーンは目覚めると砂浜にいてハンクに助けられる。

カイラニも生きていてガバチョは砂で半身が埋もれていてパニック。

4人はサバイバルすることになりショーンは岩間の抜け道を発見。

そして先に進むとジャングルに出る。

そこはとても綺麗な島で赤い蝶が飛んでいる不思議な島。

しかも蝶はとてもデカく、象はとても小さいサイズ。

それはヴェルヌの本の方則で自然界とは逆のサイズになっていた。

カイラニとガバチョは帰りたいからビーチに戻ると話す。

しかしショーンは荒らしがあるから助けは来ないからアレキサンダーの無線を取りにいこうと話す。

カイラニはショーンに死んだらお前のせいだと話す。

そして先に進むと凸凹の道になり足場はなんと卵だった。

ハンクは割ってしまい、気づいてそれは大きなトカゲだった。

みんなは素早く動くことになるがガバチョは中に落ちてしまい、赤ちゃんに襲われかけてトカゲに気づかれてしまう。

4人は逃げてカイラニとガバチョは遅れてショーンが助けに行く。

ハンクは殴りつけるが怒らせてしまい、迫られる。

しかしそこにトラップの丸太が来て4人は逃げる。

それを仕掛けたのはアレキサンダーでショーンと再会する。

アレキサンダーは適当で平気で名前を間違える。

そして彼の家に来て彼はお茶目だった。

カイラニはパラオに応援を呼ぼうとするが2週間ないと衛星の位置がないと言われる。

ハンクは脱出を考えてショーンとアレキサンダーと対立。

アレキサンダーは明日いいところに連れて行くと話して4人もひとまず寝ることに。

翌日みんなは進んでカイラニはショーンに話しかけるが彼女の趣味はカタツムリ集め。

ショーンは知ったかして笑われて苦戦する。

ハンクは女の口説き方を教えて胸筋をピクピクさせる。

そして果物を弾き飛ばしてガバチョも参戦する。

みんなは古代都市に辿り着いて圧巻の風景。

そしてポセイドンの絵のところに来て石板を完成させる。

アレキサンダーはここはアトランティスだと話して70年周期で浮かぶらしい。

そしてその後また沈み、アレキサンダーはショーンに見せたかったと話す。

ハンクは海水が来ていることに気づいてもう沈むぞと話す。

アレキサンダーはそんなはずはないと話すが液状化が始まっていた。

ハンクは数日中に沈むと話して脱出が急務になる。

ショーンは潜水艦のノーチラスで脱出すると話して島に隠しているらしい。

彼らはネモ船長の墓に来て細いカイラニが行くことに。

カイラニは命綱をつけて墓の中に進んでネモ船長のミイラと抱えられた本を発見して本を取る。

じかしそこにムカデが出てきて殴り飛ばして墓が崩壊する。

カイラニは急いで戻ってなんとかショーンに抱きついて脱出。

しかしすぐに離れてアレキサンダーは本を解読する。

ノーチラスは島の反対の洞窟にあるらしく、向かうことに。

そして島を突っ切ることになるが危険な生物がいることを警告される。

アレキサンダーは先に進んで切りつけられた木を見ると大型の蟻がいた。

そして沼にくる側火山が噴火して地盤を揺らしていた。

火山は金を噴出していてショーンとガバチョは興味を示す。

しかしハンクはそんな時間はないと話して喧嘩になる。

アレキサンダーは父じゃないから権利はないと指摘してハンクもお前は家にいなかったと話す。

カイラニもショーンに脱出が先だと話してショーンは不貞腐れる。

島には大型の蜂がいてカイラニはショーンに話しかけて親のことを話す。

カイラニは過保護の親は構わない親より良いと話す。

アレキサンダーは蜂に乗って目を合わせなきゃ乗れると話すり

そしてみんなも乗ってハンクとガバチョと乗ることに。

そして島の空を駆け抜けて美しい島を見るが鳥が来てガバチョはフンをつけられて逃げることに。

彼らは鳥を同士打ちさせて逃げて先に進む。

しかしショーンとカイラニは襲われてカイラニが落ちてしまう。

しかしショーンは下に回り込んで救出して抱き止める。

カイラニは命の恩人だと話してまた鳥に追われるとカイラニをみんなのところにおろす。

ショーンは蜂に乗って蜘蛛の巣に引っ掛けるがその後自分も落ちて足を骨折してしまう。

みんなは彼を移動させることになり包帯を巻く。

ハンクはウクレレを弾いて歌を歌ってアレキサンダーとショーンとほっこり。

カイラニはガバチョと話していてパラオを出てもいいといわれるが残ると話す。

ガバチョひ金を出すから大学に行けと話して2人は笑うり

しかし水嵩は増しており、朝みんなは起きて焦る。

ハンクはあと数時間で沈むと話してガバチョがどこかに消えていた。

カイラニはガバチョは金のために金を取りに行ったと気づいて連れ戻しに行くが、アレキサンダーがこれは自分のせいだから自分が行くと話す。

ショーンとハンクはノーチラスを取りに行って海岸で落ち合うことに。

カイラニはショーンの手を握って気をつけろと話す。

ガバチョは山の近くに来ていて転がり落ちてしまう。

そして金を見つけて2人は海岸に着く。

しかしノーチラスは見当たらず、洞窟を探すことに。

洞窟は水中にあり潜水タンクを足跡で作ることに。

ガバチョは金を掘り続けて持ち去ろうとするがデカすぎて動かない。

カイラニ達はそこに来てカイラニはやめろと話す。

ガバチョはお前を大学にやるにはこれしかないし幸せな人生を歩ませたいと話すがカイラニはそばにいるだけで十分幸せだと話す。

2人は潜水してノーチラスを発見して3人は先に進むが道に迷う。

2人はハッチを開けてそこに電気うなぎがくる。

2人はなんとか回避して中に入って水位を下げて呼吸する。

三人のところには巨大な蜘蛛がきていて逃げることに。

2人は電源を探して140年前のバッテリーを発見するが電気鰻を利用することを考える。

ショーンはハンクに去らないでほしいと話してハンクは君は俺の家族だ、必ず戻ると告げて電気うなぎをもりで捕まえることに。

3人は雨の中海岸に着くが2人はまだいなかった。

そして地面は割れてしまい、島はいよいよ沈没を迎える。

ショーンは電気うなぎを誘き寄せてハンクはうなぎを捕らえる。

そしてモリを刺して感電させてノーチラスを起動させる。

カイラニ達は死を覚悟してガバチョに愛を告げる。

3人は海に投げ出されてしまい、ノーチラスは助けに来る。

3人は中に入って合流してなんとか島から抜け出すことに。

そしてガバチョの操縦でなんとか抜け出してみんなは歓喜する。

カイラニとショーンは見つめあってハンクはショーンにアドバイス。

カイラニは急かして感謝して2人は見つめあってキスする。

みんなは珊瑚礁に来てハッピーなガバチョは操縦。

半年後カイラニはオハイオに来ていてガバチョと電話。

ガバチョのノーチラス号ツアーは繁盛していてカイラニはショーンと付き合っていた。

ハンクはショーンとリズと暮らしていてアレキサンダーも訪ねてくる。

彼はは月世界旅行を提案していてみんなで行こうと話し、ショーンは乗り気。

所感

ワクワクやん…

ハジェンズみたいな可愛い子がサバイバルに一緒にいるとテンション上がるね。彼女は元気だしな。

なかなかテンションの高い映画だけど90分くらいで見やすい。ジョンソンさんもスマイルでしたね。

このシリーズはなかなか面白いしまたやらんかな。アドベンチャー系はやはり見ててワクワクするな。

おすすめの記事